2020年10月15日

大月雲便りNo.5:かぐや姫 と 人魚

最近、昭和ポップスという言葉を耳にしますが、四畳半フォークは古過ぎて平成生まれにはダメなのかしら(^o^;) 私が懐メロと思う、戦後の歌謡曲なんて若い人にはどんなんジャンルになるのだろう?


この前「マキシーのために」を書いた時から、かぐや姫ので解散コンサートのLP(時代が!)のことを考えていました。実家に置いてあるけれど、聴くためにはレコードプレーヤーがないとなぁ。


【かぐや姫フォーエバー】
https://yukinojoutaka.net/forever-kaguyahime-cd/




さてさて……昔話には「鶴女房」とか「雪女」とか人間ではないものがお嫁さんになったりしますが「女房人魚」というモノを知りました。なんだそりゃ (;゚∇゚) なお話をお楽しみ下さいませ。


http://tyz-yokai.blog.jp/archives/1077741614.html?ref=category567283_article_footer2_slider&id=6305802




↑ こちらの記事の最後に「釣船平次」が出てきますが、以前書いた「釣船清次」と同じかな?

http://rohengram799.livedoor.blog/archives/50746548.html

2020年10月09日

大月雲便りNo.4:あなたが望むなら 〜 「オレタチ」の果実

先月末は「マキシーのために」を日々脳内リフレインしていたワタクシですが、ここ数日は山口百恵ちゃんの「冬の色」になりました。某サイトでリップクリームをテーマにしたイラストを拝見して

あなたから許された口紅の色は
からたちの花よりも薄い匂いです


映画「伊豆の踊り子」の主題歌の歌詞が浮かんできたからです(笑)


【冬の色】
https://youtu.be/mEtlt0c0Mgo


口紅の色と言いながら、なぜ色ではなく匂いに話題が?と思いつつ……あとの歌詞に“口づけも交わさない” とあるので、相手の唇の温もりも柔らかさも知らないけど、近い距離にいて匂いだけは感じたいのかしら、よくわからない男心だわ〜と思ったり(;゚∇゚)



百恵ちゃんの歌には「青い果実」(*)もありましたが、「カラタチ」ならぬ「オレタチ」という柑橘類があることを知り、そのネーミングにビックリしました(o゚Д゚ノ)ノ

http://www.naro.affrc.go.jp/archive/fruit/itiosi/2012/030678.htm


(*)
https://search.yahoo.co.jp/amp/www.tapthepop.net/song/88985/amp%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAbS-m960krvL9QGwASA%253D




台風には早く過ぎ去って欲しいです。どうぞお気をつけてお過ごし下さい。



rohengram799 at 17:30|この記事のURLComments(4)

2020年10月07日

大月雲便りNo.3:大根

人生が空しくなれば豆を煮て大根を煮てやり過ごしたり 関谷啓子



掃除、洗濯、料理。日常生活の決まりごと(ルーチンワーク)はつまらないどころか、かえって救われることがある。一時的にも頭をカラにできる。作者の場合、人生の空しさ。歌集『最後の夏』から。




日付は忘れたけれど、最近の読売新聞の「四季」(長谷川櫂氏の解説)を読んで、大根を煮てみました。コトコト、コトコト……煮たつもりだったのに、ちょっと煮込みが足りなかったかも……もう少しやわらかい方がよかった。 半分は薄く切って味噌汁の具にしました🍴


大根は「あたらない」ので宝くじで高額当選を狙う人は食べない、とか聞いた個とがありますけど、食べても当たる人は当たるんだろうなぁ。



さてさて、今日、久しぶりに知人に手紙を書いたのですが、自分でもビックリするくらいに字が書けない! 自分の住所・氏名とかは書く機会は多いけれど、他の人の住所を書くとかここ数年、いや10年くらいはなかったので、全くダメダメで……漢字も正しいのか何度も確認してしまった。スマホで文字を打ち込むことに慣れすぎてしまったのですね。メモ書き程度でなく、ちゃんと文章を書くことをしなくては…。30代半ばくらいまでは結構、手紙も書いていたのですが……。これも老化なのかしら……。



明日はグッと気温が下がるとか。皆さま、 体調を崩されませんように。


rohengram799 at 11:55|この記事のURLComments(8)

2020年10月02日

大月雲便りNo.2:読書の秋はどこに〜9月の本棚 📙

本らしい本を読むことがなかった9月……感想も特にないのだけれど(;´д`) 備忘録的に……「9月の本棚」です。


9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:425
ナイス数:156

コウノトリのコウちゃん (にじいろえほん)コウノトリのコウちゃん (にじいろえほん)感想
【作者 インタビュー記事】

https://www.ehonnavi.net/sp/specialcontents/sp_contents.asp?id=307&spf=1
読了日:09月05日 著者:かこ さとし
「矜り」と「嗜み」「矜り」と「嗜み」感想
築地正子の「選ばるる矜りと選ばれざる矜り 胸に問ひゆく一生と知れよ」を検索した時に見つけた。嗜み、とか久しぶりに聞いた。


読了日:09月08日 著者:岸田 国士
歴史群像 2020年10月号 [雑誌]歴史群像 2020年10月号 [雑誌]
読了日:09月10日 著者:
ながべ短編集-ヘンテコな愛- (ZERO-SUMコミックス)ながべ短編集-ヘンテコな愛- (ZERO-SUMコミックス)
読了日:09月21日 著者:ながべ
HONKOWA (ほん怖) 2020年 11 月号 [雑誌]HONKOWA (ほん怖) 2020年 11 月号 [雑誌]
読了日:09月29日 著者:

読書メーター




大月雲便りNo.1:大月小月

10月になりました。


毎月、その月の異名を調べて「今月は何にしようかな〜」と考えるのですが、今月は「大月雲便り」にしました。……おおつき、ではなく たいげつ と読みます。


記事タイトルにした『大月小月(たいげつしょうげつ)』は、1ヶ月の日数が31日ある「大の月」とそれより少ない「小の月」のこと。1年は「大の月」と「小の月」から成っているという意味です。「大の月」は1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月。「小の月」は2月、4月、6月、9月、11月。



http://fukushima-net.com/sites/meigen/198


https://ii-nippon.net/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%9A%A6/8049.html



*****



京都に『三密堂書店』という古書店があるそうです。古本屋独特の匂い、懐かしい……!



https://sanmitu.sakura.ne.jp/about_sanmitu/


https://bookshop-lover.com/blog/post-1733/



*****



皆さま、楽しい週末をお過ごし下さいませ♪(o・ω・)ノ))



rohengram799 at 12:30|この記事のURLComments(6)
記事検索
月別アーカイブ