空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

毎日が妄想モード突入!よろしくお願いいたします。

漫画家の野間美由紀さんの訃報、ショックだ……59歳ですよ、まだまだたくさんの作品を描けただろうに。自分の学生時代を豊かにしてくれてありがとうございました。合掌。

https://www.hakusensha.co.jp/information/57613/



*****


こちらの「さようなら」を口にした“ぼく“は、どこに行くのでしょうか、ひとりで……。



さようなら   谷川俊太郎
 
 
ぼくもういかなきゃなんない
すぐいかなきゃなんない
どこへいくのかわからないけど
さくらなみきのしたをとおって
おおどおりをしんごうでわたって
いつもながめてるやまをめじるしに
ひとりでいかなきゃなんない
どうしてなのかしらないけど
おかあさんごめんなさい
おとうさんにやさしくしてあげて
ぼくすききらいいわずになんでもたべる
ほんもいまよりたくさんよむとおもう
よるになったらほしをみる
ひるはいろんなひととはなしをする
そしてきっといちばんすきなものをみつける
みつけたらたいせつにしてしぬまでいきる
だからとおくにいてもさびしくないよ
ぼくもういかなきゃなんない


*****


おさらひのつもりで妻にさよならと言へばにはかに悲しみ溢る

2017年11月、93歳で亡くなった岩田正の最終歌集『柿生坂』から。誰もが大切な人にさよならを言えるとは限らないのだと知っているけれど……。奥さまは歌人の馬場あき子さんです。

https://mainichigahakken.net/hobby/article/post-377.php


*****


「幸福が遠すぎたら」


さよならだけが 人生ならば
また来る春は何だろう 
はるかなはるかな地の果てに
咲いている野の百合何だろう

さよならだけが 人生ならば
めぐりあう日は何だろう 
やさしいやさしい夕焼と
ふたりの愛はなんだろう

さよならだけが 人生ならば
建てたわが家は何だろう 
さみしいさみしい平原に
ともす灯りは何だろう

さよならだけが 人生ならば 
人生なんかいりません




寺山修司の詩を思い出した木曜日でした。

今日は「看護の日」ですね。今年もまた『忘れられない看護エピソード』の発表がありました。看護職部門の「その声は」…… 脳内映像化されて涙が出てきました(´;ω;`)


https://www.nurse.or.jp/home/event/simin/episode/10th/index.html



こちらはナース川柳です。

https://www.nursery.co.jp/topics/nurse-senryu/


charged_rose-season518

月曜日から緊急地震速報 Σ(´Д`;) 同じ震度2でもこの前より揺れました。今、大規模修繕中なので、小さな揺れでも頻繁にあると足場は大丈夫だろうかと心配になります。

そしてとてもいい天気なのにベランダの作業が続いているので、洗濯物が干せないし、窓も開けられないのがちょっとばかりツラいですわ。


******


エドワード・ゴーリーの赤ずきんちゃん

https://bonplaisir.exblog.jp/31147080/?utm_source=exblog-webpush&utm_medium=push


ゴーリーってこう、虫酸が走るというかブキミちゃんな作家のイメージが強いので、こんな雰囲気の作品もあるのかと。赤ずきんちゃんというには大人びた感じはあるかな(^o^;)

多分、ゴーリーで連想するのはコチラではないかと思います。
https://matome.naver.jp/m/odai/2136149470543151001


******


新聞でオオサンショウウオの別名がハンザキだと知りました。体を半分に裂かれても生きているのでこういうらしいです。実際は違うとこちらの記事にありました。

https://gyokuzan.typepad.jp/blog/2017/06/%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%96%E3%81%8D.html

【鯢大明神】
https://japanmystery.com/okayama/hanzaki.html


「鯢」はオオサンショウウオの他に雌のクジラの意味もあるようです。

鯨鯢(ゲイゲイ) …… 「鯨」は雄クジラ、「鯢」は雌クジラ。古くは「けいげい」とも。

↑ 知らなかったわ。


******


『ハンザキ』(発行編集:橋本石火)2018年2月号にあった一句。


通勤の中の一人の黒マスク   高橋ちづる


今はマスクをしていない人の方が目立ちますね 😷

皆さま、どうぞご自愛下さいませ。

ダンナさんが「ひとつぶのマスカット」というお菓子をいただいてきました。葡萄のお菓子はどちらかというと苦手でしたが、これはお上品なお味! 一口で食べられますが、噛んだ時に広がるお酒のような豊潤な香りと甘味、酸味がひょえ〜!でありました。

https://www.kyorakudo.co.jp/c/list/hitotsubu_msj


初物を食べると寿命が75日延びると言いますが、葡萄を食べること自体がすでに何年ぶりかもしれないことに気がつきました( ̄▽ ̄;)


******


お酒つながりで、「ザル」の他に「ワク」という表現があるのですね。「ザル」のようにわずかでも酒の溜まるところがないため、「ザル」を超える酒豪を指すことが多いのだとか。知らなかったです。ヤブ医者、土手医者、ヒモ医者なら『パタリロ!』で知っていたけれど。


******


今日は風が強く、雨がやんだあとはむし暑く……な日曜日でした。皆さま、体調を崩されませんように。

昨晩の満月は「フラワームーン」と呼ばれるとか? 画像もあちこちにあがっていましたね。こちらのブログで鞍馬寺ではウウサク祭なるものを知りました。

https://ameblo.jp/mizunotunagari3776/entry-12595368580.html


初耳だったのでもっと詳しく知りたいなぁ、と思い検索してみましたが、動画も含めてスピリチュアル系のものがほとんどなんですね。全否定はしませんが、この不安定な時期にはおかしな宗教勧誘が多くならないか心配です。 へんなツボとか買っちゃうかも (-_-;)


***** ***** *****


「微酔」という言葉(ほろ酔いと同意語かな?)から野田遊三さんの俳句を見つけました。


初蝶の微酔のあとの泪かな


初蝶は文字通りその年に初めて目にした蝶のこと。春の季語ですね。おやぢの私は新成人の初々しく可愛らしい振り袖姿を想像してしまいます。ちゃんと二十歳になるまでお酒を飲むこともなく、やっとみんなと一緒にお酒が飲めるわ!みたいなコであって欲しい(笑) そして久しぶりに同級生にあって、ちょっとばかり酔いがまわってきた状態でポロリと「ずっと好きだったんだ〜」と彼に告白しちゃうとか。泪のワケは聞かないで〜(爆) 妄想が広がって困りますな!


七色の花食べ眠る雪うさぎ


こちらの句も童話のようで可愛らしい。雪がやんで日が射すと溶けてしまう、うたかたの存在の雪うさぎ。短い間にたくさん素敵な夢をみてね、と雪うさぎのまわりにお花を置いたのか折り紙の花を置いたのかおもちゃを置いたのか……そんなメルヘンな世界を感じました。

このページのトップヘ