空のお城通信~オスカー戯言日記~

空のお城へようこそ゚+(人・∀・*)+。♪ 自分の好きなこと、興味のあることを書いています。

毎日が妄想モード突入!よろしくお願いいたします。

昨日は冷たい雨でしたね。今も曇り空ですが。市内ではまたプラス2の感染者が。近くのショッピングモールの遊具やガチャガチャなどは使用禁止になっています。距離を保ちましょう、と言いながら手を繋いだり腕を組んで歩いているカップルの多いこと! 歩いている人が少ないから目立つのかな? スーパーではまだうろちょろする子どもが多いです。

この前、夕方6時前に買い物に行きましたが、昼間よりは少なかったかな? ただ空っぽの棚がより目立ったような……品出しが間に合っていないのか、納品の遅延なのかはわかりませんが。



*****


「花ふぶき」 阪本越郎


さくらの花の散る下に、
小さな屋根の駅がある。
白い花びらは散りかかり、
停車場の中は、
花びらでいっぱい。
花びらは、男の子の帽子にも、
せおった荷物の上にも来てとまる。
この村のさくらの花びらをつけたまま、
遠くの町へ行く子もあるんだな。
待合室のベンチの上にも、
白い花びらは散りかかり、
旅人は、花びらの上にこしかけて、
春の山脈をながめている。




こちらの詩は昭和35年検定/昭和36年度から使用、国語の教科書に載っていたようですが(今もかな?)私が小学生の頃には読んだ記憶がないです。時代を感じる風景ではありますが、ここに描かれた気持ちは時代に関係なく変わらないものだと思います。新しい場所に旅立つ季節。絵で見たいですね。


****


こちらは美しい忍野八海の風景です。富士五湖周辺のイベントも6月くらいまでのものまで中止になってしまいました。残念ですが、今は仕方ない。富士山にパワーをもらって下さいませ🗻


【忍野八海】
https://ameblo.jp/mizunotunagari3776/entry-12590858210.html

耳たぶの小さき穴に月隠る 伊藤五六歩
 

月が出るのではなく星が光るのではなく、隠れているとは……ピアスの穴を満月に見立てた俳句でしょうか?


毎晩、ダンナさんの耳そうじをさせられてウンザリしている私ですが、耳そうじの漫画を見つけました。私はモーニング掲載時に読んでいましたが、また読んで、うふふ(*´艸`)となりました。

https://www.pixiv.net/artworks/78955939



【ゾウさんの耳の穴 🐘】
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/cageman-channel/entry-12184381500.html%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAaidkvmFleyaNLABIA%253D%253D

昨日は台風のような天気でしたが、今日はいいお天気になりました。緑がまぶしい季節がやって来ますね。



誰が風を見たでしょう 僕もあなたも見やしない


西條八十が訳したクリスティーナ・ロセッティの詩を初めて知ったのは、小学生の頃、岸裕子さんの漫画だったと思います。『風に乗ったら』という漫画がそれだったのか? 全く思い出せないのですが(-_-;)

http://www.worldfolksong.com/sp/songbook/japan/wind-christina-rossetti.html


最近、彼女に兄がいて画家のダンテ・ゲイブリエル・ロセッティという人物だと知りました。

https://www.christianpress.jp/december-5-christina-rossetti-birthday/


こちらを読むと彼の生涯はおいおい……!となりますが、絵を堪能して下さい(笑)

https://taesunworld.com/rossetti/




「さっきから撫でられているこの風はあなたのゆびの感触がする」千原こはぎ (*)


「風になりたい」というとTHE BOOMの歌を思い出す人の方が多いのだろうけど、私は吉田拓郎が作った歌の方が好き〜拓郎が歌っているのがないのが残念!

https://sp.uta-net.com/movie/22180/



(*)ちるとしふと (新鋭短歌シリーズ39) >> https://bookmeter.com/books/12765628

千原こはぎさんの短歌もイラストも可愛いです(*´ω`*)
http://kohagiuta.com/gallery.html

私の住む市内の感染者は確実に増加していますが、ブログは平常運行で更新していきます。多少なりとも気分転換になりますように。


*****


ムーミン誕生から今年75周年! 日本語に翻訳されたのが1964年……あら、私と同い年 !? (^^;)(;^^)

【公式サイト】
https://www.moomin.co.jp/


アンパンマンもですが、初期の頃のイラスト(挿し絵?)は、ほんのりホラー風味な気が……日本のアニメ作画が可愛らし過ぎるのでしょうけど。スナフキンのやさぐれた感じは好きです(*・∀・*)




「ねえ〈ムーミンごっこ〉をしよう雨の午後二人はだかになるだけでいい」


西村曜さんの短歌です(*)。「はじめてのいのりのようにうまく手を組めないまんま二人歩いた」も好きなんです(*´ω`*) …… が、今日はムーミンごっこに注目ですわ。 これだけ聞いてどんな遊びを連想するかで人間性が問われるような……。ワタクシはムーミンママの裸エプロンが浮かびました………すみません、すみません! 多分、キャラクター占いでムーミンママになったからです。ええ、そうに違いない! (゜゜;)\(--;)

https://www.moomin.co.jp/which_moomin_character_are_you



もう君はムーミン谷に帰りなさい僕は渋谷に寄って行くから (中里正樹さん)


ムーミン谷はどこにあるのか……「ねこの森には帰れない」(**)は谷山浩子さんの歌だけれど「ムーミン谷には帰れない〜 帰る道だって覚えてない〜」と歌いたくなってしまった!


(*) コンビニに生まれかわってしまっても (新鋭短歌シリーズ41) >> https://bookmeter.com/books/13037730

(**) https://www.uta-net.com/movie/43233/

読書メーターをチェックしていて変わったタイトルの本を見つけました。


善知鳥(うとう) (河出文庫―文芸コレクション) >> https://bookmeter.com/books/436066


コレは本当にいる鳥なのか? いるとしたらどんな鳥なのか? で検索してみると神社がありました。

【善知鳥神社】
http://www.actv.ne.jp/~utou/utou.html

【能・善知鳥】
http://www.tessen.org/dictionary/explain/utou


こちらは能楽師さんのブログ。長野にも善知鳥という地名があるとは……全く知りませんでしたわ。

https://sawada-noh.com/2019/04/30/%E5%96%84%E7%9F%A5%E9%B3%A5%E5%B3%A0%E3%81%AE%E8%AC%8E/



こちらは鳥居と鴨居の話。何で鳥や鴨なんて考えたことなかったなぁ。

https://jack8.at.webry.info/201210/article_3.html


【鳥居はオカルトだ‼ 不思議で奇跡の鳥居の話⁉】
http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/archives/54948226.html?ref=category00000_article_footer2_slider&id=1128713

↑このページのトップヘ