2010年04月29日

第53号:毎日が記念日

今年から『みどりの日』が『昭和の日』に~なんて思いながら、カレンダーを見ていたワタクシ…もう2007年からなんですね(((^^;) 思わず、去年の手帳で確認してしまいました~いろんなイベントもあったようですが、全く知らなかったのは、なぜでしょう~?


しかし…毎日毎日何かしら☆記念日☆ですよね!!
今はまた『山の日』制定の動きが活発になってきたようです。若い女性の登山者が増加しているといいますが、あれは登山というより《山歩き》なのでは?と思うんですけど…(((・・;)


信玄さんの4月12日は『パンの日』なんだって…1842年4月12日、江川太郎左衛門という代官が、「兵糧パン」と呼ばれるパンを日本で初めて本格的に製造。なので、この日を記念してパン食普及協会が、1983年に制定したとか。。あと、今日4月29日は『羊肉の日』(--;) 「429(ヨウニク)」と語呂合わせで2004年制定なんだそうです。


日本記念日協会というところがありますが、公的な機関ではないので、効力はないそうです。日本満月協会とかもあるらしいですよ(・・;)


私にとって今日は、義父の命日です。お墓は遠いので行けませんが…写真の隣に飾るお花を買いに行こうっと☆









rohengram799 at 06:10|PermalinkComments(0)

2010年04月28日

ひつじ雲便り15:Moon Light Shower

月の光だけで写真を撮影している石川憲治さんという、福岡出身の写真家の方をご存知ですか?


1993年4月:『新月光浴 神の降りた夜』集英社

1998年3月:『満月の花 Moonlight Flowers』小学館

1998年3月:『月光の屋久島』新潮社

2003年7月:『京都月光浴』新潮社

など、他にもたくさん写真集が発売されているようです。



http://gekkouyoku.com/




rohengram799 at 11:11|PermalinkComments(4)

第52号:さそり座の満月だけど『眉月の誓(ちかい)』

今日の午後9時18分頃(地域による)満月になります。

今回の満月はさそり座の影響をうけるので、だれかとワイワイ楽しむより、ひとり静かに過ごした方がよいのでは?と、占いの本とかには書いてありました。

満月をながめて、しみじみ「半生を反省!」な~んてアホなことしか考えつかない私は、漫画をおすすめすることにしました☆

タイトルは『眉月の誓』長岡良子さんの作品です。

眉月とは三日月のこと。
他にも初月(ういづき)、若月(わかづき)とかの呼び方もあるみたいです。

時代は、679年(天武8年)後の持統天皇とか大津皇子とか、草壁皇子、高市皇子などが出てくる時代で、主人公は藤原不比等(ふひと)クンです!!

異母妹との愛を貫くべくがんばるオトコの物語…と書くとナンですが、実際そうなのでカンベンして下さい(´Д`)

不比等クンの一途な想いと政治的な思惑とかいろいろからみあって、ホントかどうかはおいといて('~`;)平城遷都1300年のこの時期に古代のいぶきをかんじるのもまたよろしいかと~φ(°°)ノ°

記念切手も発売中です(笑)

登場人物の1人に道昭というお坊様がいるのですが、ビジュアル的にも人柄的にも、おじいさん子だった私には、くぅ~(ToT)ときます(笑)

女性陣のキャラもなかなか…不比等クンの奥様の娼子(しょうし)さまのような心になれたらと思わずにはいられません。

不比等クンの異母妹の五百重(いおえ)ちゃんも、ツンデレでもないし、悪くはないんですけど(・・;)

『ナイルのほとりの物語』もいいですよ♪

中古書店でみつけたら、パラパラしてみて下さいませ。(新刊だとシュリンクしてあるから立ち読みできないもんね~)


☆高市皇子(たけちのみこ)の歌が新聞に載っていました☆

山吹の立ちそよひたる山清水汲みに行かめど道の知らなく

異母妹の十市皇女(とおちのひめみこ)が亡くなった時の歌…妹に逢いに黄泉へ行きたいのに悲しいことに道がわからない。

死後の世界の「黄泉」(よみ)から黄色い山吹の花が咲き乱れる山奥の泉を連想し、歌にする…なんと心豊かでロマンチストなのでしょうね。









rohengram799 at 00:05|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2010年04月27日

第51号:ゆうべ、泣いたでしょ? だって、まつ毛に虹が見えるから

昨日に続いてキモッ(-_-;)と思ったアナタ!!……だって、むかしそんな感じの詩を読んだ氣憶があるンですぅ~だから書いてしまいましたが(((^^;)今日は虹のお話です(*^^*)


「No Rain, No Rainbow」
雨が降らないと虹は出ない。雨があるからこそ虹が出る…ハワイのことわざだそうです。フムフム、奥深い言葉です。


虹の色は、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色と思っている人がほとんどだと思いますが、どうやらこれは日本の常識らしいのです。アメリカやイギリスでは一般的に6色と言われていて、藍色を区別しないんだとか。ドイツではさらに橙色も区別せずに5色。
アフリカでは、暖色と寒色のみ(または明・暗など)で2色という部族もあるそうです。かなり大胆な色分け(@_@)昔から、色だけでなく、雲や星にも素晴らしく繊細な名前をつけてきた日本人だからこその「ななついろ」なのかもしれないですね!!


あと、虹は2本でワンセットなんですと(゜□゜)誰もが見ている虹を主虹(しゅにじ)といって、その外側にひと回り大きい副虹(ふくにじ)ができているそうな! 主虹は太陽の光が水滴の中で1回反射したもので、屈折して2回反射したものが副虹。主虹と色の順番も反対になるんだって!!副虹はとても光が弱くて薄いので、条件が良い時しか確認できない、貴重な風景。ということは、副虹まで見えれば、空気がとても澄んでいる証拠になるのかな?


虹って、朝は西、夕方は東の空に、予告もなしに表れて、短い間に消えてしまいます。(月光仮面のおじさんみたいだ…)その瞬間に出逢える人は運がいい(*^^*)だけでなく、いつも自然とまわりの出来事に目を配っている人なのかな、とも思いました。 そういえば…森村誠一さんの本で「虹のパスポート」(虹への…かも)庄司陽子さんの漫画で「虹の航路」ってありましたよね~懐かしいな♪(誰も知らなかったりして…)あと伊豆に「虹の郷」ってあるみたいですよ~皆様の毎日が、虹色に輝きますように!!



☆ひつじ雲便り11に書いたゾウさんペーパーですが、ミチコーポレーションという会社で作っているようです☆

(株)ミチコーポレーション
http://www.michi-corp.com/



rohengram799 at 00:07|PermalinkComments(4)

2010年04月26日

ひつじ雲便り14:I☆EYE☆愛

おサルさんじゃないですよ~('~`;)

コンタクトレンズ専門店のアイシティで、使い捨てコンタクトレンズのポリプロピレン製容器を回収して、リサイクル会社に売却する活動を今月からしているそうです。

店舗に専用の箱があって、どこのメーカーのものでも大丈夫出そうです。
(アイシティはHOYAさんがやっているお店)

売却代金は、寄付を加算して、アイバンク協会に贈るそうです。

私はずっと(^0_0^)なので、コンタクトレンズなんておそろしくてできませんが(((^^;)利用している方は、協力して下さいませ!!



記事検索