2010年11月

2010年11月30日

第345号:恋は銀色~今日はシルバーラブの日

『シルバーラブ』~なんとも昭和なネーミングですが(笑)


1948(昭和23)年、歌人の川田順が弟子でもある大学教授夫人と家出。当時、川田順は68歳で、3年前から続いていた教授夫人との恋の行く末を悲観して、死を覚悟しての行動ではありましたが、養子に連れ戻されます。その後2人はめでたく結婚(o^ O^)シ彡☆


川田が詠んだ『墓場に近き老いらくの恋は恐るる何もなし』から「老いらくの恋」が流行語になったそうな~。


『何一つ成し遂げざりしわれながら君を思ふはつひに貫く』


奥様を亡くした立場の彼ですが、夫も子もいる女性を、ど~も残された文章などからすると、押して押して押しまくって…口説きおとしたみたいですね。かなり年の差があったようですが、川田氏の最期をしっかり看取ったみたいで、一時の気の迷いじゃないことを証明して良かったかな~とは思います、ハイ!


でも、奥様をとられた大学教授はお気の毒としかいいようがありません(T-T) 誰かを恋する気持ちはとめられませんが、なんとなく河島英五の歌を思い出します。


川田さん、あなたも『好きな誰かを思いつづける 時代おくれの男になりたい』…そんなふうには思えなかったのかなぁ…と。


まぁいいんですけど(-.-)y-~





rohengram799 at 17:23コメント(12)トラックバック(0) 

第344号:郷里との距離

この前、実家に帰ったワタクシですが、おとといの朝刊に飯田龍太さんの俳句が載っていました。


『山河はや冬かがやきて位に即(つ)けり』


雪化粧した南アルプスの山々に朝日が輝く~毎朝こういう風景を見て、私も大人になり、やがて都会へ~(笑)「都会の絵の具」に全く染まることがなかった私ですが、田舎に帰るのはやはり特別な感じがあります。年とった今はなおさら(((^^;)だから谷口ジローさんの『父の暦』の主人公の言葉にググっとくるのであります。


《16年ぶりに帰った郷里は私に多くの事を教えてくれた。郷里のある事の幸せを知った。》


そして、ラストシーン…。


《郷里は……いつでもどんな時にでも変わらずにそこにあった。
私は思う……郷里に帰る……のではない、いつの日か郷里がそれぞれの心の中に帰って来るのだ。》


余談ではありますが…唱歌『ふるさと』の歌詞にある♪ 如何にいます父母 恙なしや友がき~の「つつがなし」って「つつが虫がいない」ということから~だそうですね。つつが虫はダニの一種で、昔新潟、山形、秋田などの大きな川の沿岸地域に生息、刺されると高熱に苦しむことに!!なんと死亡率40%(゜□゜)そこから無病息災、無事に暮らしていることを「つつが虫がいない」ことから転じて「つつがなく」になり、何事もなく無事ですよ~の意味合いになったそうな~(((^_^;)


♪カダンカダン~お花を大切に~というコマーシャルで「つつが虫」って言っていたような気がしますぅ~昭和の記憶だわ(((・・;)


※つつがなしの語源が私の情報と違うことがわかりました~すみません。詳しくは渡邊さまからのコメントをお読み下さいませm(__)m




rohengram799 at 08:35コメント(6) 

2010年11月29日

第343号:なんでも『いい』らしい…(´д`)

11月は『いい月』らしく、毎月、毎年ある記念日になんでも『いい』がついてきます~


いい夫婦の日はお馴染みですが、いい風呂の日にいい肉の日にいい服の日…はぁ~『いつもは良くないんかいっ!!』とツッコミたくなります( ̄▽ ̄;)


『いい服』なんて聞くと「一張羅のことですか?」と聞き返したくなるのがおばちゃんです(笑)


一張羅というのも、なんかすごい言葉ですが(((・・;)意味はもちろん持っている衣服の中で、一着しかない上等のもの。一枚しか持っていない衣服のこと。


「一挺蝋(いっちゃうらう、現代仮名で「いっちょうろう」)」がなまった言葉みたいですが、ではでは、一挺蝋とは、ナニ(^_^;)!?


それはですね~予備のない一本だけのロウソクをいったもので、ロウソクが高価なものであったことから生まれました。


今でも「一張羅」を「一丁蝋燭(いっちょうろうそく)」という地方があるそうですよ。


江戸末期には「たった一枚の羅(うすぎぬ)」という意味で用いられるようになったとか。


うすぎぬ~またセクスィ~なお言葉で、脳内の花園にまた新種が誕生しそうです←起きているのに夢の中(笑)


うーん、勉強になったから『いい服の日』は覚えておこうっと!


しかし~ワタクシの一張羅は、今は…サイズが、サイズがぁ~(T-T)

rohengram799 at 04:11コメント(12) 

2010年11月28日

ひつじ雲便り318:アタマはいつも『秘密の花園』…(-.-)

先日、白いストックを房総半島のおみやげにいただきました♪


花言葉は『永遠の恋』、ダンディーな殿方からではないのが、少し残念です(((^^;)


白い花の夢は『打算のない喜び、プラトニックな恋を暗示』しているそうですが、花にあふれた夢をみたらきっとシアワセな気分になるんでしょうねぇ~それともいろんな花粉アレルギーの人はくしゃみ連発なのかしらん…(--;)



『秘密の花園』というお話、私は読んだことがないのですが、朽ち果てた庭を子どもたちの手で生き返らせるのと同時に、人間の魂が再生していく様子を描いた作品と聞きました。


『禁じられた遊び』と同様、題名からオトナな妄想を繰り広げていたワタクシは、いささかガッカリしましたが(笑)人間だってお手入れは大事…外見もナカミも( ̄▽ ̄;)


そうそう~昔『かすみ草だけの大きな花束にして下さい』といって、お花屋さんにシブい顔をされたことも思い出しました~こういう注文は事前にしましょうね




rohengram799 at 07:33コメント(11) 

2010年11月27日

ひつじ雲便り317:貴方の…シャベリは…まるで…日だまり…(^-^)

皆さま、ご存知の『戦場カメラマン』渡部陽一さん!
ワタクシ、調子に乗って、彼の着ボイスをダウンロードしてしまいました(о´∀`о)


「この…メールは…大変…危険な…人物…からです」


夜中に響く彼の声はコワイです(T-T)


そして、日常では穏やかすぎて、音量MAXにしていますが聞こえません~私の耳が悪いのか!? 目覚ましボイスもありましたが、絶対起きれないと思います(笑)



rohengram799 at 01:31コメント(15) 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード