2011年09月

2011年09月23日

第580号:θ(シータ)ではなく解説と遊ぶf(^^;

たまには理系っぽい本を読んでみよう!!と森博嗣さんの『θは遊んでくれたよ』を買ってみました。表紙もちょっと変わっていたし、タイトルの「θ」がカッコいい!!←おバカさん(;o;)

内容は…自殺者の額に口紅でかかれたθのマーク、次の自殺者の手のひらにも同じマークが…実は連続殺人!?(゜□゜)みたいな話です。

私は犯人探しに熱中するタイプではなく、心理描写を読むのが好きなので、あは~やっぱりイマイチ面白くない、ヘンに理屈っぽいというのか…読みなれていないのもあるのでしょうが、他の人が同じ題材で書いたらもっとちがうんだろうなぁ…と思ってしまって(--;)ドラマだったら楽しく見れるかも!!と思いました。

あと解説(清涼院流水さん、この方の本も読んだことがないです)に書かれていた森さん自身のブログの話が印象的でした。

座禅をしている人の脳波を取り、5分に一度ベルを鳴らす実験を修行をした禅僧と一般人にやってみました。禅僧ならばベルが鳴っても脳波が乱れることはないと思いますよね?乱れるのですよ~!!

一般人は何度か繰り返すうちに「来るぞ!!」と予想して身構えるので、脳波の乱れは少なくなりますが、禅僧の脳波はいつまでも同じように乱れたそうです。

『無心とは、こういうものであるらしい。(中略)たとえば、読書もそうだ。ミステリィなどでトリックや作者のやり方に慣れてくること、それは上達すること、悟りを開くこととは反対である。研ぎ澄まさたのではなく、「鈍く」なっただけのことだ。いつも無心で素直に接することが大切で、それには、常に自分の刃を磨いて、常にリセットする必要があるだろう。』
(『モリログ・アカデミィ6』メディアファクトリー)

いやぁ、作品本文よりも解説で読んだブログ記事に感銘するって……どうなのかしら(((・・;)小説より森先生のブログを読むべきだった!?(笑)

あと、森先生は長音はキライなのかしら?ミステリィにアカデミィ…ミステリーだと和製英語っぽい発音だからかなぁ('~`;)



2011年09月22日

ひつじ雲便り512:青空がもどりました!!

皆さま、台風の影響や被害が大なり小なりあったと思いますが、大丈夫でしたか? こちらは、何事もなく台風一過のさわやかな朝です。


さぁ、秋本番!!になり、いろんな観光地にたくさんの人が訪れて経済が活性化することを望みます。


また食欲の秋ですから、地方の名産品を取り寄せて口福感を満喫もよろしいかと(笑)


なんか「牛肉」を食べた時にだけ発生する脳内物質『アナンダマイド』(アナンダミド)なるものがあるそうですな!!


私は肉食系ではないので(笑)この物質がでる機会はないと思いますが、違う脳内物質が出ているような気がします…ドーパミンってヤツですか\(^o^)/


今日1日さわやかに健やかにお過ごし下さいませ。



rohengram799 at 07:58|この記事のURLComments(18)TrackBack(0)

2011年09月21日

ひつじ雲便り511:めんどうみてあげるね

台風、午後になり本気出してきたようです…午前中は晴れ間も見えたり小雨だったのですが…早めに買い物に行って良かったです。

シルバーウィークとか言っていますが、あまり年長者に敬意をはらっているようには思えないですね。シルバーシートに年配の方々が座っているのはあまり見かけないですし…この名前の場所に座ることに抵抗のある方もいるのかもしれないですが(--;)

今『めんどうみてあげるね~新宿職安前託老所』(鈴木輝一郎)という本を読んでいます。居場所のない老人たちを日中だけ預かる施設で起こる自殺騒ぎ…警察は痴呆による自殺と断定するが、真実は…!?

私は、いろんなことがあっても託老所のみんなで助け合って「めんどうみてあげるね」という話(亡くなる人がいても)だと思って買ったのですが、ちょっと待てよ…な展開です。職員は全くやる気なしだし、出入りしているさやかという女の子の無邪気な言葉の裏にあるモノが…(~_~;)


「あかんぼうのえがおは、いいめいどのみやげになるんだって」


「どうしてあかちゃんは、ねたきりでもみんなにしんせつにしてもらえるの?」


新しく仲間になった中村きんさんは、さやかちゃんのかわいいだけでない、本人は全く意識していない残酷な部分、行動に気づいています……最後にはどうなるのか、薄い本だから今日中には読み終わりますが…なんかコワイ(ToT)!!


【めんどうみてあげるね】
https://ddnavi.com/book/4101453128/


2011年09月20日

第578号:19の翼

台風はどんだけ日本びいきなのよ!!ってくらい迫り上陸してきますが、皆さまの地域の雨はいかがでしょう?急に気温も下がり、体調が悪くなる予感もいたします(-_-;)


なんて書きながら、今日はかなりお寝坊さんだったので、更新も夕方になってしまいました。休みだといつも以上に緊張感がありませんな(((^^;)


本当は昨日にふさわしい話題な気がしますが、数霊に関する古本を読んでいたら、こんな文章がありました。


『歌や音楽を目ざす方は「19」に敬意を持って接する。ついでにギターのヘッドとかピアノの隅っこに「19」のシールを貼ったりとか。歌の舞台の前には喉を19回ストレッチしたり。』


そう言えば『19』っていましたよね。『あの紙ヒコーキくもり空わって』とか~ってそれしか知らないくらい興味がありませんでしたぁ~ファンの方、スミマセン!!


心を入れかえて(!?)調べたら『熊じいちゃん』という歌がありました。


♪明治、 大正、 昭和、 平成、 四世代を生き抜く力、
悲しい思いもしたでしょう。
楽しい思いもしたでしょう。
それが あなたの道。


『敬老の日』はずっと9月15日という感覚(--;)カレンダー通りの仕事をしている人間が家にいないので、なんで休みなのかよくわからない祝日もあったりして('~`;)


さっきもオタ息子が「23日祝日なの?」というので「そうだよ~勤労感謝の日だよ」……自分で言って、何かが違うと気がつくまで1分近くかかりました( ̄▽ ̄;)



rohengram799 at 16:18|この記事のURLComments(18)

2011年09月19日

第577号:邯鄲の夢~脳内酷使夢想(((^^;)

邯鄲(かんたん)という秋の虫がいるそうですな!!
ルルルルル~と長く鳴くヤツだそうで…よくバッタとかカマキリって一定方向に顔を向けてじっとしてなんとなく哲学者のような禅僧のような…無表情!!と思っている私…この虫もそうなのかしら? そうだと『あしたのジョー』のエンディングがテーマ曲になるのに…( ̄ー ̄)


♪だけどルルル…ルルルルル…明日はきっと何か(エサが)ある 明日(のエサ)はどっちだ!?……みたいな←ないない!!

今日から嬉し恥ずかし(?)の三連休なのですが、いざ休みとなると…お給料日前なので田舎に帰るのもちょいとツラい…兄が週末帰るみたいだから、私は来月にしようかな…とか考えてしまいます(--;)

本屋に今日も行った帰りなのですが、孔雀の専門書ってないのかな?孔雀って鳥でいいんですよね?キジの仲間だし~でも鳥関係では見つからず…孔雀王とか仏像関係で見てみようかしら(笑)


見るといえば『だれもしらなかった お姫さま図鑑』(フィリップ・ルシェルメイエル/文 レベッカ・ドートゥルメール/絵 石津ちひろ/訳)すごく欲しくなりました!!

フランスからやってきた、大人のためのお姫さま本☆本の中に登場する「知られざるお姫さま」がまた大人のおとめ心をくすぐります(((^^;) 講談社から発売中で3000円とお高いのですが…表紙は《ゲリラ姫》なんかパンクな感じがたまりません( ̄ー ̄)

私は《ページ姫》がお気に入りです。もしかしたら自分かしら!?と思うお姫さまに出逢えるかもしれないので(笑)ぜひ探して立ち読みして下さいませ♪(美術系のコーナーにあるかも)


メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ