2011年12月

2011年12月31日

第660号:いざ「葉葉」とまいります!!

大晦日も良い天気になりました。明日はもう新年とは不思議な気分(((・・;)


切り抜きなどの整理をしていたら、作家の道尾秀介さんが直木賞を受賞した時のインタビュー記事がでてきました。


>樹海の木々は溶岩でできた硬い地面の上に根を張って生きている。地面からは栄養を摂取することができないので、自分の身体から落ちた葉の養分だけで生き延びているらしい。だから、あまり高い木になれないのだとか。


そしてこう続けています。


>そういった生き方も悪くはないと思う。思うけれど、ぼくには出来ない。自分以外の誰かとふれあい、たくさんの養分をもらって大きくなり、それまで見えなかった知らない景色を見せてもらうという生き方が、きっと性にあっているのだ。


昨日読んだおネェ祈祷師びびこ様のブログには、こんな言葉がありました。


> 「はらい」とは、大和言葉では、 「葉が生まれる」という意味で、「葉葉=母」と書くようように、 自分の中から、生命力あふれるキラキラした葉っぱみたいなエネルギーが、 自分のタマシイから広がり、 体や心の邪気を、結果、追い払っていくものです。


樹と葉の話……ふたりの子どもたちの名前に「樹」の字を使ったのは、枝葉を大きく広げ、夏は木陰で涼しく、冬は落ち葉を用いてたき火で暖を…そんな誰かの役に立つ人間になって欲しいからであったことを思い返しました。


私の中から生まれるエネルギーがあるとしたら、やはりそれはまわりの皆さまからいただいた栄養があってこそだと思っています。自分だけでは、この妄想も肉体も肥大し(泣)歪みまくりのワタクシを支え、まっすぐ成長させることなどできません(´д`)


皆さま、今年もワタクシにたくさんの「栄養」をありがとうございました。訪問して下さること、読んで下さること、コメントして下さること…感謝しております。


いざ「ようよう」と~来年も揚々(アゲアゲか!?)と妖々(ブキミちゃんか!?)と~毎日「おい!シゲル!!」(生い茂る)な記事を書いていきたいと思いますので、お時間がありましたらどうぞお付き合い下さいませ。良いお年を(*^^*)




rohengram799 at 10:40コメント(24) 
挨拶 

2011年12月30日

第659号:愛しき言尽くしてよ

今年も今日と明日の2日ですね。ダンナだけは28日からお正月モード全開でだらだらしております。


昨日は近くの映画館で『山本五十六』を鑑賞してきたそうで~やはり阿部ちゃんが(--;)「声だけ聞くと多聞なんだけど、顔を見ると違うんだよ~!!」と言っておりました。阿部ちゃんはカッコよすぎますからね(((^^;)


本日、仕事納めのワタクシはオタ息子から《ほむほむストラップ》をもらい「おほほ、皆さま、ごきげんよう♪」な気分でおります。人間、単純なのはいいことです(^o^)v


この年末年始、帰省の予定はないのですが、嬉しい出来事がありました。父が、27日に石和から少し自宅に近い病院に移ることが出来ました。実家はまだ母が叔父に手伝ってもらいながら商売をしているのですが、近くなったので店を閉めてからお見舞いにいくことも出きるようになり、心身の負担もいくらか軽減されると思います。皆さまが父や母、私たちによせて下さったお心遣いに感謝しております。本当にありがとうございます。


今回のタイトルは木原敏江さんのマンガにもありますが(大好き!)大伴坂上郎女の一首(万葉集)です。


『恋ひ恋ひて 逢へる時だに 愛しき 言尽くしてよ 長くと思はば』


意味は恋歌なので「私と長続きさせたいなら、せめて逢える時だけは惜しまず愛を囁いて下さいな、やっとこうして逢えたのですもの…」という女心。でも私が好きなのはこの意味よりも読み方なのです。


「こいこいて あえるときだに うつくしき ことつくしてよ ながくとおもはば」


『愛しきこと』…「いとしきこと」ではなく「うつくしきこと」ですよ、アナタ!!バシバシっ!!(笑)←「ささめきこと」を連想したアナタ、お友達になりましょう(爆)


私は多分、父と会話をすることは出来ないと思うんですよね。だから余計にお見舞いにいった時には「優しくて綺麗な言葉を話したい」といつも考えているのです。まぁ、結果的には看護師さんやヘルパーさんが方言丸出しで話しているので、私も「~じゃん」だの「~ずら」だのになってしまうのですが( ̄▽ ̄;)


気持ちですね、気持ち~私のおかしな文章にも気持ちはたくさんつまっていますので、明日書くであろう今年最後のブログも読みにきて下さいませ(^.^)




rohengram799 at 12:20コメント(20)トラックバック(0) 

2011年12月29日

ひつじ雲便り551:ニクニクしい時間

最初の休憩時間に書いたとってもNice!!な記事を己のミスで消してしまいました…立ち直れない(ToT)


自分では大丈夫!!と思っていてもダメダメな出来事が増えてきてしまいました…増えてきたと言えば、白髪と体重ですわ(--;)下のヒョロヒョロくんが「また痩せたぁ(TT)」と嘆いているのが羨ましいやら憎らしいやら…でございます。


そういえば、今日は「肉の日」ですね。スーパーにいくとお買い得になっている予感!!でも、お正月に向けて大容量なのかしら…極端に多くはいらないのだけれど。


肉と言えば「スキヤキ」に結び付く庶民なワタクシ、結婚した翌年のお正月に仲人をしていただいたお宅にお邪魔して、スキヤキをごちそうになりました。


が!!ワタクシの知っているわりしたを使ったスキヤキではなく、味付けはお好みで的なスキヤキ…関西風というヤツですか?戸惑うばかりの私~で何だか食べられませんでした(--;)


ちなみにワタクシは肉よりも白菜やら春菊、シラタキに焼き豆腐を愛するタイプです。だから会社にいた時の忘年会とかお酒も飲めないのでかなりソンをしていたと思います('~`;)


皆さまの今晩のご飯は何かしら!?




rohengram799 at 14:56コメント(14)トラックバック(0) 

2011年12月28日

第658号:年末仕事人(-_-;)

今日、仕事納めの方がほとんどだと思いますが、私は年末は30日まで!!ウチのオタ息子は毎朝5時から仕事なのに、明日からの冬コミに行く気満々です!!正月もキミ仕事じゃなかった!?…いいなぁ、若いって(笑)


さてワタクシは26、27と連休でしたが、クリスマスも終わり店内装飾はお正月モードのはず♪と思ったら……アレ!?今からクリスマスですか?みたいに雪だるまがたくさん!!
雪だるまは確かに「冬」のイメージだけれど、なぜ今月アタマから飾らなかったのか不思議!


そして、ワタクシがカチカチしたり本を読んだり休憩する食堂(まぁお店の設備ですが)のテーブルクロスが安っぽいピンクのチェックになり(昔の定食屋かデパートの屋上レストランみたいな)まぁ目がチカチカして落ち着かない、気持ち悪い……!


ここで会議とかもするんだけど、こんなチカチカしたテーブルで平気なのかしら…前は薄いグリーンのクロスで癒されたのに…ひねくれたおばちゃんには嫌がらせにしか思えません(´д`)


今、なんか薄いなぁとさわってみた!ビックリだ!!手触りが安い和紙もどきの包装紙みたい…いや、そのもの!?ホームセンターで売っているテーブルクロスの素材じゃない!!(((・・;)


それからよくわからない「“絵馬”を書いてね!!店内に飾るから」みたいなポップが…言っちゃ悪いですが、店長が変わってからどうも「下り気味ぶり」なパチ屋で絵馬なんて…(((・・;)好んで書く人はいるのか、そしてその後、絵馬はどうなる!?


わかりきっているだけに…恐ろしゅうございます( ̄▽ ̄;)




rohengram799 at 18:54コメント(15) 

2011年12月27日

第657号:甲州小梅ちゃん大作戦!!

皆さま、昨日は失礼しました。一人モンモンとしているより、文字にし、皆さまにコメントをいただいて、気分が上向いて参りました~ありがとうございます(^^)


実家からは「枯露柿」が届きました。今はのれんのように干していますが、昔は農家の庭先に皮をむいた柿をならべ、天日で乾燥させるていました。柿全体に陽があたるように適当な間隔をおいてコロコロ位置を変えていたことから「ころ柿」の名がついたとか…。


心ころころ、柿もころころ……で「柿根性」という言葉があるそうですね。渋柿は焼けばすぐに渋(しぶ)がとれ、干し柿にすると一晩で甘くなることから一見頑固そうに見えても変わりやすい性質のことをいうそうです。


そして~梅干にしても梅肉エキスにしても、煮ても焼いてもまだスッパイ梅!頑固でなかなか変わらない性質、いい意味では頑張り屋さんのことを「梅根性」というそうです。


朝ドラの『てっぱん』にこの言葉がでてきたとか…見ていない私は全くはじめての言葉で、『ど根性ガエル』の寿司屋の梅さんみたいな、ドジだけど一途な人を連想してしまいます(((^_^;)!


「松・竹・梅」は、うな丼の注文みたいですが(笑)中国では「歳寒三友(さいかんさんゆう)」といって友としてふさわしい3人を表すとか。「正直な人・忠実な人・多聞な人」!!


「松」は厳冬にも落葉せず、断崖絶壁にも良く根を張ることから忍耐強く、真心を尽くす人。「竹」は節を持った人。また隠し立ての無い正直な人。「梅」は厳冬に咲く事から、激しい状況でも笑顔を絶やさない人。


また梅の実は、やがて落ちて芽を出す事から「生命のしるし」とされているそうです。他にも高潔な美しさを君子にたとえた「四君子(しくんし)」(梅・菊・蘭・竹)、清楚な美しさの画材とされる「三清(さんせい)」(梅・竹・水仙)など…縁起物の画材として紅白梅がありますが、なるほど!!と思いました。


激しい状況でも笑顔を絶やさない人かぁ~出来るかわかりませんが『甲州小梅ちゃん大作戦』と名付けて、人生の最期に「大成功!!」とニンマリしたいものです( ̄ー ̄)




rohengram799 at 15:57コメント(14) 
記事検索