2013年09月

2013年09月30日

しらす雲便りNo.22:やさしさとして想い出として~9月の本棚

『淋しさは云わず絵手紙に秋のばら』(森たけ子・神奈川県)


水着のあとにドキッ!としちゃう(笑)微熱のような9月も今日で終わり…コンビニで買い物をしたらレジ横にクリスマス賞品のカタログが!明日から10月とはいえハロウィンも七五三もまだなのに、早すぎるよぉ~そんなに季節を先取りしたいのか?だったら一周まわってきたらいいのに(´д`)


さてさて…月末なので空のお城図書館に追加する作品のお知らせです(^_^;) 今月は「多生の縁」について考えたり、もう会えない人への想いが綴られた本も多かったような気がします。恋愛関係だけでなく家族について考えてみたり……。ハジメマシテ!の作家さんよりベテランで好きな作家さんの作品が多かったので、波長があうというのか、沁みこむというのか……より深く自分以外のダレカ・ナニカとのつながりを考えるきっかけになりました。


『センセイの鞄』にも涙がでましたが、『椿山課長の七日間』もよかったです。…人間は「ありがとう」を忘れたら生きる資格がないんだよ。…ハイ、忘れません(ノ_・,)


今回のタイトルですが、小説から漫画からそして皆さまから…たくさんやさしさをいただいたなぁ…としみじみしていたら、ふきのとうの♪やさしさとして~想い出として~が脳内に流れてきました(゜゜) 歌詞は「遠距離恋愛でフラれた女々しい男のつぶやき」みたいなんですが、このフレーズが大好きなので採用決定(゜o゜)\(-_-)


いつかワタクシのこのおまぬけブログが皆さまのやさしい想い出にかわったら……ウレシイ( 〃▽〃)来月もよろしくお願い致します!


続きを読む

rohengram799 at 21:00コメント(7)月刊・空のお城図書館 

2013年09月29日

しらす雲便りNo.21:センセイ…!

久しぶりに朝シャン(笑)をしたのはいいのですが…髪の毛が抜ける、抜ける~! どこからともなく米米クラブの『君がいるだけで』が聞こえてくるのですが♪たとえば髪があるだけで心が強くなれること 何より大切なことを気づかせてくれたね~と悲哀がイッパイな替え歌がアタマをぐるぐる回って困っています(´~`;)


昨日は駐車場のオジサンも「チクった」という言葉を使うことがわかり、お菓子のオバサンは出勤日数の件での担当者の態度に怒り(間違っていると電話したら‘そんなことない。アナタの勘違い’と断言されたとか…それはヒドイ!)……なんだか生身の人の言葉がガンガンやってきて、とても疲れた1日だったのですが『センセイの鞄』に癒されました(^_^;)


ひとり通いの居酒屋でアラフォーのツキコさんが隣あった殿方は、学生時代の国語の恩師だった!年の差があるふたりだけれど、お互い1人で酒を飲み、さかなの好みがよく似ている。 「女のくせに手酌ですか」としらかれても「古いですね」と口答え。センセイは「古くて結構毛だらけ」とつぶやきながらセンセイ自身も自分の茶碗いっぱいに酒を注いだりする(笑)たまにお出掛けして、ちょっとしたケンカもして……ふたりの間にゆっくりゆたかな季節がめぐる。図大人だからこそかえって中学生みたいな初々しいふたりの関係はどうなるのだろうと思っていましたが……なんともせつなくいとおしい物語でありました。
気になる方は読んで下さい(笑)表紙もシンプルでそんなに長くないのでおすすめです!


谷口ジローさんが漫画に描かれていたのは知っていましたが(読んでいない)ドラマや映画にもなっていたのですね。口数が少なく、飄々としたセンセイは誰を当てはめてもイマイチしっくりこなくて…ツキコさん的なイメージの女優さんはけっこういるかな~とは思いますが。「先生」でも「せんせい」でも「センセ~」でもなくちゃんと「センセイ」を自分の言葉として発することのできる人がいいなぁ。


でもね…コレは映像ではなく活字でこそ!の作品だと思いました。ラジオドラマまでは許せるかな…って偉そうですが、何気ない言葉のやりとりにたくさんの想いがつまっているので、大事にしてほしいくて…。


9月も明日で終わり、あと何冊読めるでしょう?





rohengram799 at 12:46コメント(9)空のお城図書館 

2013年09月28日

しらす雲便りNo.20:Hi-Hi-Hi o(^-^o)(o^-^)o

♪Hi-Hi-Hi 春になったら Hi-Hi-Hi……は、あおい輝彦さんの歌ですが(誰も知らなかったりして)夜風が半袖には冷たくて…春が待ち遠しい気分になってしまいました( ̄▽ ̄;)


皆さまは《月のねずみ》なる言葉をご存知でしょうか? 人が象に追われ、木の根を伝って井戸に隠れた。ところが4匹の毒蛇が噛みつこうとするし、また、黒白2匹のねずみが木の根をかじろうとする……。象を無常に、ねずみを日月に、毒蛇を四大(地・水・火・風)にたとえて、日月が刻々と過ぎ去ってを表す言葉らしいです。仏教の法話からみたいなので、インドのナンデスカ(´・ω・`)?な説話みたい……言葉はきれいなのに(-.-;)


ねずみと言えば、大人気テーマパークのねずみ王国!ではなくて、ネコまっしぐら!ですが←なにかおかしい(笑)南伸坊さんがネコになったつもりで俳句を詠んだ『ねこはい』という本があるそうですね。


「いちめんの
 ねこじゃらしなり
 われひとり」


「どろぼうと
 ののしるこえを
 おいぬいて」


全部‘ひらがな’なのものんびり気ままに歩いている感じがして好きです!右手にチューハイ、左手には『ねこはい』……そんな写真を誰か撮っていないのかなぁ~なんて思う私。


今宵はここまでに致したく……オヤスミナサイ(-_-)zzz





rohengram799 at 01:52コメント(7)トラックバック(0) 

2013年09月26日

しらす雲便りNo.19:塩とキャラメル

スーパーやコンビニにいくと秋の新作お菓子がたくさん~あんなに探した「さつまりこ」もたくさんるし、きのこ・たけのこもオトナ仕様になっているし~いい年してお菓子コーナーをウロウロしてしまいます(^ω^)塩キャラメル味のお菓子もたくさんありますね。新聞に二十歳の大学生のこんな投書欄がありました。


……当時、高校生で、流行していた塩キャラメルをテレビで見た私は、祖母に「塩キャラメル知ってる」と聞いた。「知ってるも何も、持っていたよ」と祖母。戦争中は登校時、緊急時にも塩分と糖分を取れるようにと親から塩とキャラメルを持たされていたという。……


戦争初期の頃なのか、多少余裕がある家庭だったのかわかりませんが……ノンキに塩キャラメル味のポテチを食べている己が恥ずかしく、今の暮らしが有り難いです。


ちょっと調べていたら《和生菓子特殊銘柄品(わなまがしとくしゅめいがらひん)》という言葉が……これは、昭和17年12月に京都府が指定した銘菓のこと。戦時中に物資統制され菓子の製造が難しくなった時に京都府が伝統菓子の保護のために選定したもので、18品目あるそうです。全品目制覇した方のブログがありましたので、森永ミルクキャラメルの歴史とあわせてお読み下さいませ。一番最初のエンゼルマークが……( ̄▽ ̄;)



《森永ミルクキャラメルの歴史》

http://www.morinaga.co.jp/caramel/history/index.html



《和菓子特殊銘柄品》

http://gourmetDB.exblog.jp/11290222/





rohengram799 at 23:05コメント(12) 

しらす雲便りNo.18:モクモク・モヤモヤ・モクヨウビ

台風はどこに行ったのか~朝から風は強いですが、雨はあがったようです。これから本格的な秋でしょうか?今月は読書ペースがイマイチなのですが(今は映画にもなった『椿山課長の七日間』を読んでいます)テレビで『るり姉』の椰月美智子さんを見て、自分の想像と違ってビックリ~ほわわんとした可愛らしい人だった(笑)もっと歳上でオバサンっぽい人かと思っていたので←なんて失礼人( ̄ω ̄;)新作の主人公は女子高生のまひるちゃん。彼氏は落語家を目指す亮司くん。


「落語ってさ、人間のやさしさとか愚かさとか醜さとか全部あるの。おれたちみんな、生きてて正解って思えるんだよ。」


いや~ん、こんな言葉が出てくるなら読みたいじゃないですか~!タイトルは『その青の、その先行の、』青は青春の青なのかな~その先はそれぞれの未来なのかな~などとかつての女子高生は想像をふくらませております(*^O^*)


ふくらませるものが、想像・妄想・風船ならまだ夢や希望があるのですが(笑)ワタクシはイライラ・モヤモヤをふくらませております(-_-#)例のナンパなおばさんはもう殿堂入りなので除外しますが、また給与明細・振り込みミスですよ~!以前、有休を勝手につけられたことがありましたが、今回は知らぬ間にお菓子のおばさんと勤務交換したことになっていました。その結果、私の出勤日数はプラス2日、お菓子のおばさんはマイナス2日で給与振り込みされてしまったのです~そしてその対処法として「オスカーさんからお菓子の人に2日分の給料(1万ちょっと)を渡して下さい(´ー`)ノ」……ナニ言ってンですか!税金とか微々たる金額だけど変わるんですけど。


「私が有休をとったことで処理して下さい」というと「いや、それもいろいろね…面倒くさくて…」バカヤロー(`Δ´)私が出勤したとされた2日間は今月アタマ、ちょうど旅行中。iPadが故障していた時期で(今は使用可)担当者があとから出退勤時刻を入力。作業報告書や手書きの出勤簿も提出しているのに、なぜ確認しない!?


手書き出勤簿は毎月コピーしているので「担当者の集計ミス」なのは明らか!仕方がないので、書類上はお菓子のおばさんが出勤したことにして、実働はワタクシ…という2日間を来シフトで組むことになりそうです。コレが一番面倒がないということで……。


二度あることは三度あると言いますが……三度目にはワタクシ、社長にもしもし( °∇^)]と直接お電話してしまうかもしれません!!


皆さまはうきうきo(^o^)o気分がモリモリ・モクモクの木曜日にして下さいませ(^o^)/





rohengram799 at 11:43コメント(5)空のお城図書館 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード