2014年07月

2014年07月27日

美雲便りNo.28:You Gotta Chance (o≧▽゜)o

また日付がかわってしまった……昨日は「ふろの日」で隅田川花火大会もありましたね! 今年は天気に恵まれたようでよかったです。


お風呂と花火大会から連想するものは……浴衣でしょうか? 今日は綺麗な藤色の浴衣のおねぇさんを見かけましたが、高浜虚子のこのオッサン目線の句にはククク(o^ O^)シ彡☆


『浴衣着て少女の乳房高からず』


まだまだ成長期なのですよ! あまりふくよかになってしまうと色気やらセクシーさを通り越して、ワタクシのように「ドスコイ!」になってしまいまいます(´;ω;`)


浴衣は、ユカタビラの略なんだそうで……昔の上流貴族は、風呂へ入るのに、マッパ( 〃▽〃)!と行儀の悪い事はせず、ユカタビラを着たまま入っていました。ユカタビラはヒトエの着物のこと。平安中期頃(鎌倉時代以前という記述と鎌倉時代と言い切っていているもの、鎌倉・室町時代というのもあるらしい)は、入浴とはいっても今のように湯につかるのではなく、蒸気を浴びるサウナのような蒸風呂。汗を吸い取るため、またヤケドをしないように麻の薄い単(ひとえ)を着用。本来白っぽい麻地のものに限られていたようです。
安土桃山時代頃から湯上りに着て、肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるように。


浴衣が庶民の間に広がったのは、風呂屋が普及した江戸後期。この頃は風呂には裸で入るようになっていました。はじめは湯上りの汗をふき取るために、今のバスローブのように風呂屋の2階などで着ていたものが、次第にそのまま着て外へ出るように……ワンマイルウェアかしら(*´∀`)♪ 生地も木綿に変わり、華やかなデザインになって、町民の間で盆踊りや花見などに揃いのゆかたで出かけることが流行! 歌舞伎役者が舞台で着た衣装を庶民が真似る(いつの時代も変わらないファン心理)などしたことにより、ゆかた文化がドーン!と大きな打ち上げ花火のように花開いたワケですね。


今回のタイトル『You Gotta Chance』は吉川晃司さんの♪You Gotta Chance ~ダンスで夏を抱きしめて~からなんですが(古いなぁ)ユーガッタチャンス→夕方がチャンス→ユカタがチャンス! 夕方からのお祭り、いつもと違う浴衣姿に恋が芽生えるかも?と、脳内で初々しい中学生カップルが出来上がってしまったので( ̄▽ ̄;)……ダンスはもちろん「盆ダンス」です!!





rohengram799 at 01:10コメント(6) 

2014年07月25日

美雲便りNo.27:メグル

休みの日、ぼーっとしていたらテレビから『お盆玉』という言葉が……苔玉みたいに盆栽関連の何かと思っていたら、お年玉のお盆バージョンなんですね。江戸時代に東北で奉公人に衣類やゲタを渡した習慣が由来とされていて、日本郵便では、全国の郵便局で専用のポチ袋「お盆玉袋」を売り出したとか。「お盆玉」の名称は紙製品製造販売のマルアイ(山梨県)が商標登録しているときいて「甲州商人だわ」と思いました。


以前『孫の力』という雑誌の新聞広告に「孫を幸せにするお金の使い方大研究」ってありましたが、少子化だからって子どもを甘やかしすぎな気もします。スーパーなどでもこのポチ袋を見たら「これなぁに?」「お年玉みたいにお金がもらえるの?」となりそう……経済力のある祖父母や親戚ばかりではないのだよ~冬休み明けの「いくらお年玉もらった?」会話が夏休み明けにも「お盆玉いくらもらった?」と子どもたちの間で交わされるようになるのかしら(;´д`)


孫どころか結婚するのかもわからない息子ふたりがいるワタクシ、今日は乾ルカさんの『メグル』という連作短編集を読んでいます。アルバイトを探していると「あなたはこれよ。断らないでね」と奇妙な迫力を持つ大学学生部の女性職員から半ば強要され、仕方なく指定されたアルバイト先にいくことになる大学生たち。その内容はさまざま。「ヒカレル」「モドル」「アタエル」「タベル」「メグル」の5つの物語。今は「アタエル」なんですが、これはやっぱり取り消すわ、というバイトを無理矢理やらせて下さい!と言った男子学生の話。犬の餌やり、1日1回1万円(交通費込み)を2週間、コレはラクだ!! ウハウハでそのお金持ちのお宅に行くのですが……やっぱり「ウマイ話にはお気をつけ下さい」な展開になりそう( ̄ヘ ̄)


「巡る」と「廻る」は何が違うのかしらと思って検索したのですが、前者は順に回る。用途:「名所を巡る」「彼を巡るうわさ」など。後者は回って戻る。「池の周りを廻る」「季節が廻る」など…とありました。でも千春ちゃんとか♪めぐる~めぐる季節の中で~とか歌っていたよね……とツッコミを入れてしまうワタクシ( ̄▽ ̄;)なんとなく気分的なものかしら……意味はさほど違いはないようですし。


『メグル』で調べていたら【曲水の宴(きょくすいのえん)】というモノが出てきました! 昔、宮中や貴族の屋敷で陰暦3月3日に行われた年中行事のひとつ。庭園の曲水に沿って参会者が座り、上流から流される杯が自分の前を通り過ぎないうちに詩歌をよみ、杯を手に取って酒を飲んでから杯を次へ流すという遊びで、もとは中国で行われたものだそうです。曲宴。曲水(めぐりみず)の豊(とよ)の明かり。「ごくすいのえん」とも。しかし、コレはかなりの知識・教養がいりますね。流しそうめんだったらどうなる(´・ω・`)?なんてアホなことを考えてしまいましたが、こんなに知的生活を楽しんでいた時代もあった中国の今のモラルの無さは嘆かわしいばかりですね。



明日もキビシイ暑さになりそうです。皆さま、お身体に気をつけて楽しい週末にして下さい。佳き出来事がめぐりますように、また諭吉くんたちも巡りめぐって皆さまのおサイフに戻って来ますように(*^^*)






rohengram799 at 22:31コメント(14) 

2014年07月24日

美雲便りNo.26:かっぱいて河童忌

『年毎の二十四日のあつさ哉』(菊池寛)


この「二十四日」は芥川龍之介の命日ですね。大暑の頃になぜ……(~_~;)彼は明治25年3月1日、東京・京橋入船町で生れました。辰年辰の月、辰の日、辰の刻に生れたので「龍之介」と命名。3月ならば子丑寅……で、寅之介になりそうですが、漢時代に正月は寅の月と定められていて、以下、2月は卯、3月は辰の月……日本の暦はそれを踏襲したもので、龍之介が生れた明治半ばにはまだ旧暦が日常だったのですね。芥川寅之助だったらまた彼の人生はかわっていたのでしょうか?


前の記事にもラブリーなうさぎさんの句を載せましたが、彼の俳号は「我鬼」。「餓鬼」なのか、それとも俳句では「まだまだガキなんです」なのか、由来は不明。でも『青蛙おのれもペンキぬりたてか』『蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな』とかあの風貌からはちょっと想像できないオチャメな感じがしますわ。


芥川龍之介の忌日は『河童忌』といいますが、ワタクシが仕事でたまに使う水切りの道具を「かっぱぎ」というらしいのです……私は最初聞き間違いなのかしら(´・ω・`)?と思っていましたが「水をかっぱいといて」と何回か言われたりして……でも商品名は「水切りワイパー」とかあるし………で長年ウヤムヤにしていた疑問を調べてみました!


どうも茨城や埼玉の方言で「掻き剥ぐ」という意味で「かっぱぐ」「かっぱぎ」という言葉があるらしい。そう言えば「かっぱいといて」というのは埼玉出身の人だわ( ̄0 ̄;そこに由来して麻雀やギャンブルの世界で、大勝することを「カッパギ」「かっぱぐ」と言われるようになったのだとか。場のお金をガッツリ!かき集めるイメージ? これが水をかき集めてキレイにする意味にも使われるようになったのでは?ということです。



さてさて、久々にダンナと映画を観てきました!桜坂洋のSFライトノベル『All You Need Is Kill』を、トム・クルーズ主演でハリウッド実写化したというヤツです(^.^)
主人公のケイジ少佐はある日、決死の任務に就くことになりますが(本当はイヤ!)本格的な戦闘が始まる前に、あっけなく戦死。しかし、死んだはずの彼が意識を取り戻すと、周囲の時間は戦闘が始まる以前に戻っている…不可解なタイムループから抜け出せない彼は、特殊部隊の女性兵士リタとともに戦い(彼女も同じ経験をしていた)死を何度も繰り返しながら、次第に戦闘技術を磨きあげやがて敵を倒す糸口をつかむのですが、さぁどうなる(O.O;)(oo;)……というお話。中だるみはありましたが、なかなかよかった!! ダンナは「85点」だそうです。原作とはかなり違うところもあるようですが、私はアニメで見た方がもっと楽しめるかも~と思いました(≧∇≦)
ちなみに観客は私たち以外はふたり~座席指定ですが、移動してもよかったな( ̄▽ ̄;)






rohengram799 at 23:37コメント(6)映画 

2014年07月23日

美雲便りNo.25:大暑お見舞い申し上げます(;´д`)ゞ!

暑い……言っても涼しくはならないけど、どうしても言ってしまう………暑い(;´д`)


今日は「大暑」ですね。この時期は夏バテ防止のためにうなぎ・天ぷら・焼き肉を食べると言いそうですが(タンパク質を取らないと、食欲が落ちて疲労がたまり食欲が落ちて、更にビタミン・ミネラルが不足すると乳酸がたまり、ますます疲労感が)あんまり食べたくないなぁ……だからと言って夏痩せもしないのですが(-""-;)


『兎も片耳垂るる大暑かな』


芥川龍之介サンの一句に触発されたワケではありませんが、北森鴻さんの『うさぎ幻化行』を買いました。突然この世を去ってしまった、義兄・最上圭一。優秀な音響技術者だった彼は「うさぎ」と呼んで可愛がっていたリツ子に不思議な“音のメッセージ゙”を遺していました。環境庁が選定した、日本の音風景百選を録音したものらしいけれど、なんか違和感が……。耳が遠くなったなぁと感じることが多くなった私ですが、文章の音は聞き分けられる……かも……しれない(~O~;)


ウサギを自宅で飼ったことも、学校で飼育したこともないので、ウサギについてちょっと調べてみることにしました。 なんと!ウサギの唾液には、衛生状態を保つ成分が含まれているそうな……だから顔を前脚で覆うようになでていたり、耳をなででる仕草は、前脚にあらかじめ付着させておいた自分らの唾液を(なんかすでにイヤ)目的の部位全体に行き渡らせるためなんですとぉ~ただのカワイイしぐさではなかったのね(´;ω;`) ねじりハチマキで両手にツバをペッ!としているオッサンを連想してしまいました! また平均体温は38~40℃とかなり高温までが正常範囲で、39℃台の体温を正常と判断しなくてはいけないとは……人間だったらすぐ座薬!になりそうなのに( ̄▽ ̄;)


そうそう、思い出しましたっ!! 「東京ディズニーランドは最初、我孫子の手賀沼に建設予定だった」って本屋のPOPにありました。手賀沼にミッキーマウス……♪ドブネズミみたいに美しくなりたい~ ああっ、いけない、いけないo(T△T=T△T)o 我孫子にテーマパークがあったら千葉の都市部発展はどうなっていたんでしょうねぇ…?


今日はあまりの暑さに妄想がビョンピョンあちこち飛び回りませんでした ̄(=∵=) ̄……………皆さまもお身体に気をつけて下さいね。






rohengram799 at 16:57コメント(16)空のお城図書館 

2014年07月22日

美雲便りNo.24:つゆのあとさき

ヒョロヒョロくんから有川浩さんの『レインツリーの国』を手渡された今日(もう私は読んでいたのですが)関東甲信越も梅雨明けしました! 昨晩のヒンヤリ感がウソみたいに太陽ギラギラです(;´д`)ゞ!


「梅雨」や「梅雨明け」と聞くと、さだまさしさんの『ほおずき』や『つゆのあとさき』を思い出すフォーク世代のおやぢなワタクシ、特に『つゆのあとさき』は季節がいまいちわかりにくい歌詞なのですが(´-ω-`)このフレーズが好きでよく口ずさんでしまいます。


♪梅雨のあとさきの トパーズ色の風は 遠ざかる 君のあとを かけぬける……



トパーズ色の風……宝石の色を風にもってくるとは、さすがさださんです(^O^) 石井研堂『明治事物起原』(橋南堂、1908年(明治41年)1月)によると、日本では西洋の鉱石学が伝わるまで「黄玉(トパーズ)と水晶を区別するすべを知らなかった」そうです。高木勘兵衛さんはトパーズで財をなし、「トパズ勘兵衛」と呼ばれたそうな←Wikipediaでここを読んでちょっと笑ってしまった(´∇`)。 この『明治事物起原』なるものにはいろんな起源がこと細かく書いてあるらしいのですが、パソコンで印刷しないと内容がわからないみたいです……私が気になったのは《丸ぽちや婦人を貴む始/52p》なんですが……52pもプリントアウトしてくれるような知り合いはいないので残念( ´△`)


黄色い風というと《黄雀風(こうじゃくふう)》があります。陰暦五月に吹く東南の風。この風の吹く頃に「海魚が黄雀に変ずる」という俗説が中国にあるそうです。黄雀はスズメのこと。最初、トパーズは宝石なので豪華なイメージから黄雀はカナリアかと思ってしまいましたわ。金糸雀で字が違うのに…イヤだわ(~_~;)


さてさて、タイトルにもした『つゆのあとさき』、銀座のカフェーを舞台に、たくましく生きる女給の主人公と軽薄な男たちの様子を描いた永井荷風(おや、ここにも風が!)の小説もありました。歌詞の状況がわかりにくいさだまさしさんの歌はコレに影響されている部分があるのか?読んだことがないのでわかりませんが(・_・; この歌について考察(?)したブログ記事がありましたので、お読み下さいませ。最後に『つゆのあとさき』歌詞があります。


http://ongakukan.music.coocan.jp/musicstudio/4-ta/mtsuyunoatosaki.html



風の名前には「あいの風」というのもあって、こちらは春から夏にかけて吹く、北東から南東までの風のことです。地域によって風向が異なりますが、福井から新潟までは東の風で「あゆの風」とも。暑い毎日が続くと思いますが、心の中はいつも爽やかな『風を感じて』(by浜田省吾)いたいですね。


♪自由に生きてく方法なんて100通りだってあるさ
It's so easy,easy to be free



どうぞステキな1日を(・∀・)ノ






rohengram799 at 14:22コメント(10)さだまさし 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード