2017年12月

2017年12月28日

暮歳雲便りNo.25:良いお年を♪(o・ω・)ノ))

新聞書評で『書物の宮殿』という本を知りました。

http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20171211-OYT8T50051.html


「読むこととは、書くこと以上にとはいわないまでも、少なくとも同じくらい、私生活としてのふるまいである。ある本と、いわば二人だけになれる。そして別のだれかによって書かれたページのうちに、自分の姿を見出したりする。われわれ自身の人生は、無秩序さゆえに、自分ではよくわかっていないものだけれど、突然、それが理解できたような気になれる。ひとつのフィクションが、われわれ自身について、現実よりもたくさんのことを教えてくれるのである」




ある本と、いわば二人だけになれる・・・なんてステキな言葉なんでしょう~全くその通りですね。二人だけの世界! でもたくさんの人や物が存在する世界! この世界を楽しみながら、毎日暮らしていきたいですわ。




さてさて、今日が仕事納めの方も多いと思いますが、私も年内の更新はこの記事で最後にしたいと思います。書きたいことはあってもうまくまとまらないし、仕事もプチプチですがトラブル続きで・・・冬休みをいただきます。


一年間、お付き合いいただき、本当にありがとうございました。年が明けてちょっと落ち着いたら再開したいと思いますので、またどうぞよろしくお願いいたします。個別にご挨拶に伺えず申し訳ありませんm(__)m



皆さま、お身体に気をつけて良いお年を!♪(o・ω・)ノ))





rohengram799 at 12:30|PermalinkComments(9)

2017年12月26日

暮歳雲便りNo.24:女人と煙草

『羽州ぼろ鳶組 九紋龍』を読み終わりました。今回も時代小説に欠かせない人情やお家の事情やら盛りだくさんでありましたが、うまくまとまっていたなと思います。

http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396343750



作品中に「女天下」という言葉が出てきました。韓国ドラマにこんなタイトルがあるようですが、見たことはないです。「女正月」は前にも書きましたが1月15日のことで、この日で正月のすべての行事が終了。この日は、女性たちが暮れのおせち料理作りから年始客の接待など、何かと忙しかった正月の疲れをとるための休息日。「女天下」はいつでもOKの「愛妻家の日」的な感じで書かれていました。殿方たちの慌てぶりというか「お宅もですか?」みたいな雰囲気が笑えました。古典落語の演目にもある言葉なんですね。


【女天下】

http://sakamitisanpo.g.dgdg.jp/onnatenka.html



あと、きざみ煙草についてもいろんな産地があったんだ~と。「甲州の生坂」はじめて聞きました。地名では長野県にあるんですよね。コチラも落語に。


【煙草好き】

https://www.jti.co.jp/tobacco/knowledge/society/rakugo2/01.html




どちらもスマホでは拡大しないと読みにくいので、あとでゆっくり読みたいと思います。


ぼろ鳶の源吾の奧さまは現在妊娠中なので「タバコはやめなさいよ~」と産地にフムフムしながらも、禁煙をすすめたくなりました(笑)





rohengram799 at 15:51|PermalinkComments(4)空のお城図書館 | 落語

2017年12月25日

暮歳雲便りNo.23:昭和天皇物語

メリークリスマス🎄


来週はもう新年ですね。なんだか慌ただしくて全く落ち着きません。


23日は天皇誕生日でしたが「橋寿(はしじゅ)のお祝い」という言葉を見つけて、なんだ? こんなのってあったっけ?と思いました。92歳、94歳も語呂合わせで「国寿(こくじゅ)」「櫛寿(くしじゅ)」というようです。なんだかなぁ・・・商売繁盛!な業界の思惑が見えてイマイチおめでたさがないような(゚~゚)




『月下の棋士』などの作品がある能條さんの画が好きなので『昭和天皇物語』を買って読んでいます。当たり前ですが、はじめからあのお姿だったわけではなく、子ども時代があったわけで・・・いろいろ興味深いです。


https://ameblo.jp/djdjgira/entry-12284102091.html




前の記事にコメントありがとうございました。お返事は明日になります。ごめんなさいm(__)m




rohengram799 at 08:08|PermalinkComments(4)空のお城図書館 

2017年12月24日

暮歳雲便りNo.22:オランダへようこそ!

もう学校は冬休みなんですね~うらやましい! 私は昨日の退勤間際にようやくシフトを手に入れましたわ。大晦日は休みをもらえたけれど、元旦と2日は出勤。来年、箱根駅伝の復路中継だけは見られる、ということですな。まぁ、ヨシとしますかねぇ・・・。


天皇陛下に退位に伴い、10連休とか話が出ていますが「みんなが休めると思うなよ!」ですわ。子どもたちは嬉しいかもしれないけれど。私だったらもう学校には行きたくなくなるなぁ。



年末年始、連ドラの最終回が続きますね。今夜はダンナさんが見ている『陸王』が最終回。コチラは小説が原作ですが、マンガが連載中の『コウノドリ』も最終回でした。マンガと違うのは当たり前なんだけど、その中で【オランダへようこそ】という詩が出てきました。ドラマオリジナルなのかな、と思っていましたが、検索したらいくつも出てきました。


http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Mirai/9569/holland.html


『コウノドリ』を見ていると、いろんなことを考えます。赤ちゃんの存在って本当に大きいですね。子どもたちだけでなく、どの世代も安心、安全に暮らせる社会であって欲しいです。





作家の葉室麟(はむろ・りん)さんが66歳で鬼籍の人に・・・ウソでしょ?と思っだけれど、本当だった。好きな作家さんのひとりなのに。作品は残るけれど、新しい作品を読むことが出来ないのが残念。ご本人もたくさん書きたいことがあったのではないかと。合掌。




2017年12月22日

暮歳雲便りNo.21:下山千歳白菜

今日は冬至ですね。明日から本当に少しずつ日が長くなるのかと思うと、なんだか不思議な気持ちですわ。


冬至といえばカボチャですが「下山千歳白菜」という、巨大カボチャならぬ巨大ハクサイの存在を知りました。


http://blog.goo.ne.jp/kinomian/e/281405e14996a6d169facc3cd507e722



これだけ大きかったら鍋に入れ放題な気がしますが、生産者の努力に脱帽です。




さてさて、仕事の方ですがまだ26日以降のシフトがわかりません。う~ん、年末年始はどうなるのだ?で落ち着かない・・・ので、またちょっと更新ペースが遅くなるかもしれません。皆さまは楽しい週末をお過ごし下さいませ♪(o・ω・)ノ))




rohengram799 at 09:43|PermalinkComments(4)
記事検索