2020年09月

2020年09月09日

涼秋雲便りNo.4:ゆうえき

「誘掖」……読めない、意味がわからない言葉がまた出て来てしまった……日本語、複雑過ぎる〜! 今はスマホですぐに調べることが出来るし、記事にして保存も出来るので有り難い(笑)



読み方は「ゆうえき」。「誘」は前にいて導く、「掖」はそばから助ける…で、 みちびき助けること、補佐すること、という意味。教育関係の方々が好んで使われている印象があります。

夜に手がついて、誘う、までプラスされているので、桃色吐息💓😍💓や妖しいネオン街のイメージだったのに全く違いましたわ。

ゆうえき、と打ち込むと予測変換で出てくる漢字は「有益」なんですよね〜やっぱり。他の漢字は考えつかない!




コチラは月の夜……腋(わき)の短歌です。


ほの暗き腋は植物にもありて葉腋に咲く金木犀の香


梅内美華子さんの歌集『真珠層』から。(*)




植物の腋は「葉腋(ようえき)」のこと。植物において葉と葉のついている茎とのまたになった部分をいう。 つまり、葉の付け根にあたる。 通常、枝はこの部分に生じた芽(腋芽)が伸長してできている。



↑ こういう文章も「脇目も振らずに腋芽が伸びる」とか考えるネタになってしまう(ーー;) キンモクセイもトイレの芳香剤のイメージが定着していましたが、今はいろんな香りが出ているのでこの考えも薄れてきた気がします。



(*)https://sunagoya.com/tanka/?p=15444


rohengram799 at 15:15|PermalinkComments(6)

2020年09月08日

涼秋雲便りNo.3:前へ……!

のび盛り生意気盛り花盛り、老い盛りとぞ言わせたきもの


築地正子(*)の短歌です。吉田兼好は『徒然草』に


花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。雨に向かひて月を恋ひ、垂れ籠めて春の行方知らぬも、なほあはれに情け深し。咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころ多けれ。


と書いていましたけれど、気持ち的にはやはりいつでも「花盛りの森」なのがいいような(笑)




さてさて……「漸進」という言葉を知りました。斬新(ざんしん)ではなく漸進(ぜんしん)。前進とはなにが違うのか(´・ω・`)? 調べてみますと



【前進】①前へ進むこと。②物事がよいほうへ動くこと。

【漸進】①順を追ってだんだんに進むこと。②少しずつ進歩すること。
 


「前進」の対義語は「後退」で「漸進」の対義語は「急進」。 全身に救心……と思った私の頭は花盛りの森 ( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ )






選ばるる矜りと選ばれざる矜り 胸に問ひゆく一生と知れよ





(*)
築地 正子(ついじ まさこ、1920年(大正9年)1月1日 − 2006年(平成18年)1月27日、享年86歳)は、日本の歌人。本名は築地 正(ついじ まさ)。


rohengram799 at 10:50|PermalinkComments(2)

2020年09月07日

涼秋雲便りNo.2:8月の本棚 📚

6月、7月は本を読むことがなく……「鬼滅の刃」の二次創作を読みまくる日々でした(^o^;) 8月も長い小説読む気にならず……読書メーターにも感想なしで読んだ本の登録のみだったので、久しぶりにアッサリした空のお城図書館です📚





【漫画】
「あせとせっけん」(8) (モーニングコミックス)
著者:山田金鉄

「幼女戦記」(19) (角川コミックス・エース)
著者:東條 チカ

「鬼滅の刃 」(21) (ジャンプコミックス)
著者:吾峠呼世晴


「ここは今から倫理です。」 3巻・4巻 (ヤングジャンプコミックス)
著者:雨瀬シオリ
*ドラマ化の話は進んでいるのだろうか?


「100日後に死ぬワニ 」(ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
著者:きくち ゆうき
*ダンナさんが買ってきた!


【ノベライズ】
「鬼滅の刃 風の道しるべ 」(ジャンプジェイブックス)
著者:吾峠呼世晴,矢島綾



【ショートショート】
「彦星とランプの精」
「あの場所へ」*
「生誕祭の憂鬱生誕祭の憂鬱」
著者:ヒデキング

*noteで読めます。https://note.com/hideking225/n/n86a31ada07f2 



「百日紅」 著者:保月
*pixivで読めます。
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10887520



【雑誌】
「歴史群像」 2020年8月号



【期間限定無料 漫画】
藤子・F・不二雄SF短編<PERFECT版>(1)ミノ
タウロスの皿藤
著者:藤子・F・不二雄



【Kindle 無料漫画】
「最高の薬」
「サンタクロース」
「神のひまつぶし」
「言霊 」
「悪魔の勘違い」
著者:谷口そら


「月刊版アニワル」1〜 3
著者:コハラモトシ

*pixivで他の作品も読めます
https://www.pixiv.net/artworks/84036891



【Kindle無料版 (青空文庫)】
骨のうたう(原型)
著者:竹内 浩三

*親月雲便りNo.12
http://rohengram799.livedoor.blog/archives/50834930.html



2020年09月05日

涼秋雲便りNo.1:秋風や……

9月最初の週末はコロナに加えて地震に台風…皆さま、どのようにお過ごしでしょうか? 備えあれば憂いなし! なかなか十分に備えられませんが。


テレビで「特別な夏です」「特別な夏になりました」と繰り返されるたびに、桜田淳子ちゃんのこの歌が浮かんだ私です。コロナや災害には愛されたくないですが。


【十七の夏】
https://sp.uta-net.com/movie/2507/



コチラは前に見つけた椅子の記事。座り心地のいい椅子が欲しい💺

【三本脚の椅子】
http://www.atelier-m4.com/blog/maeda-jyunichi/2008/11/post-18.html





秋風や生きてあひ見る汝と我     


正岡子規の俳句ですが、今年は酷暑をのりこえて来たという感慨が……。まだまだ残暑は厳しいと思いますが、旧暦9月の異名に「涼秋(りょうしゅう)」というのがあって、実り豊かな穏やかな秋を願って今月のお便りに使わせていただきました。

またどうぞよろしくお願いいたします♪(o・ω・)ノ))


rohengram799 at 13:55|PermalinkComments(6)
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ