2021年01月

2021年01月31日

初空雲便りNo.27:謎の記念碑

先日、地名の話を書きましたが「二鹿(ふたしか)」という地名が山口に……平安時代に京都比叡山に2つの頭を持つ凶暴な鹿がいて、梅津中将清景がこの地で討ち取ったことが由来なんだそうです。白い鹿は神さまのお使いですが、双頭の鹿とは〜討ち取るには相当苦労したでしょうなぁ、不確かな情報しかなかっただろうし……と親父ギャグ的なことを考えてしまいました ヾ(@゜▽゜@)ノ


*****


今日はそろそろ賞味期限の迫ってきたカップ麺を食べなくてはいけません🍴 日清のカップヌードルが注目された浅間山荘事件。「治安の碑」があることを知りませんでした。

http://kazeno.info/karuizawa/6-minani/6-minani-1-10.htm


コチラは上野にあるなんじゃこりゃ?と思ってしまう記念碑。上野公園には何回か行っているけれど、近くにこんな記念碑が……メガネ👓が顔の一部なワタクシ、一度は行きたい場所です(笑)

https://creators.yahoo.co.jp/matsuzawashigenobu/0300077194


*****


年が明けてあっという間に1ヶ月。今月もご訪問&コメント、ありがとうございました。またよろしければ来月もお付き合い下さいませ (*´・ω・`)ノ



rohengram799 at 10:35コメント(4)アート・博物館・美術館 

2021年01月30日

初空雲便りNo.26:空熊

昨日、今日といいお天気☀️ ただスゴく乾燥しています。暖房器具はコタツのみの我が家ですが、濡れタオルを干しておくと半日ちょっとで乾いているような……。 花粉症の薬(市販薬)とのど飴も欠かせなくなってきました。


*****


♪その船を漕いで行け お前の手で漕いで行け
おまえが消えて喜ぶ者におまえのオールをまかせるな


これは中島みゆきさんの作った『宙船』ですけど、石川県には「空熊」という地名があるのですね。そらくま……なんてメルヘンな地名なんでしょうか(ノ≧▽≦)ノ 由来を知りたいところです〜最近発売された『石川のトリセツ』(*)という本を読めば「謎はすべて解けた!」(コナン風に)となるのでしょうか? 空熊神社にはクマのプーさんたちにいて欲しいような(笑)


【空熊神社】
https://www.ishikawa-jinjacho.or.jp/shrine/j1579/



こちらは静岡県の不思議な地名をまとめた記事です。

http://daturyoku.webcrow.jp/sizu/sonota1/timei.html


「熊」の地名が! 熊小学校! めだかの学校ならぬクマの学校〜絵本の世界🐻 日本の地名で一番多い動物は「鹿」だと聞いたような記憶がありますが「熊」も多分たくさんありますよね。鹿児島、熊本……九州にも動物の地名は多いのか、気になってきました(笑)

昨日は満月でしたけど「月」の地名は綺麗でいいなと思います。「月」に住む殿方と「女神」に住む美女に出逢って欲しいわぁ←妄想が止まらない!


*****


明後日はもう2月ですね。早い! とにかく1日も早いコロナ収束を願います。どうぞ皆さま、お身体に気をつけてあたたかくしてお過ごし下さいませ(*・ω・)ノ



(*)http://kanazawadays.com/archives/34191283.html



rohengram799 at 09:30コメント(4) 

2021年01月29日

初空雲便りNo.25: ふるふる

最近は寒くなくても5時過ぎに目覚めます……ガチャガチャうるさいことは出来ないので、ぬぼーとしてダンナさんが起きるのを待っている朝が多いです……近くにモーニングをやっている喫茶店とかあったなら、いそいそとお出掛け……とかムリだろうな(笑) 今朝もフルグラ(シリアル)を食べました🍴



昨晩から西條奈加さんの『六花落々』を読み始めました。

六花落々 (祥伝社文庫) >> https://bookmeter.com/books/12364570


別の作者の『雪の殿様』(*)を読んだ時にコメントで教えていただいたのが2015年、文庫になるのを待ち購入してからも3年くらい経過している気がします……だいぶ寝かせました(笑)


第1話 六花邂逅(りっかかいこう)
第2話 おらんだ正月
第3話 だるま大黒
第4話 はぐれかすがい
第5話 びいどろの青
第6話 雪の華
最終話 白炎(びゃくえん)


まだ「おらんだ正月」ですが、明日には読み終わるかなぁ〜季節にあった本を読むのは楽しい❄️ あ、テーブルの上には買ったばかりの『私の頭が正常であったなら』(山白朝子)というタイトルの文庫が目に入ってきた……(;´∀`)

https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000179/



こちらはネットで見つけた「雨」の方言の記事です。かなり刺激的?な表現もありますが、それは豊かな想像力の賜物、ということで〜!

http://www.sam.hi-ho.ne.jp/~shuno/speech/020721.htm



皆さまには素敵な出来事がたくさん「ふるふる」金曜日でありますように♪(o・ω・)ノ))




(*)雪の殿様 (招き猫文庫) >> https://bookmeter.com/books/9905905

http://blog.livedoor.jp/rohengram799/archives/50758043.html




rohengram799 at 08:30コメント(6) 

2021年01月26日

初空雲便りNo.24:エモい「うごかし屋」さん

芳崎せいむさんの漫画『うごかし屋』1巻の期間限定無料版を見つけたので読んでみました。


うごかし屋 1 (ビッグコミックス) >> https://bookmeter.com/books/558538



「うごかし屋」は引っ越し屋さん。主人公は元銀行員の二代目。読書好きでいつも文庫本を手にしています。動かすのは引っ越し荷物だけではなく、その人の気持ちも……な物語。


物語の最初に出てくるのは夏目漱石の『草枕』。次は井伏鱒二の『山椒魚』。そして『ギーターンジャリ』(*)『人にはどれほどの土地がいるか』(**)志ん生の『 古典落語』(「風呂敷」)『O・ヘンリ短編集』(物語よりも作者の波乱の人生について)『大宰治全集』など。


太宰治の『駆込み訴え』と『善蔵を思う』は青空文庫にありました。YouTubeには朗読動画も。


落語「風呂敷」のあらすじはコチラ。
https://senjiyose.com/archives/1629



芳崎せいむさんて『鞄図書館』(あらゆる書物を所蔵するという、幻の鞄図書館。司書と鞄の2人が世界を巡り、出会った人々と繰り広げる)『金魚屋古書店』とか本や漫画にまつわるシリーズを描いているので、ご本人もきっと本が好きなんだろうなぁ。『うごかし屋』は4巻で完結しているので揃えてもいいかな、と思っています。


鞄図書館<1> >> https://bookmeter.com/books/574052

金魚屋古書店 (1) (IKKI COMICS) >> https://bookmeter.com/books/554378



(*)https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b248282.html

(**)トルストイの民話集に収録されているようです。絵本もありました。
https://www.ehonnavi.net/sp/sp_ehon00.asp?no=19803&spf=1


rohengram799 at 10:20コメント(2)空のお城図書館落語 

2021年01月25日

初空雲便りNo.23:羽織と時計

おはようございます。昨日は雪ではなく雨でした。今日は晴れるようでホッとしています。


少し前の話になりますが、16日の大学入学共通テストで鼻をマスクで覆わずに失格になった受験生の男、年齢が49歳とわかってビックリしましたねぇ…… 半世紀近く生きてきてなんでこんな嫌がらせとしか思えない行動をしたのか……同じ試験会場にいた受験生の皆さんが本当にお気の毒です。最終的にはトイレに籠城して逮捕……もうこんな輩が出現しませんように。


*****


今回、国語の問題文に使われた『羽織と時計』という作品、青空文庫で読めないかと思いましたがこの作品はなかった。講談社文芸文庫に収められているようですが、このシリーズ、薄いけど高いので他に気になるのもあるけれど買えない……(´Д`)


https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000169071



「羽織と時計」で検索していたら「震災直後の大正天皇の詔書(しょうしょ:天皇が発する公文書)と時刻の時計を羽織の裏にデザインしたもの」がありました Σ(゚∀゚)

http://www.kodokei.com/ot_019_7.html


*****


最近はスマホが時計がわりになって、腕時計もしなくなりましたし、街中に大きな時計も少なくなったような……最寄り駅近くにある時計なんてしょっちゅう止まっているし、遅れていたり……で役目を果たしていないと思われます( ̄ヘ ̄) どこが管理してるんだろ?



ではでは皆さま、今週もご安全に! ♪(o・ω・)ノ))



rohengram799 at 07:05コメント(4)アート・博物館・美術館 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード