2010年05月31日

第104号:チューインガムをふくらます 時間のねじを巻きながら

ねじをまく
ねじをまく
ゆめがとぎれないように…



まどみちおさんの「いびき」という詩ではじまりました(実はうろ覚え~!)今回の話は、6月1日の記念日のひとつ、『ねじの日』についてです♪


「ねじの日」は、昭和24年6月1日に工業標準化法が制定され、新しくJISの制定が実施されるようになったことを記念した日!同時に、業界におけるねじ製品の社会的責任と義務についての認識を深め、一般社会に対しても広く基礎部品としての貢献度をPRすることを目的に、東京鋲螺(なんて読むの!?)協同組合が提唱したらしいです。これを受けて、昭和51年にねじ商工連盟が制定。


東京鋲螺協同組合は、墨田区押上にあります。下町ですね~『こち亀』に出てきたような氣もするなぁ~。あと、事業仕分けされたかどうかわかりませんが(笑)、社団法人日本ねじ工業協会では、ねじの日を記念して《ねじキティ根付け》を販売しているみたいです!!

詳しくはこちらへ~♪


http://www.fij.or.jp/
br />



ねじに関する豆知識とか、お役所からのお知らせとかもありますよ~ふだん、そんなページは見ないから、なんか新鮮です(^.^)



あと、もうひとつ氣になった、チューインガムの日!!


由来とかは、日本チューインガム協会で調べてもらって(((^_^;)……タカラトミーから『ガムレター』なるおもちゃ?が発売されるそうです。


言葉が刻印されたプレートとガム(市販の板ガム)を本体にセットして、ハンドルを回すとメッセージ入りガムができます。きっとテレビとかで取り上げるのでは?と思いますけど、本体はガムケースとして使えます。プレートは3タイプあって、刻印できるメッセージが違います。「リラックス」とか「ファイト」「よろしくね」のほか「ごめんね」もあるそうです。値段は945円。ただ、私が?なのは、このガムを人に渡す時は、また包み直すのか!?という点です( ̄▽ ̄;)



そう言えば~昔《食べられる紙》ってありませんでしたか? 半紙みたいなのに、字か絵が描いてあって、まぁ美味しくはなかったです(+_+)



《日本チューインガム協会》

http://www.chewing-gum.org/gumday/index.html




rohengram799 at 00:20コメント(0)まど・みちお  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード