2010年06月27日

第156号:社会を明るくする運動

最近、駅に《社会を明るくする運動》と書かれたポスターを見ることが多いな、と思ったら、今度はのぼりが~選挙運動ですか!?と聞きたいくらい、目立ってます(((^_^;) そして、今日はひまわりの鉢植えがセットされていた(((・・;) なんなんだ~!?


《社会を明るくする運動》

犯罪をなくして社会を明るくするために(はぁ)、すべての国民(!!)が犯罪の防止と犯罪者の矯正、および更生保護についての正しい理解を深め(これは良いことだと思う)、すすんでこれらの活動に協力するように、(どんな活動があるのか知りません…)全国民によびかける啓発活動なんだそうです。


なんか、もう少し分かりやすくしてもいいのでは?とツッコミをいれながら読んでしまいました(笑)


「社明運動(しゃめいうんどう)」とも呼ばれるらしいけど、聞いたことなかった……民間の有志が、1949年7月13日から7月19日に、東京の銀座で実施した「犯罪者予防更生法実施記念フェアー(銀座フェアー)」が前身。1950年7月1日から7月10日にかけて、全国的な「矯正保護キャンペーン」が展開!


さらに拡大するため(゜□゜)法務府(現法務省)が各地の実施委員会設置などの体制整備を行い、1951年から本運動として実施。2000年の第50回に当たっては、郵政省が記念切手を発行しているそうですが、そんな記念切手で手紙をもらったことがないので、まったく記憶にございません!!


法務省では、犯罪者予防更生法の施行日(1949年7月1日)に因み、 毎年7月を強化月間として啓発・周知を図っているそうです。期間中は講演会・コンサート・作文コンテスト・映画会・弁論大会・スポーツ大会・街頭パレードなどのイベントをおこなっている…学校ではポスターや作文など書かせたりするのかな?


犯罪がおこるから、社会が明るくないのか、社会が明るくないから犯罪がふえるのか…ニワトリとタマゴみたいですね。しかし……谷村新司さんのポスターと、この運動の主旨が今ひとつしっくりこない氣がするのはナゼでしょう(´・ω・`)?



rohengram799 at 14:06│Comments(2)わたしにできること 

この記事へのコメント

1. Posted by てんし   2010年06月27日 17:36
先日も無差別に車で人を跳ねた事件がありましたが、この種の事件はなかなか根絶が難しいですね!

やっぱり世の中が不安定だから、人の心も不安定になってしまうのかもしれません。
2. Posted by オスカー   2010年06月27日 23:08
§てんし様
帰りにも見た谷村新司さんのポスター…やはりひこもりとか不登校の人に呼びかけているイメージがしました。
あまり「国民」には伝わらないと思います

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索