2010年07月10日

第180号:四万六千日の想いは重い

今日はすごい良い天気!!
ほおずき市もにぎわっていることでしょう♪「ほおずき市というと、四万六千日がついてくる!!」という感じですが(笑)詳しく知らないので、調べてみました。


観音さまのご縁日は「毎月18日」ですが、これとは別に室町時代以降に「功徳日(くどくび)」と呼ばれる縁日が新たに加えられ、月に一日設けられたこの日に参拝すると、百日分、千日分の参拝に相当するご利益(功徳)が得られると信仰されてきました。中でも、7月10日の功徳は千日分と最も多く、「千日詣」と呼ばれていたそうです。


浅草寺では、享保年間(1716~36)ごろより「四万六千日」と呼ばれるようになり、そのご利益は46,000日分(約126年分)に相当するといわれるように…。この数については「米一升分の米粒の数が46,000粒にあたり、一升と一生をかけた」など諸説ございますが、定説はないそうです。


この10日を待ち、「一番乗りで参拝したい!」という民衆の思いから、前日の9日より人出があり(いつの時代も同じだ~!!)、7月9・10日の両日が四万六千日のご縁日と受け止められるようになったそうです。また、この両日には「ほおずき市」が「四万六千日」のご縁日にちなんで開かれているそうです。


そもそもこの市は、芝の愛宕(あたご)神社の縁日に始まり、「ほおずきを水で鵜呑(うの)みにすると、大人は癪(しゃく)を切り、子どもは虫の気を去る」といわれるなど薬草として評判であったようです。その愛宕神社の縁日を、観音さまの功徳日にならい「四万六千日」と呼んでいました。やがて「四万六千日ならば浅草寺が本家本元」とされ、ほおずきの市が浅草寺境内にも立つようになり、かえって愛宕神社をしのぎ盛大になったと伝えられているそうです。


一方、江戸の昔、落雷のあった農家で「赤とうもろこし」を吊るしていた農家だけが無事であったことから、文化年間(1804~18)以後に「雷除(かみなりよけ)」として赤とうもろこしが売られるようになりました。ところが~明治初年に不作が原因で、赤とうもろこしの出店ができなかったことから、人々の要望により「四万六千日」のご縁日に「雷除」のお札が浅草寺から授与されるようになり、今日に至っているそうです。


縁日というと、お祭りのイメージしかありませんが(笑)縁結びの日としてあらためて考えると、奥深いですね。余談ですが、甲府にも愛宕山があり、甲府の夜景を見るカップルでにぎわうそうです(爆)





rohengram799 at 14:17│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by てんし   2010年07月11日 00:17
こんばんは

オスカーさんのお陰で四万六千日の謎が解けました。

それでも7月9日に来れば一万日分だからその日だけでいいというのは、むしがいい話です。

私は毎日コツコツと続けるのが、一番いいと思います。何でも続けることってとても大事だと思います。
2. Posted by オスカー   2010年07月11日 01:48
§てんし様
以前「こち亀」の両さんも同じようなことを言っていました。それまで毎日お参りしていたのに、具合が悪くて行けなかったら、ダメなのかと…。
遠方で毎日参拝できない人への配慮だったのでしょうけれど、都合よくとらえる人が多いのかも…
《継続は力なり》ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ