もう過ぎてしまいましたが、12月3日は『奇術の日
』でした。日本奇術協会が1990(平成2)年に制定。
奇術(手品)につきもののかけ声「ワン(1)ツー(2)スリー(3)」からという、おやぢギャグに近い理由からですが、『催眠術の日』は反対に「スリー(3)ツー(2)ワン(1)」からという………まぁ、よいのです!今回の本題は『サーカス学校』ですから(笑)




サーカス小屋は高い梁
そこに一つのブランコだ
見えるともないブランコだ


頭倒(さか)さに手を垂れて
汚れた木綿の屋根のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん



中原中也クンの空中ブランコの音がなんともいえない『サーカス』ですが、競馬学校みたいに学校があるなんて…一瞬雑技団を連想してしまいました。場所は群馬県で四年制、前期・後期の授業、学費は年間30万とききました。ウクライナから先生を招いていて、アクロバットやパフォーマンスなどを教えていただくらしいです。


廃校利用した学校で、寮とかはなく、過疎地の利点!?を生かし空き家を激安で借りて生活するみたい。娯楽とかなさそうだから、精進するしかないのかも(((・・;)


あ、「サーカスの日」もちゃんとあって、10月26日です♪



《サーカス学校》

http://www.ntv.co.jp/burari/071201/info08.html


《2019/2/17 追記》
http://kiryutimes.co.jp/news/15502/