2010年12月11日

第354号:埋火

『埋火や忘れてならぬことひとつ』


新聞で見つけた一句~字面をそのまま受けとれば、たき火などの火の後始末をきちんとしましょうね!!という小さい子どもに言い聞かせるような感じ。


でも、おやぢ半分な私の場合(笑)恋心にきちんとケジメをつけないとあとからトンでもないことになるからね!!という意味深な句にたちまち「へんし~ん」!!


『ラストクリスマス』というタイトルの話を書いたことがありますが、これはまさに埋火の物語でありました(笑)


主人公はすでに既婚者ではありますが、男子校の学園祭で『サロメ』をやるような美形。


ひょんなことから当時使用した真紅の口紅が出てきて、よみがえる記憶。


ヨカナーンの首のモデルになった先輩とは、なんとも微妙な距離の間柄。今でも彼の真意はわからず。


後夜祭で燃やしたはずの『彼』は、都合よく某喫茶店に飾られ(試作品があった)クリスマスのひとつきほど前に「再会」してしまいます。


一緒に自分の気持ちにもケリをつけたはずなのに…火の始末はしたはずなのに…ああっ!!


貴腐人好みのお約束な展開と言わないで…仕方ないのよ~だって自分が読みたいものしか書かないから( ̄▽ ̄;)


そういえば、立原正秋さんの小説で『埋火』ってありませんでしたっけ!?


皆さま~、もしかしたら自覚のないまま、くすぶり続けている恋の炎が心のどこかにありませんか~ニヤリ( ̄ー ̄)



rohengram799 at 10:16│Comments(8)

この記事へのコメント

1. Posted by kouchan   2010年12月11日 12:14
うちの准教授は狐火です(笑)。

僕の恋の火は燃えに燃えまくっています! この恋の火でうちの准教授を丸焦げにしたいと思います♪
2. Posted by オスカー   2010年12月11日 19:20
§kouchanさま
炎を浴びたことにより第2形態に進化したりしないですよね!?
なぜか今西城秀樹の歌を思い出しました(笑)
3. Posted by ぽんた   2010年12月11日 20:51

ぽんたはうちわであおいで
火をメラメラと燃やしたいとこですが
どうやら燃えるものがないみたいです・・・・
まずは燃えそうなものを探してこないと
4. Posted by ねえさま   2010年12月11日 23:38
くすぶった恋心♪
ああ・・・なんかくすぐったい~~~~ふふ。

無いですな(春日調)!

だって~~今まさにロマンチィックなんだも~~ん
!!うふふ~~☆

って・・・ごめんなさいごめんなさい!!!言ってみただけ・・・と、言ってみただけとか言って、言っただけな感じで言ってみただけって・・・意味わかんねぇ(泣)混乱中←バカ
5. Posted by オスカー   2010年12月12日 00:42
§ぽんた様
え~私の中では『火柱』がたっていそうなイメージなのに~ぽんた様が気がつかないだけで、まわりは燃え上がっているかも

§おねえさまへ
今、ご自身が何かトンでもないものに焼かれているのでは!? ちょっと心配しながら…口元がゆるんでいます
6. Posted by アキバの行政書士   2010年12月12日 01:30
連想するのは、『焼けぼっくいに火がつく』とか『女は灰になるまで』ですね。やっぱり。

いやぁ~、立原正秋、懐かしいなぁ。
高校から20代前半、読みましたね。冬の旅、恋人たち、
はましぎ・・・・・・好きだったなぁ。剣ヶ崎も惹かれました。
でも、すっかり過去の作家になってしまいましたね。後世まで読み継がれるって本当に凄いことです。
7. Posted by kouchan   2010年12月12日 09:04
第2形態へ「退化」します。最終形態は、「廃人」になります♪
8. Posted by オスカー   2010年12月12日 10:11
§アキバの行政書士さま

立原正秋さんは『冬の旅』を読みました。電車の中で読み、続きが気になりホームのベンチで号泣したという書評をきっかけにです。日本人のココロに響く一冊でした!!

§kouchanさま
いや、意外に『俳人』の方かも~枯れた句をつくり最期は『灰』に…(涙)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ