『あはれなる女ひとりが住むゆえにこの東京のさびしきことかな』


最初この句を読んだ時は、クリスマスの時期なのにシングルの女の子はかわいそう~みたいな意味かと思った私(--;)


しかしそれは大きな間違い…「あはれなる」はかわいそう(;_;)という意味ではなく、慈愛の情(*^^*)だったのですよ~(((・・;)


いとおしい貴女が住んでいる東京…♪君の住む花の都~ですよ(笑)


恋愛関係が上手くいっている時は、薔薇色だったのに、少しずつ関係がこわれてきた今の状態は、砂漠に等しい…グスン(涙)みたいな意味合いらしい(-_-;)


若山牧水クンが、ちょうどあるご婦人との恋にピリオドを打とうとしていた時期の作品みたいです。


女の子はどうだろう?
好きな人と上手くいかなくなって、心に傷ができて…私はもうそんなリアルな胸の痛みを感じることはなく…感じたらすぐ病院!のお年頃だしね(´д`)


ツラい時、『ダイヤモンドは傷つかない』と呪文のように唱えるという人がいました。


私は4月生まれだから、誕生石はダイヤモンドだ(--;)


自分を他人から傷つけられることのない、強い鉱石だと思えたら…キラキラ輝く石に思えたら…。


そんな自信をつけるため、女の子はジュエリーを身につけるのかも~。


男性の皆さまへ~!
砂漠に咲く、けなげなお花には、キラキラ輝く栄養が必要不可欠で~す。ヨロシクね(^з^)-☆ってキャバ嬢みたい(爆)