2010年12月28日

第370号:友からの、そして友への「手紙」

皆さま、すでに年賀状は投函されていると思いますが…私は(--;)


いろいろな事が、年々ルーズになってきている私…絶対血液型占いはハズレだろ!?と思うA型です(笑)


この前の新聞に、学生時代の旧友5人の喪中ハガキが届き、遠方の友人に電話をかけた…という投書がありました。


毎年、手紙のやり取りはしていたけれど、電話は5年ぶり…懐かしい声、元気な声を期待していたら、電話には奥様が。


しばらく話をした後、おもいもよらぬ言葉が耳に届きます。


「実は夫は3年前に他界しました」


…あれは…毎年届いていたあの手紙は…一体?


それは、奥様がパソコンでダンナ様のかわりに書いていた手紙でした。


年齢も80歳近いのですから、自筆から印字になったとしても、それほど違和感はなかったのでしょう。


何より奥様の「悲報を知らせれば、学生時代からの心のつながりが途絶えてしまう」という強い想いが文面に込められていたに違いありません。


奥様はいつも届いていた郵便物や、ダンナ様あての荷物などが少なくなったことでも寂しさを実感し、同時にダンナ様自身がまわりの関わりのあった方々の記憶から消えてしまうこともこわかったのでしょう。


肉体の死と忘れ去られる二度目の死、ダンナ様をそんなかなしい状況におきたくはなかったでしょうし、お友達の心も大切にしたかったんだろうなぁ…と思いました。


「自分をだましていたのか」「自分はバカにされた」などと思うことなく、奥様のいたわりに感謝して、投書されたご友人もまた素晴らしい方だと思いました。


この方の一文により、たくさんの人々の中に「お友だち」は存在するのですから。


皆さまの記憶の中で生きる愛しい方々のご冥福をお祈りします。不快な表現があったらごめんなさい。


rohengram799 at 00:03│Comments(11)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by てんし   2010年12月28日 03:40
おはようございます

私もまだ年賀状何もしていません。
血液型もオスカーさんと同じA型です!?

何だかいつも切羽詰まらないとエンジン掛かりません。

いつももっと早くやろうとしても、気が付けば遅くなってしまっています。そしてまた今年も同じことの繰り返しになってしまいました。




2. Posted by オスカー   2010年12月28日 07:52
§てんし様
おはようございます。
30代の頃はクリスマスカードをあれこれ探しに文房具売り場に何度も行っていました。今では…
3. Posted by たいちゃ~ん   2010年12月28日 09:07
5 おはようございます。

私も同じくA型です(@_@;)
喪中の葉書、歳を重ねると身近な人が多くなり寂しくなります。
ダンナさんを3年前に亡くした奥さんの気持ち、何だか
胸に響く気持ちでいっぱいです~~~。
自分もそんな立場になったら、どうするでしょう(?_?)
頭の中を駆け巡っています。!(^^)!
4. Posted by めぐのりあ   2010年12月28日 10:23
やっと年賀状出しました(^◇^)
今メンドクサイと言ってる年賀状も、出す相手がこの世からいなくなる
なんて思ってないからテキトーに思うワケで。
同じ立場に立った時私ならどうするだろうと、ちょっと考えてしまいました。
5. Posted by オスカー   2010年12月28日 11:32
§たいちゃ~ん様
同窓会名簿で白いリボンのマークを見ると、なんともやりきれない気持ちになります。知るのも知らされないのも複雑です(;_;)

§めぐのりあ様
この時期は自分の人間関係を見直す機会になりますね。しばらく連絡のない人から(それもあまり親しくなかった)年賀状が届くとなぜ?ハガキが余った?とか思ってしまう私です(--;)
6. Posted by あっきー   2010年12月28日 16:16
こんにちは♪
いやいや、年のせいか、年々、涙腺が弱くなって困ります。
この話に心打たれ、うるうるしている、私。・・・典型的なA型です(笑)
7. Posted by オスカー   2010年12月28日 19:28
§あっきー様
読む年代によって感想は違うだろうなぁ~と思いますよね。ガキンチョの私だったら「すぐ教えてやれよ~」って思ったんじゃないかな? いやそれ以前に新聞読まないかも(笑)
8. Posted by 聖舞   2010年12月28日 23:11
心にしみるお話ですね。

私は、今年父を亡くしまして…最近、母が「近頃、郵便物が減ったわ…お父さん宛のものがなくなったから」と呟きました。ドキッとしました。母の悲しさや寂しさを感じた瞬間でした。その新聞にあった奥様と重なりました。

今年のお正月にはいっしょに食卓を囲んでいた父…。一月ほど前、年賀状ではなく喪中葉書を投函した私です。

マジにシメっぽくてごめんなさい。
9. Posted by オスカー   2010年12月29日 00:12
§聖舞さま
いつもいた人がいないのを郵便物で再確認するってなんか淋しいです…お母さまもそれを実感しているのですね。
気持ちの切り替えは簡単にできるものではないでしょうが、お父さまが安心できるような笑顔の毎日がたくさん訪れますように!
10. Posted by kouchan   2010年12月29日 14:07
うちの準教授は、同じ年に何回も同じ人に年賀状を送っていそうです!
11. Posted by オスカー   2010年12月29日 17:46
§kouchanさま
ウチにも同じ人から二枚日をおいて届いたことがあります。私は出した人チェックは忘れませんよ~

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ