昨日はツヨちゃんの『冬のサクラ』をゲーセンで見て(ダンナとケンカしムカついて家出もどき、ケータイ視聴!いい時代になりましたね♪)今日の読書は「さくら」がつくタイトル、そして明日は桜を愛した西行法師の忌日。


歌人・西行法師の1190(文治6)年の忌日とされていますが、実際は旧暦2月16日に弘川寺で亡くなったそうですね。境内には歌碑もあるとか。


『願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃』の歌より、15日を忌日としているとききました。私は知りませんでしたが、2月15日は釈迦入滅の日で、この前後に亡くなることは仏教の修業をする者にとっての憧れだったと…。なんとなくおとめ心を感じてしまうのはいけないことでしょうか?何かに対する『あこがれ』ってやはり時代も性別も関係ないのですね。


桜の花を扱ったブログもたくさんあって、この前はじめて『東海桜』を知りました。山梨はもちろん『富士桜』ですけど(笑)