2011年02月25日

第418号:言葉のダシのとりかた

今日は近くの中古本屋で100円以下の本が半額になる日!ガッツガツに本を買ってきました(^-^)v


前から気になっていた長田弘さんの詩集『食卓一期一会』定価1980円を50円で購入し、ウフフでございます!!一番最初は《言葉のダシのとりかた》です。



かつおぶしじゃない。
まず言葉をえらぶ。
太くてよく乾いた言葉をえらぶ。



こんな感じで、本当にダシをとるみたいに、言葉の一番ダシのとりかたが詩になっています。そして



だが、まちがえてはいけない。
他人の言葉はダシにはつかえない。
いつでも自分の言葉をつかわねばならない。



と最後に書いてあります。難しい…でも、当たり前のことですよね。だから、『言霊』という言葉が存在するのだと思うし。


『朝食にオムレツを』では、別れたにもかかわらず2人分のオムレツを作ってしまう「きみ」がいます。



別れたことは正しいといまも信じている。
ずいぶん考えたすえにそうしたのだ。
だが、今朝は、このオムレツを一人で食べねばならない。
正しいということはとてもさびしいことだった。



そんな経験のない私でも、2人分の出来立てのオムレツの向こう側にいる「きみ」のことを思い、胸が切なくなるのです(T-T)


エビちゃんに捧げたい『テキーラの飲み方』もあるのですが(笑)私はこの詩が一番好きかな、と思ったのを書いておきます。(長い!?)


『食べもののなかには』


食べもののなかにはね、
世界があるんだ。
一つ一つの食べもののなかに
一つ一つの生きられた国がある。


チョコレートのなかに国があるし、
パンにはパンの種類だけの国がある。
真っ赤なビートのスープのなかには
真っ赤に血を流した国がある。


味があって匂いがあって、物語がある。
それが世界なので、世界は/食べ物でできていて、そこには
胃の腑をもった人びとが住んでるんだ。


テーブルのうえに世界があるんだ。
やたらと線のひかれた地図のなかにじゃない。
きみたちはきょう何を食べましたか?
どこへどんな旅をしましたか?



rohengram799 at 13:00│Comments(4)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by あっきー   2011年02月25日 16:19
こんにちは♪
素敵な詩を書く人の感性と表現力に
感心させられます♪
詩は小説などに比べると「自由」って感じがしますね。
形にこだわらず、自由に表現できるところがいいですね。
子どもの詩も、結構、キラリとした表現があったりしますよね♪
2. Posted by kouchan   2011年02月25日 18:14
うちの准教授が五右衛門風呂に入っているときに、思いっきり温度を上げると、出汁が取れるかもしれません。多分、不味いと思いますが…。
准教授「ちょちょちょ、熱いじゃない!」
3. Posted by ねえさま   2011年02月25日 20:30
半額!!
素晴らしいですね~。

>他人の言葉はダシにはつかえない

今まさにそんな感じです。
自分の言葉で伝えたい。
デモ出来ない~~と葛藤中・・・。
読書はしたいがそれも葛藤中><

やれやれ、精進せねば。
4. Posted by オスカー   2011年02月25日 21:23
§あっきー様
食べることって生きることに直結していますからね~詩の形をした栄養源です!!

§kouchanさま
昔、実家はゴエモン風呂でした。熱すぎて入れないこともしばしば…懐かしい思い出です!

§おねえさまへ
ミニコミ誌や雑誌でもキラリンな言葉や文章はたくさんありますし、ブログも立派な読書だと私は思って読んでいます♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ