2011年03月14日

第436号:故郷が心にしみる

昨日の読売新聞の日曜版「心の風景」は作家の林真理子さんでした。


林真理子さんといえば、我が故郷、山梨出身の作家です。実家は本屋さんで、正直カオス!!な本屋、平積みの本は何がなんだかわからず「あのぉ~ホコリかぶってますけど、いいンですかい!?」な状態でしたが、林さんが『ルンルンを買ってお家に帰ろう』これを出してから2、3年くらいしたらスゴい綺麗な本屋さんに変わっていました!!(笑)


林さんが願書を取り下げた「歩いて通える高校」はおそらく私の通った女子高(今は共学)です。だって本屋さんの前をいつも通ったから。「男女共学のバンカラ校」は私の父と兄の母校と思われます。


高校時代の勝沼の友達の「ジベをしんとダメだから」のセリフ!!おお、なんと懐かしい響きでしょう!!そう、勝沼の農家のコはだいたい初夏の頃、このお手伝いに駆り出されます。中学校でお手伝いにいくところもあったみたいで、私と文通していたコはバイト代ももらえると言っていました。


ジベレリンは葡萄の種無し処理に使われますが、指先が紫色になりますし、葡萄棚の下、ひとつひとつ、紙コップみたいのに入った液につけていくのでけっこう重労働!!林さんは『葡萄が目にしみる』にその懐かしい時代を自分をモデルにして書いています。


剪定されてツルツルになった葡萄の枝、葡萄棚の向こうにみえる夕日。いつかどこかで見た風景です。そして、成人式で会って以来の同級生から小学校同窓会の電話連絡が!


故郷の山梨に関するモノは、どんなに小さな事でも、私にはあたたかなひだまりです。タンスの上に飾ってある「ダイヤモンド富士」の額入り写真も地震の揺れで倒れなかったし…。


谷口ジローさんの『父の暦』にある「故郷が自分のところにかえってくる」を実感した日曜日でした。



rohengram799 at 00:01│Comments(11)

この記事へのコメント

1. Posted by MEL   2011年03月14日 01:07
>葡萄棚の下、ひとつひとつ、紙コップみたいのに入った液につけていく

こういう部分を実際に知ってると
また作品に対していろいろ深く思える部分もあるんでしょうね…
2. Posted by なう60   2011年03月14日 07:18
おはようございます。
「剪定されてツルツルになった葡萄の枝、葡萄棚の向こうにみえる夕日」オスカ-さん、若き日、家族で楽しくぶどう狩り、行きました。富士5湖は、時々行きましたが「静岡県」でなくて山梨県?頭が混乱してきました。(笑)
3. Posted by アキバの行政書士   2011年03月14日 07:22
お早うございます。
なんとか秋葉原に行けそうです。

林真理子の生家の本屋さんの前を
通ってたんですか
父、母、弟さんの様子がリアルに
感じられますね。
真理ちゃん、作家も、結婚も、母になることも
実現させて、とにかく書いてます。
パワーに感心します。
4. Posted by 猫ムスメ   2011年03月14日 12:10
「葡萄が目にしみる」は初めて読んだ林真理子作品で、10代で読みましたが、大変な衝撃を受けました。それから林さんの本は全て読んでいます。
ご実家の本屋さんについては「着物を着た女」で詳しく書いてありますね。林さんのおばあさんが苦労し、本屋を開く後日談のようなものを残し、終わっていますね。

色々批判を受けがちな林さんですが、私は大好きです。
5. Posted by オスカー   2011年03月14日 19:56
§MELさま
実際に目にした光景はその時の空気まで記憶とともによみがえる気がします。夏休み、どこの家にいってもぶとうと桃がでてきました(笑)

§なう60様
富士五湖は山梨県です!!今はぶとうの種類も多く、覚えられません(笑)

§アキバの行政書士さま
結局第2グループの私の地区は停電にならず…東京電力にふりまわされました(泣)が、帰りに電車が動いて良かったです!!

§ネコ娘さま
実は林さんの作品をまともに読んだことがありません。雑誌のエッセイを読むか、たまにブログをみるかです(笑)
6. Posted by kouchan   2011年03月14日 22:40
当初の予定とは違いましたが、無事に卒業旅行から戻って参りました。
関東行きは中止になりましたが、4月から社会人として恥ずかしくないように、修行に励みたいと思います('-^*)///
そして、最後には教授陣とも。。。
7. Posted by てんし   2011年03月15日 07:08
おはようございます

山梨県の方言を聞くとホッとします。ただしオスカーさんの生まれ育った国中地方と私の住む郡内地方の方言はかなり違うために、郡内では『~べい』『~にゃあ』『~ずら』あたりがやたらに多い気がします。

いずれにしろよそからみると、あまり上品な言葉ではないですね!?
8. Posted by なう60   2011年03月15日 07:14
おはようございます。
「富士五湖は山梨県です」思い出しました。ありがとうございました。名前は、川口湖。もとす湖、西湖そして???懐かしくです。
9. Posted by オスカー   2011年03月15日 07:43
§kouchanさま
おかえりなさい、ご主人さま(笑)今度は引っ越しですね。また新しい環境になれるまで大変でしょうがファイトっす!!

§てんし様
可愛い女の子に「ずら」は似合いませんね~ビックリします!!この前、同級生と話して幼い頃を思い出しました。

§なう60様
富士五湖は河口湖、西湖、本栖湖、精進湖、山中湖です。てんし様の方が富士吉田にお住まいなので詳しいですよ!!
10. Posted by まろゆーろ   2011年03月15日 09:45
見慣れた情景を高度な文体で表わしてくれると、
嬉しいものですよね。
山梨かぁ。いいところでしょうね。
富士山近いし、何処に行くのでも便利だし。

林真理子さんのスッパリとした文章、力強さが好きです。
いらないものがないですね。
私もいらないものを粗削ってしまわねば重くて重くて。
11. Posted by オスカー   2011年03月15日 11:27
§まろゆーろ様
思いがけないかたちで故郷をなくされた方々のことを思うと書くことにためらいがありましたが、故郷の輝きは消えないし、語り継ぐこともできます。私は東北を旅したことはありませんが、その素晴らしさを知る方々には大切にしていただきたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ