2011年04月07日

ひつじ雲便り416:県庁おもてなし課

有川浩さんの『県庁おもてなし課』のインタビュー記事がダ・ヴィンチ5月号に掲載されていますが(発売中!!)、その最後の方にこの本の印税すべてを東日本大震災に寄付すると発表したとありました。


詳細は有川さんのブログをお読み下さい。ケータイでも「ブログ 有川日記 有川浩」などと入力、検索すると読めます。


何かおもしろい本でも~とお探しの方はぜひこの作品を…!有川さんの気持ちもぜひお読み下さいませ。


私にできること、本好きにはたくさんありまっせ!!(^o^)v


rohengram799 at 14:35│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by HyperChem   2011年04月08日 01:00
寄付にもいろんな形があるものですね。
改まった寄付もですが、日常の税金の一部も復興のために使われていること。
そのためには経済活動が必須です。
島国日本が経済を回すために祭りを行ってきたことにもあるように、
たくさんの経済を回すための起爆剤が必要です。
自粛ムードを一考する記事を見かけますが、本だけでなく、何かを買う、
消費することは、次に必要なものに繋がっていきます。
自分を高めながら、経済貢献もできる。
素敵な試みですね(^^)。
2. Posted by 猫ムスメ   2011年04月08日 08:00
有川さん、作品も大好きですが印税を全額寄付するなんてオトコマエですね 
本好きにとっては本を買うエクスキューズにもなります(笑) 自分でも貢献が出来て嬉しいです。
3. Posted by てんし   2011年04月08日 08:07
おはようございます

今いろいろな形で震災募金を寄付するシステムがありますね!?
私もいくつかの募金に参加しました。

どれもかなりいろいろな人々が募金していて、日本人満更捨てたものではないと思いました。
4. Posted by オスカー   2011年04月08日 09:15
§HyperChemさま
行き過ぎた自粛はマイナスなので私もお財布と相談はしますが(笑)いつも通りに暮らしています。案外これが一番難しいのかも~。

§猫ムスメ様
娯楽とか役にたたないと言われますが、ガンバるエネルギーがないと継続活動はできませんからね~言葉の力って想像以上だと思います。

§てんし様
今は慈善団体の経理がわかるようになってきたので怪しげなところは避けて募金しています!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ