2011年04月27日

第469号:闇夜の国から

誕生日にあたたかいコメントありがとうございました。心にたくさんの栄養をいただいたので、本日もお仕事頑張っている…つもりです(笑)


ところで、季節の変わり目とか特にストレスがたまるような気がします(--;)皆さまのストレス解消法はなんでしょう?ワタクシ、最近本を買いまくることでストレスを発散している気が…なるべく中古本を購入しています(((^_^;)


今は篠田節子さんの『砂漠の船』と小池真理子さんの『闇夜の国から二人で舟を出す』を同時進行で読んでいます……と言えばカッコいいですが、あちこちに読みかけの本があるということですね。なぜか《船》《舟》つながりなのが不思議です(((・・;)


小池真理子さんのは、いろんな雑誌で書いていたエッセイをまとめたものですが、執筆過程の様子などフムフム~と、とても興味深いです。


特に『恋』!!私は昔、読書メモもどきを作っていたのですが、そこに「これぞまさに《恋》と思った」と書いた記憶があります。


本のタイトルは井上陽水さんの『闇夜の国から』のフレーズからだそうです。(この後書きを読んで買うのを決めました!!)


『海図のない旅は永遠に、死の直前まで続くのだ。船出の理由など、どうでもいい。生きている限り、とにかく二人で舟を出すのである。舟を出さなければ、闇から抜け出すことは出来ないし、希望も生まれないのである。』


船頭が多すぎて山に登っては困りますが(笑)大震災という暗闇の中、それぞれの悩みの闇の中、舟をださなくてはいけませんね。


「だって自分はひとりだもん!!」と言いたくなるかもしれませんが、案外まわりに人外のモノがたくさんいて、手助けしてくれているかもしれませんぞ!あ、トート閣下はちょっと困るかも(笑)←『エリザベート』を知らない人には何のこっちゃですね(~_~;)




rohengram799 at 14:15コメント(10) | 空のお城図書館  

コメント一欄

1. Posted by ラブソン   2011年04月27日 16:52
5 オスカーさん、遅れ馳せながら、お誕生日おめでとうございます
陽水さんの闇夜の国からは、初期の代表作だと思います僕は陽水さんの、あの独特なトークをする半面、歌うとエネルギッシュになる人なので、結構、好きなんですよ一回、コンサートにも行ってみたいですね

陽水さんの初期の作品は、暗い歌が多くて、懸念されがちだけど、何故、大ヒットしたのかと言うと、恐らく、人間が持っている、普段は見せないけど、本心を歌っているんでしょうね。傘がないも冒頭から”自殺”て云う言葉が出てくるから、センセーショナルな感じがするけど、よく聴いたら、この曲はラブソングなんですよ。「雨に濡れても 君の元に会いに行きたい。」て言ってますからね(笑)。
2. Posted by オスカー   2011年04月27日 18:10
§ラブソンさま
お祝いありがとうございます♪陽水さんはあの風貌も声も歌もみんな好きですね~『青空ひとりきり』とか『最後のニュース』とか…キリンの《聞茶》のCMに出ていましたが、いつも《闇茶》に見えました(笑)
3. Posted by ぶんママ   2011年04月27日 22:37
遅れてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます!

私のストレス解消法は、食べる事と、食べない事…
とりあえず、人に当たらず、自分自身でどうにか浄化したいなぁって思います。
世の中、ままならないことばかりで・・・

井上陽水、大好きです。我が娘にもしっかり受け継がれました。
陽水ファンなので、最近の歌にはマッタク興味が無い様子で…
一番好きな曲は「帰れない二人」です
4. Posted by まろゆーろ   2011年04月27日 22:40
こんばんは。
ストレス解消は……、なんだろう!?
昔は美味いものを食べて胃も心も気分転換だぁと息巻いていたのですが、最近は気分転換どころかボディラインが急激に大転換し始めて大ごとです。
しみじみとストレス解消を考えてみましたら、地味なジイサンみたいなことですが庭を見ながら瞑想に老ける……、いや耽ることが多いような。
イカン、遊ばにゃ!! まだまだ現役を退きとうないです。
「闇夜の国から」、懐かしいですね。
世田谷の下馬に住んでいた頃、近くの三宿のオープンカフェによく陽水さんが親子で来ていたらしいです。お目にかかりとうございました。
5. Posted by 松尾陽   2011年04月27日 22:41
ストレス解消法は…あえて何もしないことですかね。
何かするからストレスを感じるので、ぼーっとしてリセットしてます(笑)。

毎日いろんな本を読んでおられますね。
とくに雨が降った日は、ひっそりと本を読む気分になります。

私も頑張って泥で船を作って出ますよ~(危)。
6. Posted by トリテン   2011年04月27日 22:43
遅ればせながらお誕生日おめでとうございました。また、暖かいコメントをありがとうございました。

もう私の年齢になると誕生日がおめでたいのは、年金を払わないですむ日、もらえる日、まだ基礎年金なので満額がもらえる日が楽しみなだけです。
まだまだお若いオスカーさん、人生をお楽しみください。
7. Posted by オスカー   2011年04月27日 23:47
§ぶんママ様
お祝いありがとうございます。私も今の曲はよくわからない…この前スピッツの歌詞をまぢまぢ読んで「この乙女系な言葉は書けそうで書けないよね~!」と子どもたちと話しました(笑)

§まろゆーろ様
お庭のある家は憧れですが、私、絶対お手入れ出来ないと思います(泣)箱庭なら喜んで被験者になります!欲しいな(笑)

§松尾陽さま
一緒に働いている人は同じような服をいくつも買ってしまうと言っていました。ワタクシ、着たきりで靴は履きつぶし…ベテラン刑事か( ̄▽ ̄;)

§トリテンさま
お祝いありがとうございます。30代の頃は子どもの年は増えても自分の年はそのままな感覚でしたが(笑)今は、はやく50代に突入したい気分になってきました(((^^;)

8. Posted by kazu   2011年04月28日 01:39
こんばんは!

疲れてたり落ち込んでたりするとエッセーが読みやすかったりします。

自己啓発本はなんか素直に受け入れられずむしろムカついたりしてしまうので
読みません。

エッセーは浅田次郎さんのが一時マイブームでした。

オスカーさんのブログを拝見してから
読んでみたい本がたまりました。
9. Posted by なう60   2011年04月28日 07:57
「大震災という暗闇の中、それぞれの悩みの闇の中、舟をださなくてはいけませんね」意欲ある限り人生(人は生きる)とにかく船を出す意欲ある限り、暗闇から脱出できます。負けるな東北
世界の願いです。
10. Posted by オスカー   2011年04月28日 21:29
§kazuさま
なんだか気になった『沖で待つ』という本を先に読んでしまいました。タイトルから想像したのと違う本でした。闇夜の国も目が慣れたらまた新しい発見があるのかも…。

§なう60様
新聞や雑誌に震災関連情報が途切れることはありません。天照大御神を人々の楽しげな笑い声や歌、踊りで天岩戸から外に向かわせたように、私たちも明るい何かを発信したいですね!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ