2011年05月31日

第504号:風のかたみ歌

♪アカシアの雨にうたれて~この歌がテーマソングのような、東京下町の「アカシア商店街」ここは不思議なことが起こる場所…そんな短編集『かたみ歌』を読み終わりました。


作者の朱川湊人さんは私よりひとつ年上なのに、あの懐かしい昭和の情景、情感の描写がとても優しく素晴らしいです。


帯に「涙腺崩壊」とあり、こういう大袈裟なコピーはイヤなんだけどな~と思いながら買ったのは、カバーイラストの力もあります。下町のアーケード、店の感じがたまりません!!東京で最初に住んだ荒川区、都電の三ノ輪駅近くの中華料理店でバイトをしていたこともあるし…あの商店街も屋根があった(笑)


でもやっぱり作品のタイトルに単純にひかれたのかも…福永武彦さんの『風のかたみ』は高校時代から読みたい!!と思いながら読んでいないので(~_~;)せめて似たタイトルを…なところがあった!?(爆)


7編通して登場する古本屋のオジサン、外見は芥川龍之介が年齢を重ねた感じのいかにも…な男性。彼にも、もちろん他人が知らないドラマがあり~それは最後に明かされるのですが~そこにいくまでの微妙に小出しにされた伏線がニクい!!(←死語!?)


あの世とこの世をつなぐ井戸のあるお寺っていくつかききますが、この商店街近くの覚知寺もそう。キープレイスですね。親子心中した女の子が首を絞められた後を「ネックレス」というのは切ないけれど…(T-T)


一番好きなのは『夏の落とし文』です。昔は神隠しとかそんな言葉もありましたよね。兄弟愛に涙。そして『栞の恋』古本にはさんだ栞を介しての文通、淡い恋心の思いがけない結末。漫画で読んでみたい作品!!


あとは猫好きの人に読んで欲しい『ひかり猫』に作品の中におひさまのぬくもりを感じる『枯葉の天使』…商店街で暮らす人、関わりのあった人たち…みんながしあわせに暮らしてほしい、どこかにこんな場所があってほしい、いや今もあると信じたい~そんな『昭和』あふれる一冊でした。


この記事へのコメント

1. Posted by ナオたん   2011年05月31日 18:18
5 自分も昭和の人間なので、昭和の情景が浮かんでくるような作品は好きです

最近は大型商業施設やショッピングモールが次々に出来ていますが…商店街って響きは温かい感じがしていいなぁって思います
2. Posted by まろゆーろ   2011年05月31日 22:04
大分には「下町」がないもので、風情の分からない人もいるだろうなぁと
東京の風景を見るたびに思います。
近所の大学生が今春、蕨市から墨田区に住み変わりました。
「おじちゃん、人も町も生きてる!!」とメールをくれました。
彼にまた大きな財産がひとつ増えたかなぁと嬉しく思いました。
3. Posted by オスカー   2011年05月31日 23:33
§ナオたん様
『オルゴォル』という本が震災後発売された「ダ・ヴィンチ」で紹介されていたのに気がつきませんでした。「日本中の人が知っとかんとあかん場所」を旅することになる小4のハヤトの物語。絶対この本を読もうと思いました!!

§まろゆーろ様
ウチの兄も学生時代、目黒区内なのに風呂無し、共同トイレのアパートに住んでいました。鳶の親方が大家さんでしたが、あまりの古さに一年後建て替え命令が出たみたいです。江戸間サイズの大きな畳が今も懐かしいです。
4. Posted by kazu   2011年06月01日 00:17
こんばんは!

めちゃめちゃ昭和な空気を漂わせる
商店街が私の地元駅にございます。

間宮兄弟に出てくる町です。

本で読むと状況が目に浮かびます。
でも浮かんでいる風景が一緒かどうか
一度他人と確認したいと思ったことはあります。
5. Posted by HyperChem   2011年06月01日 02:53
オスカーさんも自分もですが、昭和が体に染みついている年代
ではないかと思います。今は地方の方が開けて、かえって都会
の真ん中の方が昔ながらの風景が残っていたり、人情もそのまま
という気もします。
行くならBOO●OFFより古本屋さんみたいな(笑)。
昔、実は文通魔でしたσ(^_^;)。
メールでなくあのスピードが懐かしく感じます。
6. Posted by てんし   2011年06月01日 05:46
おはようございます

昨日は『環水平アーク』ということを教えていただきありがとうございました。

なんか甲府盆地でも観測されたらしく、NHK甲府でもニュースでやっていました。
それにしてもあんな少し気味の悪いものが空一面に出られると、思わず変なことばかり気になってしまいました。

さて今日は『昭和』の雰囲気漂う小説について紹介していただきましたが、すぐに『枯葉の天使』に興味をもってしまいました。

私たちが青春時代を駆け抜けた『昭和』にはロマンを感じてしまいます。

私が一昨年撮影した『霧氷の忍野富士』を撮影して展覧会に出した時に、その写真に思わず『昭和』を感じたものだから写真の題名を『昭和モダン』としました。
そしたら見に来た人が『題名が面白い』と誉めてくれました。
何でも『昭和』を感じるものは懐かしくていいですね!!
7. Posted by クッキー   2011年06月01日 05:49
僕らの昭和に触れようと思ったら、小学生の頃に読んだり見たりしてた昔の漫画が案外近道かも。
まんが道とか最高です♪
朱川さんよりひとつ上かも(笑
8. Posted by なう60   2011年06月01日 07:47
おはようございます。
「そんな『昭和』あふれる一冊」昭和は遠くなりにけり。そんな昭和あふれる一冊、読んでみたいものです。
9. Posted by オスカー   2011年06月01日 11:42
§kazuさま
『間宮兄弟』読んでいない、観ていない…うう、反省でも自分のイメージに相手が「え~と」な顔をするとショックですよね。ダンナとの会話がまさにソレ

§HyperChemさま
私も文通大好き♪な田舎の子でした。古本屋さん、アパートの近くにあり山積みの『June』を買い占めました

§てんし様
『昭和モダン』ステキなタイトルですね~!昔の空はもっと青かったような~なんて空を見上げると思いますね。

§クッキー様
漫画も小説も復刻版が花盛り~『はみだしっ子』とかほしいです。昔のジャンプは100円だった…せめて今は150円にしてほしい(笑)

§なう60様
きっと気に入って下さると思います。駄菓子を買ってどこかの公園のベンチでのんびり読みはじめると…知らないうちに泣いていますよ、きっと。
10. Posted by    2011年06月01日 12:45
5 以前、町屋に住んでいたので都電の風景が蘇ります。

いわゆる「昭和の街並み」はほとんど経験ない私ですが、光と影が入り交じるイメージです。

今度読んでみようと思います。
11. Posted by オスカー   2011年06月01日 20:14
§熊さま
町屋駅前のマクト(マクドナルドのことを私はこう言います)までテケテケ歩いて行ったこともあります!!この前JR日暮里駅に行きましたが、あまりにも変わっていて驚きました(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ