2011年06月05日

ひつじ雲便り442:春のオルガン

今『春のオルガン』という短編小説を読んでいます。『夏の庭』が有名な湯本香樹実さんの作品。


ですから今日はオルガンの話でも~と思い、カチカチしたら「なんだ、こりゃ!!」というくらいいろんな音楽関係の話がとびかい…軽々しく思ってすいませんでしたぁ!!な気分になったので、私の幼い頃の思い出でも(((^_^;)


私も一時期オルガンを習っていました。なぜピアノではなくてオルガンにしたのかわかりません(((・・;)小学校一年の時で、近所の男の子と数ヶ月ばかり習い、お察しのとおり飽きてやめました(--;)


オルガンは完全な荷物置き場になっています…ごめんね(;_;)


オルガンは、幼稚園や小学校のイメージです。ピアノだと高貴な感じの「お嬢さま」ですが、オルガンだと「隣のお姉さん」的な親しみやすさを勝手に感じています。


曲も『春の小川』とか『おぼろ月夜』なんかは断然オルガンでしょう~情緒というか風情が違います。『赤とんぼ』もピアノだとなんかものすごく貴重な品種が飛んでいるような( ̄▽ ̄;)


近くのキリスト教系の大学には、パイプオルガンがあるらしく、コンサートのチラシもみますが、一度も行ったことがありません(笑)


rohengram799 at 19:39│Comments(16)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by osamu   2011年06月05日 19:54
こちらも、娘が置いていったピアノの鍵盤の蓋の上の常は物置になっています!
さすが、お客様が来られる時は綺麗にしておりますが・・・。
今は、時々、孫のお遊びに役立っておりますよ!
2. Posted by HyperChem   2011年06月05日 21:15
同じくオルガン教室に通っていました。
ヤマ●、ヤマ●のおんがくきょう~しつ~♪って歌ってた(笑)。
ピアノはまだ敷居が高いものでしたから、オルガン辺りが
習わせやすかったのだと思います。
今の楽器はデジタルでどんな音でも出せるので、パイプオルガン
もワンタッチ。演奏のジャンルも手軽に広げられます。
今からでもいかがですか?
3. Posted by ぶんママ   2011年06月05日 22:16
幼少期、姉の添え物として、一緒にピアノを習ってました。
小学校一年生で直ぐにヤメちゃったんで、ロクに弾けません。
我が家にもピアノがあり、娘が今もイヤイヤながら弾いてます。

パイプオルガンの音色、力強さと優しさが感じられますね。
無料コンサートがあると、聴きに行ったりしますが、必ず寝てしまいます(笑)
4. Posted by オスカー   2011年06月05日 23:45
§osamuさま
あの高さが物置にちょうど良くて(笑)散歩の時などピアノレッスンの音が聞こえます。がんばって~と心の中で応援しています。

§HyperChemさま
兄がシンセを借りてきたことがありました。喜多郎ブームの頃でしょうか?完全に「おもちゃ」のノリでした(--;)

§ぶんママさま
パイプオルガンの音色、確かに催眠効果ばっちり(笑)今は「ピアノの森」をよんでほぉ~となっています!!
5. Posted by MEL   2011年06月06日 00:14
>オルガンだと「隣のお姉さん」的な親しみやすさ

確かにそういうイメージです

ピアノだとやたらブルジョア感もあります
6. Posted by marion   2011年06月06日 06:45
コメントありがとうございます。
オルガンか〜〜。
習って無かったけどなぜかうちにもオルガンがあって、
小学生低学年のmarionはある日、
オルガンの鍵盤が全部、下に沈まない事に疑問を持ち
金槌で叩いたところ、プラスティックに鍵盤は割れて
全部の鍵盤の音が一斉に鳴ると言う飛んでもない
ブッ壊し方をしたため、コッ酷く叱られて
私のオルガン人生は終了しました。
7. Posted by kazu   2011年06月06日 08:06
こんにちは!

オルガン、そういえば珍しいですよね、最近では・・・。

オルガンとピアノが違う習い事としてあったこと自体
知りませんでした!

8. Posted by なう60   2011年06月06日 08:14
おはようございます。
「曲も『春の小川』とか『おぼろ月夜』なんかは断然オルガン」納得です。昔、懐かしいオルガン、見ることもなく遠くなりました。
9. Posted by 猫ムスメ   2011年06月06日 10:53
私も幼稚園の2年間オルガンを、小学校の6年間ピアノを習いました。ちなみに私の中での「ハイソなお嬢様」は、エレクトーンです 
田舎なのでそんな洒落たものを習っているのは学年で2人しかおらず、ちょっと自慢気にエレクトーンエレクトーンと言われ羨ましかったものです

ちなみにトータル8年も習ったのに今は一曲も弾けません。お父さんお母さんごめんなさい
10. Posted by 猫ムスメ   2011年06月06日 10:58
連続コメントすいません。

オスカーさんの記事を読んで幼き頃のトホホ音楽体験を思い出したので、自分もブログに書こうかと思いました。
オスカーさんのお名前を(ブログでお世話になっている方と)出してもいいですか?? 
11. Posted by オスカー   2011年06月06日 11:01
§MELさま
ピアノの鍵盤をおもいっきり叩くとスゴいヒステリックになるのに、オルガンだと腰砕けそこに日本人らしさを感じてしまいます

§marionさま
なんと好奇心旺盛で行動力もあるのでしょう!!金槌も「えっ、これ叩くの?マジっスか!?」と思ったに違いない!!(爆)

§kazuさま
オルガンの前に書道とか日舞も見学したことを思い出しました。自営業だったので、家にいるとジャマだったんだと思います~手伝いもしないし

§なう60様
「二十四の瞳」の大石先生もオルガンでしたよね。あの優しいイメージがずっとあります。
12. Posted by オスカー   2011年06月06日 11:08
§猫ムスメ様
エレクトーン!!私にはアレは謎の楽器でした(笑)甲府のデパートで初めて見た時は「何あれ!?」でした!←こんな私と知り合いなのが猫ムスメ様のイメージダウンにならないと良いのですがどうぞどうぞ~♪ブログ記事楽しみです
13. Posted by 猫ムスメ   2011年06月06日 11:34
早速お返事有難うございます!!
イメージダウンだなんて、そんな(笑)

ひとつ「オルガン」キーワードに話を広げてみたいと思います
14. Posted by    2011年06月08日 22:34
5 オルガンは見た目と分類は鍵盤楽器ですが、
その原理は管楽器なのですよね。
ちょっとピアノとは違った風合いの音が素敵です。

豊洲のららぽーとでは気軽にパイプオルガンの演奏が聴けたりします。
音楽がもっと身近になると良いですね^^
15. Posted by KAO   2011年06月08日 23:31
私も初めはオルガンで習ってました、ピアノを(笑
当時、ピアノは高級品。いまでこそ、代用品のエレピ(電子ピアノ)が花盛りですが、私が子どもの頃はピアノかオルガンしかないので安く代用品を買うことは不可能でした。エレクトーンぼちぼちありましたね。(あ、ちなみにエレクトーンはヤマハの登録商標。カワイはドリマトーン、テクニトーンはどこだっけ?ローランドかな?)
小2の秋に、ピアノ、買って貰いました~。
パイプオルガンもまた、別モンで、1回大学の市民講座で習いにいったんですが、ピアノを弾いてる人にはなかなか辛いもんが・・・弾き方が全然違うんですよぉ~~。鍵盤も小さいし、白黒逆転してるし、エレクトーンのように上下に3段あるし、もちろん、足鍵盤もあるしぃぃ・・・泣きましたっ
16. Posted by オスカー   2011年06月09日 00:48
§熊さま
音楽って堅苦しく考えなければ、身近にたくさんありますね。オルゴールもいいよね~なんて最近思い始めました(笑)

§KAOさま
やはりピアノは「高値のハナ」でしたね(笑)エレクトーンってヤマハだけなんですか~知らなかった!!あとピアノの足(ペダル)の役目もわかりませんでした(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ