2011年06月13日

第513号:脳内図書委員!?

朱川湊人さんの『花まんま』『いっぺんさん』を読み終わり、う~ん満足!だったので、今度は少し違う人の作品を…ということで『草祭』なるタイトルにひかれ、文庫本を買いました。


作者は恒川光太郎さん、お初です!!現在は沖縄在住。そして私より…若いっ(~o~)昭和48年生まれ…はぁ~と何故かため息(笑)


『竜が最後に帰る場所』
…どこかで見たタイトルの作者でもあるので、案外この本も書評を読んでいたのかもしれないな、と思いました。


物語は「美奥」という奇妙な土地が舞台で神話や民話の世界に近いかも。読みやすいけど、内容は深い。朱川さんはホラーの要素が多いけど、恒川さんはファンタジーが強いかな?


読み進めていって「ん?」と思ったのが『くさのゆめがたり』(美奥がどうしてできたかみたいな話)のこの文章。


【絹代はいつもやさしかった。いつだったか何故そんなにやさしいのかと問うと、誰かからやさしくされたら、それを十倍にして周囲の人に返さなくてはならない。やさしさは巡っていつか自分に返ってくるものだから。】


私、最近似た文章をどこかで読んだような……そう!朱川さんの『かたみ歌』に収録されている「夏の落とし文」だ!! 弟に“兄ちゃんは、なんでそんなに優しいの?”ときかれてこう言ったんだ…。


【優しくされて嬉しいと思ったら、お前も誰かに優しくしてあげろよ。そしたらいつか、世界中のみんなが優しくなるから。】


今まで本を読んできて、短期間で似た言葉に出逢ったのは、今回がはじめてかも(((・・;)


格言や名言集を好んで読んでいると似た言葉に出逢うけれど、まだまだ新顔(笑)の作家さんだし。恒川さんのは、何冊か手にしていた一冊で、棚に返す可能性も大だったから、不思議なカンジです(((^^;)


こんな時期だから、今まで目にしてきた雑誌や新聞の記事から「脳内図書委員」が厳選してくれたのかもしれない(^-^)v


rohengram799 at 00:23│Comments(11)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by HyperChem   2011年06月13日 01:56
やさしさの輪は穏やかに広がりますが、憎悪の輪はエスカレート
して瞬く間に広がっていきます。それでも、やさしくすることは
絶やしてはいけませね。時間はかかっても、地道に広げていく
ものだから。
脳内図書委員…うちのは整理がヘタで、その上もうろくして
しまっているようです(^_^;)。
図書館のお姉さんは好きです(関係ない(爆))。
2. Posted by てんし   2011年06月13日 07:12
おはようございます

昨夜まで豪雨に見舞われてしまいました。今は止んでいますが、オスカーさんの千葉県には大雨洪水警報が出ているところですね!?
いろいろお気をつけ下さい。

ところで最近は『3・11東日本大震災』以来、あの例の『思いは誰も見えないけれど、思いやりは見える…』の詩のコマーシャルのインパクトが、かなり日本人の心の中に染み込んでいるので、ちょっとの『思いやり』とか『優しい心』といった言葉に敏感になっているのかもしれません。

でもそうなってくれたお陰で私みたいな『身体障害者』にとってはありがたいことになっています。

それでもオスカーさんの本の偶然の出逢いは珍しいことだと思います。
3. Posted by まろゆーろ   2011年06月13日 08:19
おはようございます。
不思議なもので今自分に足りなくて反省や気付きの言葉、
また自分の生き方そのままのような反芻の言葉が偶然に見つかる時があります。
そんな生き物のような言葉との出会いは本の神様のプレゼントじゃないかと思います。
不思議な重複。きっと「優しさ」に溢れているオスカーさんへの
更なるプレゼントじゃなかったのでしょうか。

私も元嫁との修羅の最中に立原正秋の本の一節に出会いました。
「宗教とは自転車の両輪のようなもの。ひとつは常識、そしてもうひとつは信仰心。片方が無くなったらそれは崇高な宗教とはいえない」と。
この言葉は自分の心の裏打ちのようで嬉しい出会いでした。
4. Posted by なう60   2011年06月13日 08:26
おはようございます。
「絹代はいつもやさしかった。いつだったか何故そんなにやさしいのかと問うと、誰かからやさしくされたら、それを十倍にして周囲の人に返さなくてはならない。やさしさは巡っていつか自分に返ってくるものだから」納得の名言、学校教育に取り入れてもらいたいですね。

5. Posted by kazu   2011年06月13日 09:00
こんにちは!

なんて素敵なお言葉・・・。

優しくされたら優しさを返すんですね!
了解です。もう今日から実行しちゃうから!!

オスカーさんの読書量とセレクトセンス・・・素敵です。
脳内図書委員私の頭の中にも宿りますように・・・。
6. Posted by ラブソン   2011年06月13日 10:42
5 オスカーさん、おはようございます(^O^)!
もし今年、震災がなかったら、ここまで、どんな年になっていたのでしょうか?危機状態だからこそ、小さな事でも幸せに気づける年になりましたよね。相変わらず、政治の方は鈍臭いですが…。
7. Posted by たいちゃ~ん   2011年06月13日 12:37
5 こんにちは~

若い作家さんですね!
我が息子と同い年、時代は変わりつつです。

現代風の書は表現でしょうか?
若い方、頭が柔らかいのには感心するばかりです。
8. Posted by くみちゃん   2011年06月13日 17:08
お久しぶりです。試験が済んだので(無事とは言えない)書き込みにきました。
相談に乗っていただき、ありがとうございました。今は普通におしゃべりもできます。あれは試験前でピリピリしてたのもあったと思われます。
本当に、ありがとうございました。また来ますね。
9. Posted by オスカー   2011年06月14日 01:17
§ HyperChemさま
「戦う司書」とかありませんでしたっけ?図書館に限らず受付のおね~さんはキュートでラブリーな方がいいですね♪QBはイヤですけど

§てんし様
富士山の写真絵本や富士山関係の本にも目が向くようになりました。てんし様との出逢いが新しい本棚を作ってくれました。ありがとう

§まろゆーろ様
もしかしたら言葉も「ワタシに寄り添ってくれる人はまだかしらん?」と待っているような気がしてきました♪

§なう60さま
今だからこそ、小さな子どもたちの心に本当の優しさの種を蒔きたいですね。きっと素晴らしい花や実がなるはずです!!

§ kazuさま
もうたくさんの図書委員さんが働いていると思います私のはゴレンジャーみたいに担当があるらしく(笑)あまりピンクがでしゃばらないようにしてもらわないと~大変なことになりそうです

§ラブソンさま
大人も、子どもも…みんな「思いやり」や「優しさ」を体現することに抵抗がなくなるといいですよね。政治家サンは別の世界の人です
§たいちゃ~ん様
読みやすいですが、今流行りのライトノベルとは違う気がします。ちなみに「草祭」は新潮文庫です!

§くみちゃん様
ひと安心しました。これからまたいろいろあると思いますが《がんばれ!女の子!!》して下さい☆
10. Posted by    2011年06月14日 08:37
5 面白い偶然もあるのですね(^-^)

オスカーさんの脳内図書館の司書さんは優秀ということでしょうか。

私は同じような話をアメリカを旅行した先生から聞いたことがあります。
何だか不思議です。
11. Posted by オスカー   2011年06月14日 11:27
§熊さま
最近は本ばかりで少しガッツリ漫画を読みたい気分です(笑)漫画でも面白い出逢いをしたいです♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ