2011年08月08日

ひつじ雲便り481:Do you remember me

『人間の証明』のテーマ曲を歌ったジョー山中さんの訃報を聞きました。あの作品も戦争の悲劇を描いていたと思います。


6日の読売新聞朝刊投書欄に「息子たち見て思う風化する8月6日」の見出しがありました。


私たちが小学生の頃は8月15日が全校登校日でしたが、投書された方は広島の方で毎年6日に登校されていたようです。広島県では原爆について幼い頃からいろんな話を聞く機会があり、他県の人たちよりこの日に対しての意識が強いと思っていました。


しかし「先日、テレビ番組で、地元の子どもたちでさえ、原爆投下の正確な日時が答えられなくなっているという報道があった」そうです。今は8月6日が登校日という学校も少ないのでしょうか?


戦争体験を語り継ぐ人たちも高齢になりました。今まで隠されてきた事実も、たくさんの資料や証言の検証により私たちが知ることも出来るようになりました。


声高に「平和」を叫ぶだけでなく、一人一人があの時代の小さな出来事をひとつでも記憶して、伝えることが大事なのではと思います。難しい理屈や理論は抜きにして、確かにあの時代を生きた人がいたということを忘れない…肉体の死の後に忘却という二度目の死に至らしめてはいけない…それだけはいつも心に大事に持ち続けたいと思う夏の日であります。




rohengram799 at 10:23コメント(20) | わたしにできること  

コメント一欄

1. Posted by 猫ムスメ   2011年08月08日 12:26
ジョー山中さん、お亡くなりになりましたね 確か昨年くらいにご自宅が火事で全焼されたようですし、大変な晩年だったかもしれません。でも病を押して被災地へ応援に行ったり、とても立派な方だったと思います。
「人間の証明」は西条八十の詩が忘れられず、折に触れ「おかあさん、あの○○はどうなったのでせう」と引用してしまいます(笑) 冗談はさておき、不朽の名作かと思います。ジョー山中さんのご逝去を機にテレビで再放送するかもしれませんね。今の若い人にも見て欲しいと思います。
2. Posted by たいちゃ~ん   2011年08月08日 13:35
5 こんにちは~

広島在住歴10年、8月6日の日は頭に残っています~~~
そして原爆投下まもなく誕生した私には忘れられません!

原爆~平和 相反する言葉ですが、一生心に響きます。!
3. Posted by HyperChem   2011年08月08日 15:15
人が身を持って体験していないことを正確に伝えていくって、難しいですね。
新しく生まれてきた子供たちは、物心ついたときからのことが
ベースになりますから、戦争もバーチャルなゲームの世界のものとしか見れないかもしれません。
長く受け継ぐには、憎しみを伴わなければならないけど、
それは別の悲しみを生むことになります。
平和に伝えることの難しさを感じました。
4. Posted by てんし   2011年08月08日 17:05
こんにちは

確かに『風化する8月6日・9日・15日』になってしまいました。

とても悲しむべき事象だと思います。しかし私たちも含めて戦争体験のない世代に、語り伝えて行ったとしても、私たちの世代でさえ戦争で実際目の当たりにしたことがないので、『悲惨さ』を上手く伝えることはなかなか難しいことだと思います。

そんな時、実際のビデオなり『映画作品』などで解らせると効果的だと思います。

その証拠として、『3・11東日本大震災』で味わった『大地震の恐怖』や『大津波の恐怖』は、今生きている日本人のほとんどは決して忘れることは有り得ないと思うくらい、『衝撃的出来事』でした。

しかしこれから生まれてくる子供たちに解らせようとしても、体験してないから無理が多いと思われます。

何でも人間体験してないと他人の気持ちを理解しろと言っても、どうしても無理が生じてしまいます。だから実際のビデオなんかスゴい威力があるのではないでしょうか!!
5. Posted by 金太郎   2011年08月08日 18:03
5 そうですね
理屈はいらないですね
1945年8月6日の広島に起きたことを忘れることなく伝え続けることですね
昨日の甲子園でも開会式で詩の朗読をしていました。
こういうことが大切だと思いました。
6. Posted by kouchan   2011年08月08日 19:38
アメリカでは、子供が原爆投下の映像を観て、「ゲームみたいで面白い」と反応するらしいです。これ以上、変な方向に時代が変わらないと良いのですが。。。
僕も春に広島の原爆ドームを見て、いろいろと考えさせられました。

准教授「ちょちょちょ、僕は戦前生まれじゃないよ!」
7. Posted by オスカー   2011年08月08日 20:44
§猫ムスメさま
「人間の証明」の映画ポスターが職員室の前に貼ってあり先生に欲しい!!と言ったことがあります~碓氷峠とかこの映画で初めて知りました(笑)

§たいちゃ~ん様
育った過程がそのまま日本再生の歩みになるのですね。不安定な中での子育て、お母さまは大変だったでしょう。立派な方です!!

§ HyperChemさま
ウチの子どもは高校の修学旅行が沖縄でした。戦争体験談を聞いてきました。泣いている女の子もいたみたいですが、その場だけの涙だけでなく日々の暮らしの中でちょっとでも意識してくれたらなと思いました。
8. Posted by オスカー   2011年08月08日 20:58
§てんし様
映像も以前に比べたらたくさんテレビなどで流れるようになりました。大人でも衝撃が強いので、小さい子どもたちにはかなりの配慮が必要になりますね。押しつけの平和論でなく心を豊かにできたらと思います。

§金太郎さま
戦時中は野球や芝居、絵画などいろんな規制と犠牲がありました。今、好きなことがひとつでも出来るのはありがたく幸せなことだと思います。

§ kouchanさま
戦争関連の建物はある程度かたちのあるものや施設の他に意外な場所にあったりしますよね。観光地みたいな場所もありますが、祈りの心は忘れたくないと思います。
9. Posted by 松尾陽   2011年08月08日 21:28
訃報は忘れたころにやってきますね。
便りがないのは元気な証拠じゃなかったのか。
便りがないと思っていたら亡くなっていた、なんてこともあるのですね。

人づては記憶もゆがめられるのでしょう。
体験していない子供たち、同じく体験していない親たちは、さらにその親に訊くしかないですね。
もしくはその親ですら、体験していないという。

継承って大事だなと夏になれば思いますね。
10. Posted by MEL   2011年08月08日 22:27
受け継いでいく教育は必要だと思うんですけどねえ…
自分の時ですらそんなに印象深くないんだから
今はもっと薄いのか…
11. Posted by まろゆーろ   2011年08月08日 22:49
教育という枠に押し込めたから日本人として忘れてはならない広島や長崎の原爆忌が押しつけがましくなり逆に風化しつつあるのではと思います。
日本ってどうして心ない教育をするのでしょうか。差別教育もそう。寝た子を覚ますような真似をして。だから逆にいじめが増えたような気がします。
体験なさった方々の思いを後世に伝える、伝えなければならない方法ってまだ他にもあるのではないでしょうか。
痛みや優しさが置き去りにされているようで怖いですね。
12. Posted by やま   2011年08月08日 23:39
こんばんは。

自分も8月15日が登校日だったような…

世界で唯一の被爆国

原爆の悲劇はずっと風化させないようにして

忘却

2度めの死に至らしめたらいけないですね。


13. Posted by オスカー   2011年08月08日 23:50
§松尾陽さま
自分が小さい頃テレビなどで見ていた人が亡くなるのはなんかショックです。
学校教科書、毎年記述でもめますが、教えている先生自体わからないことばかりでは?と思います。

§MELさま
「Do you remember me」を歌っていた岡崎友紀さんが今どうしているかを気にしつつも、今の学校ではどんなふうに戦争、原爆の話をしているのかな~と思いました。日露戦争時のはやり歌でお手玉をしたという母の話をなぜか覚えています。

§まろゆーろ様
真実って正直わからないと思うんです。相手の立場と自分の立場は違うわけですから。でも、あの時代を生きた人たちがいたのは間違いないのです。たしかに生きた人たちのことをそっと思い出す…そんな気持ちを育てる教育をして欲しいのです。
14. Posted by オスカー   2011年08月08日 23:55
§やま様
登校日に戦争に関する話を聞いた記憶はないのですが、やはり特別な日という感覚はありました。この感覚も他人事という人たちもいるんですよね…残念。
15. Posted by kazu   2011年08月09日 01:10
こんばんは!

そういえば全校登校日って今、ありませんね・・・。

確かに私のところも同じ日でした。

今年は戦争よりも災害のニュースが多く流れていて
この時期のテレビ番組とは雰囲気が違うな、と
感じています。
16. Posted by オスカー   2011年08月09日 08:13
§ kazuさま
被爆者の手記が英訳され電子書籍で出版されたという記事を読みました。紙の書籍もありますが、今の時代はこういう方法があった!!などと今さら感動しています。
17. Posted by    2011年08月09日 08:25
5 特別な日、と言えば今日もその日ですね。

過去のものになってきたのは、良いのか悪いのか…
記憶は出来なくても記録して後世に伝えることは必要なのだと思います。
18. Posted by オスカー   2011年08月09日 08:51
§熊さま
モノクロ写真に色をつけたりCG再現があったり…技術の進歩とともに遺せるものの内容が飛躍的に増えた気がします。いつでも確認、検証が出来る時代はやはり平和なのでしょうね。
19. Posted by かほこ   2011年08月09日 20:48
小学生の頃、祖母によく戦争の話を聞かされていました。
「大きくなったらもっと色々教えてあげるね」って言っていたけど、大きくなるほど遊びに行く回数が減り・・・今はもう居ません。
この時期になるといつもその事を思い出します。
今思えば、もっと色々と話を聞いてみたかったです。
20. Posted by オスカー   2011年08月09日 20:56
§かほこ様
身近な人の話を…といっても小さな頃はよくわからないし、大人になったらなり関心の度合いが強くなる頃には鬼籍の人に…で学ぶタイミングって難しいなぁと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ