2011年09月24日

第581号:つきのふね~ハルモニアへ

人間って太陽よりも月に憧れるものなのかしら…それとも日本人の感性なのか…和歌も月を詠んだものが多いですよね。


θ(シータ)の前にワタクシは『つきのふね』(森絵都)を読んでおりました。皆さまから『カラフル』をすすめられたのに、こちらのタイトルが気になり…(笑)


中学生のさくらは親友と万引きグループの仲間に…彼女を裏切ってしまったこと、進路や将来、その他もろもろの漠然とした不安。心の拠り所だった年上の智さんも少しずつ違う世界に…。


智さんの意識がしっかりするのは海外にいる親友から絵ハガキが届いた時。境界線をいったりきたりの危うい状況をなんとかしなくては!!とさくらやまわりの人間は考え、親友・幸一さんに手紙を書きます。


彼からの返事には、自分も小学生の時「心の病」にかかり、そして智さんからの手紙に救われたとありました。親同士の付き合いでの誕生会に呼ばれた彼らはその時が初対面。
幸一さんはチェロを演奏しました。


最後に智さんが幸一さんに書いた小学二年生の時の手紙を私たちも読むことができます。そんなに親しくもなかった智さんから届いた手紙は幸一さんが「ずっとお守りにしていた」もの……その気持ちがすごくよくわかりました。最後の二行で思わず涙が…(;_;)


短い作品なので全編読んでいただきたいですが、最後のこの手紙だけでもひとつの作品のように思えるので、本屋さんで見つけたら(少し前の)幸一さんからの手紙のところとあわせてコッソリ読んで欲しいです(笑)


以下、余談というかいつもの…( ̄ー ̄)


チェロと言えば、作家の篠田節子さんも習っていますよね。『ハルモニア』という作品は堂本光一クンでドラマにもなりましたし…。「ウェルニッケ不全症候群」という言葉を理解できない病に冒された女性にチェロを教えるのですか…例によって原作にはやはりかなわないという感想でした(((^^;)



rohengram799 at 11:01│Comments(11)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by ラブソン   2011年09月24日 11:34
5 オスカーさん、こんにちは
「心の病」って、つい数年前までは理解されづらかった病でしたよね細川てんてんさんの「ツレがうつになりまして。」て云うのがドラマ化になった時、ビックリしましたが、今度は映画化になるみたいですねでも…なった本人にしか分からないですけど、本当の「心の病」って、例えば最近の加護ちゃんみたいに、あと一歩で自殺してしまうところだったと云う映像では表せない病だと思うんですね。僕も、そうだったみたいに…
2. Posted by kouchan   2011年09月24日 11:39
実は准教授は昔、ジャズバンドをやってたらしいです。ベースを弾いてたらしいです。きっと、自分の体よりも大きいウッドベースを弾いてたのだと思います。
准教授「これじゃあ、どっちが楽器か分からないじゃない!orz」
3. Posted by オスカー   2011年09月24日 12:44
§ラブソン様
『人より壊れやすい心に生まれついた人間は、それでも生きていくだけの強さも同時に生まれもっている。』本の中にありました。加護ちゃんも今辛い立場にいる人も自分の「強さ」に早く気づいてくれたら…と思います。

§ kouchanさま
ウチのオタ息子、どうせすぐ飽きるよ~と言ったのに高校入学時にエレキを中古で購入。愛称は「べんべん」!もちろん今はホコリかぶってま~す(笑)
4. Posted by たいちゃ~ん   2011年09月24日 13:26
5 こんにちは!(^^)!

「心の病」私にはよく判る感じがします。
現代は、ストレスなどによっての原因が、取りざたされていますが?

私も20年前位に・・・・・! よい医者に巡り合い、そしてよい薬
に出逢って、精神的にもゆとりが出るようになりました。

それから部下で数名同じような「心の病」!
殆どが職場転換~~~でもみなさん元気です。

>「ずっとお守りにしていた」もの……
何故か心にピンときました。(@_@。
5. Posted by オスカー   2011年09月24日 17:00
§たいちゃ~ん様
私の働いている店舗でもメンタルケアが必要な人は年々増えている気がします。マンガなんかで理解された部分もあるでしょうが誤解される部分も否定できないですね
6. Posted by 松尾陽   2011年09月24日 21:01
自分自身を月にたとえ、好きな人を太陽に例える人が多いようにも感じます。
君は僕の太陽だ~って感じでしょうか。
でも君は僕の月だ、なんて言いませんね。

原作が最も著者の思いを反映しているので、そこから他人の手で派生したドラマが勝てないのは無理のないことかなと思います。
たま~にドラマや映画のほうがよかったという場合もありますが、その場合は原作が一般的な感性じゃないということが多いですね。
7. Posted by てんし   2011年09月24日 21:16
こんばんは

やっぱりオスカーさんが言われているように、日本人は『月』をこよなく愛していたのかもしれません。

富士山の写真でも、『太陽』は『ダイヤモンド富士』だけで、それも逆光のために黒くなってしまいます。

その点、富士山と『月』は、早朝も良いし夕方も良いです。しかも『月』にもいろいろ種類があります。『新月』・『三日月』・『半月』・『満月』・『十六夜月』・『居待ち月』・『立ち待ち月』・『臥し待ち月』・『寝待ち月』や『朧ろ月』や『夕月』や『有明の月』等々、呼び名に事欠かないです。それだけ昔の人たちは、月に対する親しみが強かったのだと思います。

オスカーさんには毎回『満月』と『新月』を教えていただいていて、感謝しております。

次回あたりには、いい写真を撮影したいと思っています。
8. Posted by kazu   2011年09月24日 22:11
こんばんは!

私も月の方がほっと癒されるのですが、
太陽にも憧れます。

日本人って月の方が落ち着くのでしょうね・・・。
情熱的なお国柄だと太陽!なんでしょうけど。
9. Posted by オスカー   2011年09月24日 23:29
§松尾陽さま
>君は僕の月だ
なんかオオカミ男だったら言いそうなセリフです!!太陽と言うとギラギラ感がありますが、「おひさま」 だとやわらかい~この感覚は好きです!!

§てんし様
形をかえる月を不吉と遠ざけるのではなく、美しい名前で呼ぶ日本人…やっぱりいいなぁ~と思います。

§ kazu
セーラームーンでなくセーラーサンだと語呂が悪い~!サンが太陽でなく息子のサンだともっとイヤだ!←この発想もイヤだわ(笑)
10. Posted by Ash   2011年09月25日 23:40
> 人間って太陽よりも月に憧れるものなのかしら…

太陽への憧れは絶対的な強者を示す場合が多いので、
どうしても月の方が……というのはある気がしますね。
神話でも、太陽を司る神様よりも月を司る神の方が
人間に対する理解力を持っているのは多々ありますし。

また、心の病というわけではありませんが
海外では『ルナティック』。
要するに
 月 = 狂気
という構図もありますし……
思っている以上に深い関わり合いがあるのかもしれませんね。
11. Posted by オスカー   2011年09月26日 00:04
§ Ashさま
お菓子でも「萩の月」はしっくりきますが「萩の太陽」だと何かヘン…(笑)太陽はマンゴーとか果物にあいますね!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ