2011年09月26日

第582号:魅せられて…?

相変わらず「孔雀熱」が下がらないワタクシ、本屋では必ず鳥関係の本をチェック!でも、私を満足させてくれる記述がない(ToT)


インド孔雀の真っ白なのはとても綺麗で、まさにジュディ・オング!!


♪ Wind is blowing from the Aegean…女は海~


まぁ、これはこれで楽しめたのですが( ̄ー ̄)


皆さまも羽が美しいのはオスだけだとご存知だと思いますが…雄の飾り羽は尾羽の様に見えるのは、上尾筒(じょうびとう)というヤツで、繁殖期が終わった後に脱落するらしいんですわ!!


「脱落」…いっぺんにあの羽がバサッ!!とおちるのかしら?それとも一本二本…みたいに少しずつ抜けていくのかしら?髪の毛も長くなったのをバッサリ切ると軽くなるから、オスも「ああ、一仕事終えてさっぱりスッキリしたぜ!!」とかんじるのかしら?


『とりぱん』(マンガ)でもキジが換毛期で尾羽がないという絵があって(孔雀はキジ科)やっぱり身軽な気分なのか!?と思ったり~(((^^;)


「やっぱりアレがないと落ち着かないぜ!!」みたいな孔雀はいないのかな~?人間がエクステを利用するみたいに、鳥の世界でも専門の美容師さんとかいたら笑えるのに…という妄想にいってしまうじゃないかっ!!


鳩が「オリーブは飽きたからインド孔雀の羽をくわえたいわ」とか白孔雀が「今日はレインボーカラーにして」とか……ふっ、好意的にみればメルヘンだけれど、やはりおバカさんの戯言ですわね(´Д`)




rohengram799 at 00:02コメント(14) |  

コメント一欄

1. Posted by kouchan   2011年09月26日 07:14
准教授「教授が胆のうポッキーになってね、僕は鳥になったかのように自由になったよ♪」

この都会のど真ん中で、飛んで会社に行けたらどんなに嬉しいことか。。。舞空術を学ばなければ♪
2. Posted by たいちゃ~ん   2011年09月26日 07:18
5 おはようございます。

魅せられて~~~
ジュディオングさん可憐な衣装と歌を思い出しました。
まっ白い孔雀の話、やはり私などにはメルヘンの世界みたい(?_?)
3. Posted by なう60   2011年09月26日 08:03
おはようございます。
白クジャク、サイトで観てきました。日々、勉強、相田みつをさんの「一生勉強、一生青春」
オスカ-さんにピッタリの言葉です。
「オスも「ああ、一仕事終えてさっぱりスッキリしたぜ!!」とかんじるのかしら?」笑いは百薬の長、長生きできそうです。

4. Posted by 猫ムスメ   2011年09月26日 08:55
「魅せられて」ってジュディ・オングだったのですね。何故かアベシズエだと思い込んでました(←どういう間違いだw)

動物園でもそうでしたが、よく孔雀の羽根が1本だけ落ちているのを見ます。だからバサッとではなく1本1本、季節が変わりゆくと共に抜けてゆくのでは・・・と、思っています。と言うか、思いたいです。その方がバサッより風情があります
5. Posted by Minorpoet   2011年09月26日 09:02
オスカーさん おはようございます♪

♪羽の色が真っ黒なカラスが恋をして~♪という歌でカラスが羽の色を変えるのが
ありませんでしたか(?)

ミスターXは渋くていいのですが(悪役だし)、せめて「ちびっこハウス」のルリ子の
兄さんにしておいてください(願)
6. Posted by ラブソン   2011年09月26日 11:28
5 オスカーさん、こんにちは
ジュディ・オングさんの魅せられて…。僕が生まれた1979年のヒット曲ですねかつてジュディさんが、とあるラジオ番組に出演した時、「同じ年にヒットして、思い出深い曲」として、サザンのいとしのエリーをリクエストしてたのを覚えています2008年の桑田佳祐さんの「ひとり紅白」で、桑田さんは「魅せられて」を歌ってましたがジュディさん顔負けのド派手な白のドレスで歌ってましたよ(笑)
7. Posted by まろゆーろ   2011年09月26日 11:52
ずっと換毛期の私にとって、「脱落」、「いっぺんにバサッと」!!
なんて怖ろしい語彙だらけでしょう。
抜けても新しいのが生える、若い人、犬、クジャクが羨ましい。
そうだ!! 明日の新月の願い。「毛」を所望しよう!!

白いクジャクがジュディ・オングさんとはいつもながら素晴らしい発想!!
言い得て妙!! 確かにあのお姿は白クジャクそのものの神々しさでありますね。
実物は作り物のようにきれいなジュディ・オングさんでした。

「魅せられて」、これが1979年のヒットだったのですね。大学生だった!!
無駄に捨てたお種も数知れない昭和54年あたりかぁ。
あの頃に生まれた方たちが大勢活躍なさっているのですね。
お種も毛も無くなりはじめて貴重さが分かる今日この頃です。
8. Posted by アキバの行政書士   2011年09月26日 17:51
「魅せられて」は
♪ Wind is blowing from the Aegean…女は海~
ジュディオング、発音良すぎて、エーゲ海ではなくアジアからの風と間違えてる人います。

夫は猛禽類好きで、動物園で猛禽類ばかり見ていました。

9. Posted by 松尾陽   2011年09月26日 19:27
鳥さんは羽が美しいから好きですわ~。
あと、丸いおなかですかね。
クジャクはカラフルなイメージがありますが、白もいいですね。
赤やら青やらいろんな色があって、戦隊でもやってくれれば楽しいのにと思う私って(汗)。
10. Posted by kazu   2011年09月26日 22:20
こんばんは!

昔、いなかでクジャクを飼っていて・・・。
確かに羽が抜けていましたね・・・。

小屋に行くとぼろって抜けてて・・・中途半端に本体にもひっついているような
状態でした・・・。

珍しかったので全部持って帰りましたが結局その羽・・・
鴨居の隅っこでほこりをかぶっていたような記憶があります。
11. Posted by あっきー   2011年09月26日 23:23
またまた想像力の豊かなオスカーさんらしい記事ですね。
笑わせてもらいました♪
孔雀さんに羽根のエクステを!(笑)
人間が勝手にやっちゃたら気の毒だけど、
希望する孔雀さんがいたら、やってあげるのもいいですね♪

12. Posted by オスカー   2011年09月27日 09:02
§ kouchanさま
なぜか巨大なうちわを振り回す教授陣が頭に浮かびました。誰をとばしたいのかしら…ぷぷ!!

§たいちゃ~ん様
自分の姿を見たら、白孔雀は絶対ナルシスト確定だと思います!!

§なう60様
自然界は摩訶不思議…謎が謎を呼びまくり~秋の夜長には大変向いています(*^^*)

§猫ムスメ様
あべ静江さんとジュディ・オング…目の感じや声もなんとなく似ているかも…意外な発見です!!
13. Posted by オスカー   2011年09月27日 09:07
§ Minorpoetさま
> ♪羽の色が真っ黒なカラスが恋をして~♪という歌…はじめて聞きました!!ルリ子さんのお兄さん、名前はなんていうのか、ずっと疑問です(笑)

§ラブソンさま
>2008年の桑田佳祐さんの「ひとり紅白」…
私もワイドショーか何かで見ました!!桑田さんならではのアヤシイ美しさでしたね(笑)

§まろゆーろ様
師匠に配慮のない記事になって申し訳ないですがっ!!きっと美女に囲まれいろんな素晴らしいモノを「見せられて」いたに違いないと思っております(笑)

§アキバの行政書士さま

猛禽類~ワイルドですな!!鷹匠の話も読んでみたいですし…常にノロノロ歩きの私、案外空に憧れているのかも(((・・;)
14. Posted by オスカー   2011年09月27日 09:08
§松尾陽さま
孔雀キャラの戦隊物…斬新でいいかも!!自然環境保護を訴えるとか…ピンクはなくて紅孔雀ですかね(笑)

§kazuさま
>昔、いなかでクジャクを飼っていて・・・。
やはり飼う人はいるのですね。うまく羽が残ればオシャレですが…場合によってはすごいマヌケですな

§あっきー様
もし孔雀が美容師さんだったら、お客様の好みより自分の趣味を優先させそうな気がします(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ