2011年10月03日

第589号:芸術の秋、鉛筆の技(゜□゜)

今年の春に転勤してきた店舗スタッフの男性、忘れ物が多い…というより記憶力がイマイチなのか「あ、忘れてました~」が口癖らしいです。


店長は「○○さんの頭の中には消しゴムがいっぱいなんだねぇ」と言ったらしいです…冗談なのか皮肉なのかわからないですが(((^_^;)


そんなに頻繁に物忘れがあるのなら「病気かもしれないから一度検査にいったらどう?」とすすめた方がいいような気がするのですが…だってまだ20代前半なんですよ。本人も忘れっぽいという自覚はあるみたいなので、何もないならないでもっと気をつけるとか対処法を考えたらいいと思うし…お客様と大きなトラブルになる前に考えたらどうかしら…なんて余計なおせっかいでしょうか(((・・;)


消しゴムといえば鉛筆がセットで思い浮かびますが、先日『鉛筆彫刻』というサイトに出逢いました!!メディアにも取り上げられているみたいです。山梨を中心に活動されているとのことで、私としては嬉しい限りです(^-^)v


老眼で不器用な私には消しゴムハンコや彫刻もムリなのに、鉛筆の芯を使っての芸術にただただ驚きです!!ぜひ皆さまもご覧になって下さいませm(__)m


《鉛筆彫刻・テレビ出演》

http://blog.livedoor.jp/daludalu35/archives/52015480.html?1316762070#comment-form


《日本鉛筆工業協同組合》
http://www.pencil.or.jp/index.html


《消しゴム比較研究室》

http://keshigomu.makibishi.jp/



※第588号はありません。番号を飛ばしました<(_ _*)>



この記事へのコメント

1. Posted by HyperChem   2011年10月03日 07:30
最近、忘れ物が目立つようになってきました。
ちょっと自分でも警戒しています。
まぁ、年齢が年齢なので、ヤバいと思ったら即医者へ!ですよね。
「私の頭の中の消しゴム」にかけたのか、書きながら懐かしく
思い出していました。あの頃は、ドラマも映画もよく見てたなって。
それにしても、鉛筆でそこまでやってしまいますか!
誰にでもできることではないですから、やはり才能ですよねぇ。
2. Posted by なう60   2011年10月03日 07:56
おはようございます。
サイト観ました。「鉛筆彫刻」素晴らしくです。発想、創意ある人は、感嘆です♪
「○○さんの頭の中には消しゴムがいっぱいなんだねぇ」面白いですが言われた本人は、ショックを感じて、消しゴム少なくなったでしょうか???
3. Posted by kouchan   2011年10月03日 08:15
消しゴム通り越して脳内がザルでできている准教授もいますけど。。。

准教授「誰、ここのネジばかにしたの?」
1年後
准教授「誰、ここのネジばかにしたの?」
2年後
准教授「誰、ここのネジばかにしたの?」
5年後
准教授「誰、ここのネジばかにしたの?」
10年後
准教授「誰、ここのネジばかにしたの?」

肩書が変わってないとこもポイント♪
4. Posted by たいちゃ~ん   2011年10月03日 09:36
5 おはようございます。

物忘れ 他人のことはあまり言えません~~~
最近は、何かにつけて多くなっている気がします。

忘れものと消しゴム 上手い語呂合わせです\(◎o◎)/!
5. Posted by 猫ムスメ   2011年10月03日 09:45
私が池波正太郎先生に継ぐくらい尊敬しているのは、何を隠そう、ナンシー関です(カミングアウト♪)

消しゴム版画の第一人者ですよね。もちろん版画も出来栄えもさることながら、テレビウォッチャーとしての真っ直ぐな視点には心洗われました(笑) 早世されたのが残念でなりません

消しゴムにしろ鉛筆にしろ、身近な物で芸術を造られる方ってすごいですよね!! 山梨出身ならワタクシも隣接している市民として応援してしまいます(笑)
6. Posted by kobayu   2011年10月03日 09:49
こんにちは。

最近読んだ「ラクをしないと成果はでない」という本に、覚えておく努力をするよりも忘れても何とかなる工夫をすべし、ということが書かれてて「そうだよなあ」と思いました。

予備を常に用意しておいたり、よく見えるところにメモを張っておくとか、考えると結構工夫できることってありますよね。

7. Posted by ラブソン   2011年10月03日 10:46
5 オスカーさん、おはようございます
鉛筆彫刻は、テレビで観た事がありますあれは細かい作業ですよね僕は緊張すると震えてしまうので、ダメですね(笑)

消しゴム彫刻と言えば、まだナンシー関さんがご存命だった頃、「週刊朝日」のナンシーさんの連載が好きでしたねあの鋭いツッコミや辛口なコメントも好きでした只、あの体型で、一日10時間以上もテレビを観ていたらしくて、体に相当な負担があったらしいです…
8. Posted by オスカー   2011年10月03日 11:22
§ HyperChemさま
「いなかっぺ大将」で、最初スゴい薄い鉛筆で書き、だんだん濃いもので上書きし勉強するという~西一(にし・はじめ)っていましたよね。今はカリカリ書く人も少ないのかな?

§なう60さま
先日も朝礼の時にお願い事をしたのですが、夕方まで何のアクションもなし!!こちらから催促しなければ「お先に~」で帰宅していたと思います(-_-)
§ kouchanさま
持ち物全部に「准教授」というお名前シールが貼ってありそうです!!鉛筆彫刻いっぱいの筆箱だったら1日中遊んでいそうだ(笑)
9. Posted by オスカー   2011年10月03日 11:32
§たいちゃ~ん様
消しゴム付きの鉛筆とか砂消しゴムとかあんまり見かけなくなりました。
シャーペンは小4から使用可と言われた記憶があります。なんでだろ!?

§猫ムスメ様
まさかナンシー関さまLOVE!!だとは(笑)ショーゲキです~でも何となくわかる!!職人系ですもんね。色鉛筆をバキバキ折りまくった私には絶対ムリな技です

§ kobayuさま
「創意工夫」が社訓の中にありますが、全く活かされていないと思います。なければ買う、要らなければ捨てる…ですから。こうしてみたら?というアドバイスもしていないみたいです

§ラブソン様
ずっと座っている生活や仕事ってやはり身体には負担なんですよね。亡くなられた時は本当に驚きました!!
10. Posted by まろゆーろ   2011年10月03日 15:10
私くらいの年になると相応に「忘れっぽい」もサマになりますが、
若い方が物忘れがひどいって、ある意味だらしなさもあるのかもしれないですね。
若者はもっと背筋を伸ばしてまっすぐ歩いてもらいたいものです。

消しゴムで彫刻……、高校時代を思い出しました。
美術部のヤツが消しゴムで男の○○コを授業中に掘って遊んでいました。
小さいながらリアルに出来てて大笑いしました。
ちなみに自分のに似たのを作ったり絵に描いたりするんですって。
男の不思議さだとか聞いたことがあります。
11. Posted by オスカー   2011年10月03日 17:55
§まろゆーろ様
徳川慶喜公が女体のホニャララを精密に書き、家臣に見せていたとかいう話を連想しますね。極めれば、そのテの業界のDONになれたかもしれないですな
12. Posted by もっちゃん   2011年10月03日 20:33
私もかなりひどいですね
今、母が愛媛から来ているのですが、二人で「アレ」「アノ」の多いこと
若い方は、言われたことをメモすること、知らないんでしょうね
体中、メモを貼ってあげたいですね。
13. Posted by Minorpoet   2011年10月03日 20:45
オスカーさん こんばんは♪

「鉛筆の芯の彫刻家」テレビで見ました!ただただ、すごい!

米粒に絵をかく人もすごいと思っていましたが、さらに上を行きます。

鉛筆と言えば、筆箱。今でもあるのか、象が踏んでも壊れない「アーム筆入れ」♪
14. Posted by オスカー   2011年10月03日 21:34
§もっちゃん様
私も母とは指差し確認みたいな会話になります(笑)メモをとる人は確かに少ないですね~右から左って感じです

§ Minorpoetさま
私たちが中学生の時とかカンペンが流行り、机からおちてうるさい、うるさい!!今はペンケースを使わないので、少しさみしいかも(-.-)
15. Posted by 見張り員   2011年10月04日 21:14
こんばんは

「物忘れ」は私の得意技です。それにかけては右に出る人はいません(自慢にならんな~)。
しかも日に日にすさまじくなって物の名前も人の名前もすっと出てきませんし、言葉にしたら全く違うことを言います。
娘たちは私を「ボケの始まり」といいます。そうかもしれません・・・ゾーッ!

おお、かの山梨県の鉛筆芸術の人ですね。素晴らしいとしか言いようがないですよね、こういう細かいことができる人は無条件に「師匠」と呼ばせていただいております。
16. Posted by オスカー   2011年10月05日 00:03
§見張り員さま
忘れないようにメモしたのにその紙を忘れる…どうしてお約束の展開をしてしまうのか(-_-)
豆本を作る人もスゴいですよね!!私は作れないし、読めないと思います(--;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ