2011年12月08日

第642号:冬のイナヅマ

昨晩、歌番組を見ました。SMAPを見るのも、歌っているツヨちゃんを見るのも本当に久しぶり!!

すっかり耳の悪くなったワタクシ、懐かしいアリスの『冬の稲妻』が♪あなたは横綱のように~に聞こえる!!ダンナにいたっては♪あなたは内柴のように~私の身体を押し倒した~とか言い出す始末(--;)ああ私たちは♪似た者同士なのね~でありました。でも真夜中にギターは弾きません!近所迷惑だから(~_~;)

そんなおバカさんな私ですが、読売新聞のコラムに載っていた「英霊はイギリスの幽霊、真珠湾は三重県に、B29はやわらか鉛筆」なんてことは一度も頭に浮かんだことはありません。

私は「戦争を知らない子どもたち」のひとりで、私の子どもたちは「昭和を知らない子どもたち」です。世界には産まれる前から「戦争が日常」な子どもたちもいる世の中、知ろうとすればたくさんのことが学べるわけですから、ウチの子どもたちには新聞で読んだような発言だけはしてもらいたくないです。

具体的なこと、教科書に載っているような出来事を丸暗記するのではなく「当時の人々の想い」に心をよせる人間になってほしいです。

今、実在した人物や戦艦、戦闘機などをモデルにした小説やら漫画やらアニメやらがたくさんあって「不謹慎」という人もいるかもしれませんが、若い世代(だけではないけれど)が「あの時代」を知るキッカケにはとてもよいのではと私は思っています。関心をもってもらわなければ、どうしようもないですから。

この前記事にした『マリコ』も好きなドラマでしたが、安全地帯の玉置さんが主演の『最後の弾丸』、皆さまの記憶にありますか?太平洋戦争末期、ボルネオのジャングルで部隊が全滅し、一人生き残った日本軍狙撃兵山村と、日本軍掃討作戦に参加し山村ひとりに小隊を全滅させられ、同じく生き残ったオーストラリア軍新兵の生死をかけた孤独な戦い…その結末がまた…( o´ェ`o) TSUTAYAとかにないかな~。

昨年は記事を3つも書いていましたが←自分でビックリ(((・・;)今日はこの記事だけの予感…相変わらずまとまりのないまま失礼いたします。


rohengram799 at 08:05│Comments(16)わたしにできること 

この記事へのコメント

1. Posted by kouchan   2011年12月08日 09:03
准教授「青い稲妻が僕を責めるんだよ!!」
学生「家では恐妻に攻められるんですね、分かります( ;∀;)」
准教授「(*´∇`*)」

今は20世紀を知らない子供たちだらけてすよ((((;゜Д゜)))
2. Posted by ラブソン   2011年12月08日 17:23
5 オスカーさん、こんにちは
音楽好きな僕でも「FNS感謝祭」は何故か観る気が起こらないんですよね…それより、今のテレビって特番になると、平気で放送時間が4時間や5時間にもなっちゃうから、テレビを観る時間が昔より減りましたね(笑)。人間、集中的にテレビを観ようとすると、2時間が限度ですよそれ以上観ていると、頭が痛くなってきます(笑)。

…因みに、あの替え唄のスペシャリスト・嘉門達夫さんは冬の稲妻

あなたはクタクタの教師~

…て歌っておられます(笑)
3. Posted by kazu   2011年12月08日 18:23
こんばんは!

あなたは横綱のように・・・か・・・。
なんかそのまま強引に歌が続いてもおかしくないなと思ってしまうのですが・・・。

私も聞き間違えが多いお年頃になってきました・・・。
4. Posted by まろゆーろ   2011年12月08日 20:10
あはは。
横綱に内柴ですか!! ナイスな夫婦のナイスな会話でしたね。

そんな今日は真珠湾攻撃の日。
あれから日本は無茶苦茶になってしまって、失わなくてもいい尊い命が散華して。でも、今の日本人の軽々しさには言いようのない絶望感があります。
オスカーさんの美しい言葉で日本を甦らせて下さいね。
5. Posted by Minorpoet   2011年12月08日 20:53
オスカーさん こんばんは♪

今の子供たちには 「ゲーム」 の中で戦争ができてしまう! あれは止めてほしいですね! 殺し方もあまりにリアル! リセットすれば生き返る!

映画の好きな子供なら 「硫黄島からの手紙」 「父親たちの星条旗」 などの映画を見せたいですね♪

まったく 内柴の頭に 「冬の稲妻」 を落としてやりたい(怒)!
6. Posted by かほこ   2011年12月08日 21:42
私も「家政婦のミタ」が始まるまでは、歌番組を見てましたよ~(*^_^*)
懐メロとかは一緒に歌っていました。

私が小6の時の担任の先生がよく戦争の話をしてくれたのを思い出しました。
あの頃はまだ身近に戦争体験者がいましたけど、今は・・・。
じかにそういう話を聞く事もなくなってしまいました。
当然、人数は減っているわけで・・・

確かに、まずは興味を持つ事が大切ですよね。
7. Posted by オスカー   2011年12月08日 22:55
§ kouchanさま
よくある「200X年」なんて過ぎちゃったもんね。宇宙人はどこに紛れているのかな~やっぱり准教授があやしいかなぁ(@_@)

§ラブソンさま
最初からは見ていないんだけれど、嵐の歌が下手くそすぎる!!と思っていたらみんなそう思っていたようで… 嘉門さんばりのNiceな歌詞を勉強したいです
8. Posted by オスカー   2011年12月08日 23:32
§ kazuさま
楽しく聞き間違える!コレが理想♪全然関係ないですが、私、お相撲さんの「琴稲妻」が好きでした。赤ら顔でいつマゲが結えなくなるか心配な髪の毛にドキドキでした(笑)

§まろゆーろ様
読売新聞には見開きで映画「山本五十六」の宣伝記事がありました。この映画で大和魂がなんなのか、考えるきっかけになるといいなぁと思います。

§Minorpoetさま
昨年は酔っぱらいエビ、今年は帯でギュッとね! の12.8…なんか情けないですね。「日本」を象徴するような歌舞伎と柔道なのに(-_-;)月にかわってお仕置きして下さい!!

§かほこ様
最近のドラマなんかだと顔がきれい過ぎて違和感がありますが…若いコたちに見てもらうにはアイドルをたくさん出すのがベターかもしれないですね。
9. Posted by 見張り員   2011年12月09日 00:02
こんばんは

読売新聞のコラムの「真珠湾は三重県」「英霊はイギリス人の幽霊」・・・読みましたが私には笑えません。
「真珠湾は・・・」の話は今年の1月に靖国神社の勉強会で講師の方に聞いて愕然としました。マジか!?
うちの娘たちにはまともに答えられる日本人になれよ、と常から言っておりますが果たして?

私のブログも相当不謹慎ですが、「あの時代」に興味を持ってもらうよすがになればと思いつつ早2年が過ぎました・・・ぐあっ!
10. Posted by てんし   2011年12月09日 00:38
こんばんは

あの真珠湾攻撃から70年も経ってしまいました。太平洋戦争も体験した人々がどんどん減り続けています。

だから真珠湾が三重県云々なんて言っているのだと思いますが、私たち戦後生まれの人間も全く太平洋戦争なんて知らないですから、そういうことを笑ってはいられないと思います。

私は昔からの『艦船』が大好きで、特に旧日本海軍の『戦艦』・『航空母艦』・『巡洋艦』・『駆逐艦』は写真を見ただけで、『××型戦艦』・『××型巡洋艦』・『××型駆逐艦』なんてのが判ります。

私の場合、これらの艦船は戦争の武器というのではなくて、『造形の芸術』といった感じになってしまっています。

しかしそういうもので、何人もの尊い命が奪われてしまったということを、しっかり認識しておかないといけないと思っています。
11. Posted by オスカー   2011年12月09日 01:03
§見張り員さま
どんなことがきっかけでもいいと思うんですよね。最近のアニメなどは細部にかなり拘った作画が多いですし…いつか見張り員さまの可愛いムスメたちが映像で活躍する日がくるかもしれません!!!

§てんし様
今より情報も材料も少ない中での造船技術、関わった人々の気持ちなど考えてしまいます。艦名など日本らしい美しい言葉です。今の保安庁の巡視船などの名前も綺麗だなと思います。
12. Posted by 猫ムスメ   2011年12月09日 06:25
私にとって戦争映画と言えば「ビルマの竪琴」です。オスカーさんは観ましたか?? 私が小学校の頃にヒットした映画だと思います(出演は中井貴一だったかな?)

母に連れられ小学校低学年の頃に観せられたので細部は覚えていませんが、幼心に強烈でした そして中学生の時たまたま図書館で原作の本を発見し読んで、またグッと来ました。映画はかなり原作に忠実だと思います。

今の子供はこういうシリアスな作品を観たり読んだりする機会があるのでしょうか?? 多分に親の影響も大きいと思うので、もっと親御さんが機会を作るべきだと思います。
13. Posted by なう60   2011年12月09日 07:07
おはようございます。
「ウチの子どもたちには新聞で読んだような発言だけはしてもらいたくないです。」頼もしいオスカ-さんです。日本が開戦をした時、アジアの国、印度を始めとして大半は、イギリス、フランスなど列強の植民地でした。中国は、世界の列強の進出の場の時代でした。日本は、欧米の列強に戦いを挑みましたが敗戦、しかしながら印度を始めとしてアジアの諸国は、欧米の植民地から脱却、独立した事実を忘れては、いけません。

14. Posted by オスカー   2011年12月09日 08:30
§猫ムスメさま
「水島、一緒に日本に帰ろう!!」ですね。船の中で手紙を読み上げる石坂浩二さんとラストシーンの赤いビルマの土を思い出します。今は沖縄に修学旅行が多いですが、遊び目的がメインですからね

§なう60様
「植民地」という言葉は自分たちには全く関係ないと思っている人たちがほとんどではないでしょうか? いつでも物事を知る、学ぶチャンスはありますね。
15. Posted by ナオたん   2011年12月10日 14:55
5 特に最近は歌詞を見なきゃ聞き取れなくなってきました(演歌はわかりますが)

テレビで戦時中のドキュメンタリーを見る機会もあるんですが…やっぱり祖母から当時の話を聞く方が実感が湧いてきますね

祖母が幼い娘(叔母)とアメリカ兵に連れていかれたという話をたまに聞きます何とか生き延びることが出来たからこそ…自分が今、ここにいるんだと
16. Posted by オスカー   2011年12月10日 22:36
§ナオたん様
おばあ様の話、想像しただけで怖いです。新聞に「歴史は歴史として受け止める」という言葉がありました。長い歴史の上に今があることをかみしめないといけないですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ