2012年02月27日

第704号:ネタはないが…妄想の『翼(は)あるもの』f(^^;

2月も今日を入れてあと3日~なんだかんだいいながら、月日は過ぎていくものですねぇ…はぁ(-。-)y-~


ネタがあるようでない本日…困った時にはアレしかない!!のパターンでお願いします(((^_^;)


国やら時代やら…華麗にスルーしてサクサク読んで下さいっ!!←お願いします(;_;)




『翼あるもの』第1回


はじめてこの国を訪れた時のことだ。タンゴで知られるこの街にはめずらしくいつもブルースを聴かせる店があるというので行ってみた。10人も入れば満席になってしまうその店は、栗色の長い髪の女主人とよく見ると片方の肩が下がっている黒い髪の男の城だ。彼には酔いがまわると決まって言うセリフがあるんだが……そうだ、君、よかったらオレの隣に座って酒を飲みながら話をきかないか?


秋のはじめだった。夜というにはまだ早い時間で店にはいつもの半数程度の客とその相手を努める女の子が2人いるだけだった。突然の爆発音が会話を打ちきらせたが、慣れっこになっているのか店を飛び出すような人間はいない。
「このあたりは大丈夫と思ったけど、やっぱり狙われているな。嫌がらせもいい加減にしろって!!」
「観光事業なんて言っているけど絶対ウソよね。自分たちに都合のいいホテルをつくりたいだけでしょう?」
「だろうな。でもママはここを離れるつもりはないんだろ?」
彼女たちはうなづいた。それは土地買収の話が出た時から繰り返し聞かされていることだった。
「昔はこの先までもうずーっとママのお父さんの土地だったんだって。噂では病弱な奥さんのために大金が必要で、農園を切り売りしたって。借金もかなりあったみたい」
「それは終わったらしいわ。でもこの店の分は残っているみたい」
「正直言うとヤツらがくれるお金は魅力的よ。ここを出てもっと大きな街に行けば今よりずっと余裕のある生活が出来るんじゃないかって思うもの」
その場にいた人数分のため息が出尽くした時に“ヤツら”がやってきた。男たちは申し訳なさそうな顔を2人に見せて帰って行った。
「商売繁盛で結構なことだな。レイナはどうした?オレのために念入りに化粧でもしてているのか?」
ヒュームはカウンター席に座り、大げさな仕草で煙草を取り出した。すぐ隣に立つ美丈夫が火をつける。その様子をもう1人は壁にもたれ不機嫌そうに見ていた。両腕を組んでいるが、シャツが大きくはだけているので日焼けした肌に残る傷が目に入る。奥の部屋から出てきた女は一瞬息をのんだが、それをうまくごまかした。それから凍りついた笑顔で「いらっしゃいませ」と型通りの挨拶をする。
「考えておいてくれたかな、例の件。こんな店にいつまでも執着していることはないだろう?さっさとオレの女になれ。借金もなくなるし、昔みたいに優雅で贅沢な生活ができるぞ」
落ちぶれた金持ちの一人娘が何年も店を開けていられるほどまわりの人々は裕福な暮らしをしていない。“その白い指を何回折れば、今まで寝た男の数になる?”という侮蔑の響きをこめて彼は「お嬢さま」と続けた。レイナは吹きかけられた煙草のけむりに顔をそむけたが、すぐ黒い瞳で睨み付けるとこう言った。
「ここは売らないわ。何度来ても返事は同じよ」
「フン…まぁ、いい。そのうち考えも変わるだろう。ところで、おい、この女と知り合いなんじゃないのか?お前、この街から逃げてきたんだろう、レンハートと一緒に」
声をかけられた男は、組んでいた腕をほどくとサングラスをかけた。
「忘れた。昔話はごめんだ。先に行かせてもらうぞ」
背中に女主人の視線を感じたが、そのまま外に出た。レンハートはライターをもてあそびながらレイナの表情を観察し、ヒュームは頬の傷をひとなでした。


続く(((^^;)




rohengram799 at 23:21│Comments(6)創作 小説 翼あるもの 

この記事へのコメント

1. Posted by あっきー   2012年02月28日 10:27
国やら時代やらわかりませんが、でもきっと舞台は日本じゃないし現代でもないですよね。
そういうの書けるってすごいなぁ。知識と想像力がないと書けませんもの!
外国の映画のような映像が、私の頭の中では動いております♪
2. Posted by オスカー   2012年02月28日 11:58
§あっきー様
詳しい状況設定は己の首を絞める恐ろしい結果になるので、極力避けております(笑)少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです!!
3. Posted by 凛花   2012年02月28日 13:53
そういや私も
何年か前にブログで小説書いたことがあります
また書いてみようかな
4. Posted by オスカー   2012年02月28日 15:17
§凛花さま
>また書いてみようかな
ぜひお願いします!どんなお話なのか前の作品も気になります
5. Posted by Minorpoet   2012年02月28日 21:39
オスカーさん こんばんは♪

ハードボイルドなアクション映画の始まりのようで、実はその裏には「激しい恋の火花」が音もなく飛び交い、

ブルースの音色だけがふたりの心をつなぐ・・・・。 「愛の逃避行」はできるのか、真実の愛を求めレイナは飛び行く。。。(なーんて妄想も・・・)
6. Posted by オスカー   2012年02月28日 23:06
§ Minorpoetさま
なんで脚本の先生が「ブルース」なんて名前にしたのか…今でも不思議です。彼女の名前を「リー」したらお笑いになるのでやめました!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ