2012年03月10日

第718号:一日サトウさんと戯れる(^o^;)

今日は3月10日で《砂糖の日》…山頭火の日ではないのか…などと思っていたオスカーです。昨日は3・9(サンキュー)《ありがとうの日》で、アリさんたちが大活躍しそうな二日間…『伝説の巨大あんまんを運べ』のアリの勇者である“アリヤマ・アリロウ”もバリバリ働きそうです(((^^;)


桐野夏生さんの『東京島』の中で無人島を無尽糖と置き換える場面があったのだけれど、「砂糖が尽きない壺」とか「砂糖で造られた島」とかメルヘンというより怖いんですが(--;)←こんな話ではないのでお間違いなく!!


「砂糖」というと《Sugar(シュガー)》も思い出しますね♪『ウエディング・ベル』~あんなきれいなコーラスで、結婚した元恋人に悪態をつく歌詞のすごさ…というより元カノを招待する男の神経に驚きでありました。それとも、彼女が勝手に「教会の一番後の席に」座ったのでしょうか…(((・・;)
私はメンバーの中ではモーリ(毛利公子)が一番好きだったので、亡くなった時は本当に驚きました(;_;)


それから、昔むかし《花とゆめ》という雑誌に高野まさこさんが『シュガーベビー』という漫画を連載していました。可愛い女の子と犬のホットドッグ(実は天使)の物語。願掛けでキライなトマトを食べる姿がとてもいじらしかったのを覚えているのですが、今はなかなか手に入らないコミックスになってしまったようです。


今日はダラダラと“激甘”の一日を過ごしてしまったので、明日は『甘い生活』くらいにしたいと思います…好きだったな、ゴロ~(笑)


♪台所に山積みであふれた菓子は このまま誰かにあげよか
ダイエットをするとダンナに高らかに宣言した日はいつだった?
“一口食べればそれで満足”と甘いチョコを口にした
今では体重計を横目に眺めは通りすぎる
決意は砂糖の城 アッサリと、溶ける痩せる決意よ…



rohengram799 at 16:07│Comments(14)

この記事へのコメント

1. Posted by kouchan   2012年03月10日 17:30
東京島は以前に読みました。完全に逆ハーレムでしたね。個人的にはoutが好きですね。
准教授「世界中の人間の苗字が佐藤だったら名前間違えないのに(;つД`)」
2. Posted by オスカー   2012年03月10日 18:03
§ kouchanさま
クラスに同姓同名が2人以上いたらすごい混乱しそう…名前が男女共通のユウキ、マコト、ツカサやツバサ…大混乱しそう!!
3. Posted by Minorpoet   2012年03月10日 18:35
オスカーさん こんばんは♪

「山頭火の日」いいですね! 山口県生まれの「種田山頭火さん」 荻原井泉水に師事し、のちに出家し自由律の句を詠まれましたね♪

♪『ウエディング・ベル』♪ 素敵なコーラスでしたね~♪ ちょっと古いですが 「ガロ」という男3人グループ ♪君とよく この店に 来たものさ~♪

「ガロ」子供心に好きでしたが ボーカルの彼 自殺しちゃったんですよね~(悲) でも その歌声は今でも残ってますね☆(シュガーも同じ☆)

4. Posted by 猫ムスメ   2012年03月10日 18:51
今日って砂糖の日なんすね(笑) 日本人ってゴロ合わせがホントに好きだな~といつも可笑しくなります。

砂糖と言えば私、つい最近初めて「三温糖」という物を使いました 砂糖を買う時になんか茶色いのがあるなとは思っていましたが、用途が分からず・・・。煮物とかに使うとコクが出るんですね。お料理する人にとっては常識なんでしょうか クックパッドに載っていたレシピに三温糖使用と書いてあったので思い切って一袋買い使ってみたら本当にコクが出て美味しかったです
5. Posted by オスカー   2012年03月10日 19:10
§ Minorpoetさま
ガロ、レコード持っていました~なおかつ毎朝聞いてから学校にいくカナシイ小学生でした(--;)『君の誕生日』は兄がよくリコーダーで吹いていました(笑)

§猫ムスメ様
茶色といえばコーヒーのブラウンシュガー!アレは何?と思っていましたあと『美味しんぼ』で読んだ“和三盆”が気になって仕方なかったです~スッキリとした甘さ!!こんな毎日を過ごしたいものです
6. Posted by まろゆーろ   2012年03月10日 20:35
『ウェディングベル』を最初聴いた時は美しい声だなぁと感心しました。
次に聴いたときは「ムムム??」とゆっくり驚きました。
そして次は急に恐ろしくなりました。女性が。
でもいい曲でしたね。今の時代にはない美しさがありました。

砂糖の日ですか。血糖値には大敵の日ですね。
寒くなるとか。風邪など引きませんように。
7. Posted by てんし   2012年03月10日 20:46
こんばんは

今日は310で砂糖の日なんですね。

そういえば、知り合いの佐藤さんの車のナンバーが310でした。また知り合いの後藤さんのナンバーは5103だったので、何故か聞いたところ5103はゴトウサンと読むんだそうです。

近所の武藤さんのナンバーも、そういえば610でした。私は最初は武藤さんの誕生日が6月10日なのかと思っていましたが、やっと謎解きが出来ました。

それでももしかしたら武藤さんの誕生日も610だったら凄いと思います。今度聞いてみようと思っています。

あと『シュガーベビー』という『天使(てんし)』の漫画を一度見てみたいです。

てんしといわれると、他人事ではなくなってしまいますから…。
8. Posted by オスカー   2012年03月10日 20:57
§まろゆーろ様
さむいおやぢギャグで風邪をひかないようにとは思っているのに、やはり「糖分は当分いらん!!」と言ってしまいました…冬将軍が快適に過ごす環境になっています

§てんし様
サトウさんて語呂合わせがしやすい名字なんでしょうね『シュガーベビー』本当にほのぼのして可愛い漫画でしたので、復刊して欲しいです
9. Posted by 松尾陽   2012年03月10日 23:12
砂糖は白より黒がいいですね(聞いてない)。
一度その味を知ったら、くせになりますね。

「ウェディングベル」は「一人ぼっちで座らせておいて」と文句言ってるところを見ると、招待されたのかと思いますね。
シュガーは好きな曲が多いので、活動期間が短いのが惜しかったです。
10. Posted by オスカー   2012年03月10日 23:39
§松尾陽さま
砂糖はスプーン印しか知らなかった私…三温糖とか最初は何?でした。黒糖もなんでそのまま食べてるの?でした
11. Posted by Ash   2012年03月12日 01:16
> 砂糖が尽きない壺

何かの神話だと、
お粥が尽きない釜とかはありましたね。
やっぱ、ある意味怖い(笑)。
12. Posted by オスカー   2012年03月12日 02:44
§ Ashさま
砂糖ではなく塩だったら…昔むかしならどちらでもひと儲け!パターンかも(笑)
13. Posted by ai   2017年09月05日 18:18
シュガーベビー、懐かしいです!
大好きで、どうしても読みたくて、県内の古書店に電話を掛けまくって探しました。
当時は今のようにネットショッピングなど、存在しなかったので。

特に最終巻は数ヶ月で絶版になったと本屋さんに言われて……全巻揃えるのに半年以上かかりました。

最終巻はシュガー以外の人、マロンちゃん、カシューくん、ミルクちゃん、のその後が中心だったと記憶しています。(カシューくんの子供のお話も)

あの当時は「シュガーベビー」と「小さなお茶会」が読みたいがために雑誌を見ていた気がします。
14. Posted by オスカー   2017年09月06日 07:26
aiさま
コメントありがとうございます!
今は少女マンガ雑誌を買うこともなくなりましたが、本屋さんで表紙を見ては「おー、こんなになったのか!」と思っています。『小さなお茶会』も可愛かったですよね。懐かしい漫画がもっと簡単に読めたらいいな~。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ