2012年07月31日

あかね雲便りNo.108:萬歳楽

お昼頃「行方不明者を探しています」という防災無線が流れたのですが、年齢、性別、髪型や服装の後に「裸足です」……ハダシ!?(゜□゜)畑とか歩いているならいいけど、このアツいアスファルトをハダシでは~と心配していたら2時過ぎに無事発見の放送が…良かったです!!


しかし、セミの鳴き声がいつもなら「うるさい!!」というくらいなのに、いささか控え目でパワー不足のような……こんなこと言ってたら「叫んでやるぜ!!」でちょ~うるさくなったりして(((^_^;)


今回のタイトルは「まんざいらく」と読みます。地震が早く鎮まりますようにと「まんざいらく、まんざいらく」と唱える江戸時代からのおまじない!いくつかある由来には、福島県と宮城県の県境に位置する《萬歳楽山》の名前が。


915メートルと高くはないのですが、かつては日本全体に及ぶ縄文信仰の中心地、パワースポットだという説もあるそうです。東北だけでなく関東や北陸でも唱えられていたとか…雷が鳴ったら「くわばら、くわばら」は言っていましたが、地震の時に言うおまじないは、はじめて聞きました。言葉を口にすることにより、落ち着きを取り戻す作用もあるのでしょうね。


今日の新聞に「中学や高校でも、あえて被災地を修学旅行の目的地に選び、生徒に学ばせようという動きが広がっている」という記事がありました。被災地ガイドの方は「自然の猛威は、営々と積み上げてきたものを一瞬で消し去る。被災地でそれを目の当たりにした若者は、平和な毎日の生活がいかに大切か知り、幸せの価値観もかわるでしょう」と話されたそうです。


原爆ドームやガマの見学や戦争体験談があまりにも過去の出来事のように感じる世代も、昨年の地震は他人事ではないでしょうから「何をすべきか」「何が出来るか」を深く考える機会になるのではと思います。受け入れて下さる東北の皆さまにも感謝したいです。ありがとうございます。


明日から8月ですね~またよろしくお願いいたしますf(^_^;




rohengram799 at 16:24コメント(17)トラックバック(0) |  

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by kouchan   2012年07月31日 18:41
裸足って、すごいですね((((;゜Д゜)))

今、北海道旅行で函館にいます。もうすぐしたら、夜景観に行きます。
准教授「夜景観に行くよ!」
学生「何ですか、その透視めがねというのは?」
准教授「(*´∇`*)」
2. Posted by 猫ムスメ   2012年07月31日 18:48
うちの田舎でもよく市役所から行方不明者の放送がありました(大体は高齢者)。その後どうなったかの放送もあるのですが、「発見されました」の場合は亡くなっおり、「無事発見されました」の場合は生きて見つかったと教わりました シュールな話です(>_<)

被災地を修学旅行先に……は良い試みですね。普段過保護に育てられているお子様方に、今の暮らしがどれだけ尊いかを実感して欲しいものです。
3. Posted by たいちゃ~ん   2012年07月31日 19:36
5 こんばんは(^0_0^)

今、夕焼けを撮りに行ってた潜水橋(四万十川では沈下橋と言われています。)
先日、ここで夜中の2時に、おばあさんの車が橋げたに乗り上げ
そのお婆さんが 行方不明で、大がかりな捜索が行われたのですが
結果は発表されていません~~~真っ暗な夜中に こんな処
通るのか(?_?) 不思議の一つなんですが~~~

震災地、見学は若者にとっても 貴重な目で見る体験、
将来に活かされれば こんないい企画はありませんね(@_@。
4. Posted by ミューちゃん   2012年07月31日 21:35
5 オスカーさん、こんばんは
8月と云う月は、いろんな事を考えさせられる月ですよね。戦争が終わって67年も経過してるので、もう当時の事を知る人は少なくなったけど、昨年の震災で僕らが学ぶ事がまだまだ多いんじゃないかなぁ…と思います。

追伸・「松阪牛パイ」は取り寄せが出来なくて、三重に来ないと買えないらしいですよ
5. Posted by Ash   2012年07月31日 21:49
個人的には、被災地まで足を運んでみた者として
確かに学ぶものはあるような気がしますね。
明らかに、TV で見るのとは違います。

それでも、やはり喉元過ぎれば忘れてしまうのが
人間という生き物なのでしょうけどね(苦笑)。
6. Posted by 松尾陽   2012年07月31日 22:57
はだしで歩き慣れているんですかね~。
めったにはだしで外を歩かない人にとっては、とても歩けたものじゃないですわ。

自然現象にしてもパワースポットにしても、人には分からない謎だらけですね。
台風の進路も何か法則があるんでしょうか。

ボランティアや学習のために人が来るのはいい一面もありますが、人がたくさんいるところには問題も発生するのがちと心配でもあります。
7. Posted by ぶんママ   2012年07月31日 22:58
高校時代、修学旅行で原爆ドームを観ました。娘は沖縄でガマを見学してきました。
戦争による被害状況を観ると、反戦意識と共に敵国意識なども芽生えてしまいます…。

東北の被災地を観る事により、より身近に危機的状況が理解できるのだと思います。
人をいたわる気持ちなども芽生えるといいなと思います。
いま、自分自身がやらねばならない事が見出せる機会となるといいですね!
8. Posted by kazu   2012年08月01日 00:59
5 こんばんは!

私の実家でも・・・ゆくへがわからないおじいちゃん、おばあちゃんの放送が入ります。

この暑さだと本当に心配ですよね・・・。

9. Posted by まろゆーろ   2012年08月01日 03:37
なんと!! 萬歳楽山は息子と従弟が行っている山元町のすぐ近くではありませんか。
なんだか不思議だなぁ。
それと高校生の被災地修学旅行の話も昨夕、友人と話したばかりでした。
海外に行くよりも被災地に行って目と耳と、五感で自然の脅威や人々の苦楽を。
そして我々から発した言葉である「絆」の重さを覚えて欲しいものです。
語弊があるかもしれませんが、千載一遇の生きた教材があるというのに。
こういう体験をさせれば大津のようないじめ事件も減るはずなのにと思うことしきりです。
日本を知らずして国際人とは言えないような気がします。
きっと旅行代理店の陰謀でしょうが……。
当家の息子も10月にはオーストラリア25万円の旅に出発の運びです。
10. Posted by なう60   2012年08月01日 08:47
おはようございます。
被災地を修学旅行、「平和な毎日の生活がいかに大切か知り、幸せの価値観もかわるでしょう」いい企画ですね。ガレキの受け入れが難航しています。何が出来るか色々と難しいですね。

11. Posted by てんし   2012年08月01日 14:24
こんにちは

今日から8月になりました。

でも8月になったばかりなのに、天気もいまいちよくありません。

私も地震の時の『まんざいらく』は初めて聞きました。

しかも縄文時代にも、信仰のメッカというのがあったんですね!

江戸時代なら『お伊勢参り』ならではの賑わいがあったのかもしれないですね。日本人には太古からの信仰の『DNA』が備わっているんだと思います。

そう言えば江戸時代には、富士山信仰の宗教もありました。

昔の人々は、必ず何かにすがっていたことがよく解りました。
12. Posted by Minorpoet   2012年08月01日 20:47
オスカーさん こんばんは♪

「まんざいらく」地震が早く鎮まりますようにと「まんざいらく、まんざいらく」と唱える江戸時代からのおまじないですか~ 勉強になります☆

被災地に対する想いはいつまでも忘れてはいけませんね。。。 壊れてしまった建物や町並みはいつか造り直せると思いますが。。。

失った家族や子供は帰って来ません。。。 政府は被災者の方の「心の復興」をぜったい忘れてはなりません☆
13. Posted by 見張り員   2012年08月01日 22:51
こんばんは
行方不明の防災無線。こちらではそういうのはないから驚きますが例えば認知症で徘徊されるようなお年寄りがいるときは頼りになるものだと思いますね。
しかし、他人ごとじゃないなあ。

被災地の現状を、修学旅行に行った学生はしっかり頭に叩き込んできてほしいですね。
復興の「ふ」の字でもない現状がそこにある。なんでこうなのか、ではどうすべきか。

若い世代の問題でもありますからね、これは!
14. Posted by オスカー   2012年08月02日 10:52
§ kouchanさま
函館~五稜郭タワーにはいきましたか?まだ土方さんのテレカとか売っているのかな~夜景、綺麗だったでしょ!!また行きたいなぁ。

§猫ムスメ様
以前1日過ぎても「保護されました」の放送がなくドキドキしたことがありました。防災無線って場所により聞き取りにくいのをもう少し改善して欲しいです。

§たいちゃ~ん様
夜中の2時におばあさんが…って真夏の怖い話みたいですね。時間を間違えて出かけて焦ってしまったのかしら?ご無事でありますように!!

§ミューちゃん様
今はゲームやドラマでの戦争疑似体験になっていますが、その時期を生きた人たちの証言って貴重だと思います。
15. Posted by オスカー   2012年08月02日 10:54
§ Ashさま
阪神・淡路も新潟のその後も語られなくなりましたが、ブログで防災について書かれている体験者の方が多く、読ませていただいています。

§松尾陽さま
今年は地球全体が暑いなんて聞きましたが、栄村を訪問された陛下が「東京に比べたら暑くないですよ」と言われたとか…そういうさりげない思いやりが学生にもあったら嬉しいですね。

§ぶんママ様
オタ息子も沖縄が修学旅行でした。感想文、先生に「書き直さなくていいのか?」と言われたそうです。何を書いた!?('~`;)

§kazuさま
農道とか裏道とか本人しか知らない秘密の場所に行かれるのが一番困りますね。
16. Posted by オスカー   2012年08月02日 10:55
§まろゆーろ様
若様、仙台からたくさんの無形のおみやげを持ち帰られたのでは?海外への修学旅行、京都・奈良が定番だった私にはスゴい~外から日本を見る良い機会ですね。

§なう60様
北九州でしたか、瓦礫受け入れに関して精神的苦痛を受けたと訴訟を起こした人たちがいたとか…地震被害を受けた方々は誰に恨みをぶつけたらいいのでしょうか…。

§てんし様
山岳信仰って本当に昔からありますよね。山や自然への畏敬の念に言霊の力を信じた素朴な日本人の心、大事に受け継いでいきたいです。
17. Posted by オスカー   2012年08月02日 10:56
§Minorpoetさま
「おまじない」っていうと子どもだましみたいなイメージがありますが、誰でもできるというのが大事でスゴいことなんだと思います。

§見張り員さま
映像からは空気やにおい、足元の感覚など伝わらないし…まだまだみずみずしい感性が残っているうちに、地元の人たちの生活を自分の目で見るのって大切だと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ