2012年09月04日

あかね雲便りNo.138:かんざし

今日は9月4日、語呂合わせで《くしの日》ですね。本当は『まいご櫛』の話を今日に合わせたくてっ買ったのですがf(^^;


日本語で櫛は同音の串と同じく、「霊妙なこと、不思議なこと」という意味の「奇(く)し」「霊(くし)び」が語源となっているそうです。読み方から「苦死」に通じるため、道に落ちている櫛を拾うことは「苦と死を拾う」ことにつながるので、縁起が悪い…小説のあらすじにもこの言葉がありましたが、おバカさんな私は「“苦死を拾う”かぁ…辛い気持ちとか悲しい気持ちを櫛がアタマから吸い上げてくれるんだ。昔の女性は悲惨な人生が多かったから、少しでも悲しみが減るようにと櫛を髪にさしていたんだね~」とトンでもない勘違いを妄想していました。全く暑さで脳ミソが溶けていたとしか思えませんわ(--;)


小説にはこんな一文もありました。


髪というのは頭から伸びてきたときにはすでに死んでいるものである。髪の根元だけが生きているのだ。だから豊かな髪は本来は死の塊なのである。生きたからだから生えてきたその死の氾濫を櫛はなだめすかす役割を持つ。だから梳くのだ。


どうしても拾わなくてはならないときは足で踏んでから拾い、贈り物にするときは忌み言葉として「かんざし」と呼ぶ……いいなぁ、この感性!!


ヤマタノオロチ退治にはクシガタヒメが登場しますね。ヤマタノオロチの生贄にされそうになっていたところを、スサノオにより姿を変えられて櫛に…彼はこの櫛を頭に挿して戦い退治し、お嫁さんにする(^o^)v


山梨県にも櫛形町(くしがたまち)がありました。さくらんぼやアヤメが有名だったと思います。合併により南アルプス市に…風情がないですよね('~`;)


《櫛かんざし美術館》
http://www.sawanoi-sake.com/kushi/




rohengram799 at 10:25コメント(13) | 空のお城図書館 | アート・博物館・美術館 

コメント一欄

1. Posted by kouchan   2012年09月04日 12:17
准教授「教授を串刺しにしてポッキーにしちゃうよι(`ロ´)ノ」
学生「((((;゜Д゜)))」

櫛といえば髪の毛ですが、貞子というオリジナルカクテルがあるらしいです。調べたところ、カクテルに誰かの髪の毛が入っているような見栄えです(/´△`\) 怖いというよりきたないです\(^o^)/
2. Posted by トリテン   2012年09月04日 13:29
九四からはやっぱり「苦死」を連想してしまいます。
今時頭に櫛を挿して歩くこともないので、道に落とすこともないでしょうね。
もし落ちていたらそれだけで不気味な感じがして、高そうな塗りや鼈甲の櫛でも避けて通りそう。その点、プラスチックのヘアブラシはお気楽そうですね~。

3. Posted by たいちゃ~ん   2012年09月04日 19:18
5 こんばんは(^0_0^)

9(く)4(し)の日、若い頃はポッケに、柘植櫛を持っていたのですが、
今では 殆ど持ち歩きません~~~頭の毛はまだあるのに^==^

ネットで見ると 美容関係者らが1978年に制定。
美容週間実行委員会が実施。

「く(9)し(4)」の語呂合せ。

美容関係者がくしを大切に扱い、
また、美容に対する人々の認識を高めてもらう為に制定された。

またひとつ知識が増えました。(●^o^●)
4. Posted by オスカー   2012年09月04日 20:59
§ kouchanさま
>貞子というオリジナルカクテル
飲んだら千里眼になるわけではないのですね…なんでも飲食物に結びつけるのはやめるべきですな

§トリテンさま
昔、小学校のトイレに三つ編みのカツラがポン!!と置いてありました…怖くてすぐ先生を呼びにいきました!!

§たいちゃ~ん様
>1978年に制定
かなり前からある記念日なのですね!! 櫛って芸術品にもなるので、スゴいな~と思います
5. Posted by まろゆーろ   2012年09月04日 21:23
大切にせねばならない物ほどさまざまな云われが付いて来るものですが、
確かに櫛は女性の思いがこもっているように強く感じますね。
歯の抜けた櫛は縁起が悪いとも言いますし。

私なんてそろそろ櫛もドライヤーも必要ない頭上になりつつあります。
そんな頭では櫛に念も込められませんわねぇ。
6. Posted by 見張り員   2012年09月04日 22:56
こんばんは
櫛形山、あのまるでくしを置いたような形が好きです。
が、櫛形町って南アルプス市になったんですか!?もう市町村合併で何がどこだか全くわからんです!!プンプン。

そいえば心霊ものでは必ず「髪の毛」が主役になりますね。
確かに髪の毛ってあまり気味のいいものではないかもしれないですね・・・
7. Posted by やま   2012年09月04日 23:49
こんばんは!

今日は

くしの日

だったんですね。

櫛にこんな意味があったなんて…

なるほど!

と思いました(^^)


でも、自分は食いしん坊なので

『串の日』が良いかも?笑


8. Posted by オスカー   2012年09月05日 00:44
§まろゆーろ様
佐賀県に「黒髪山」があるそうですね!!頂上に着いたら髪の毛がフサフサに(゜□゜)…なんて伝説はないのでしょうか(笑)

§見張り員さま
宝塚で「忠臣蔵」が上演された時、大石りく役の娘役さんは公演中は毎日、美容院に行き日本髪を結ってもらったとか…もちろん地毛で!!

§やま様
「串焼きの日」はありませんでしたが、8月10日が「焼き鳥の日」でした!“伊予水軍鶏”と書いて“いよすいぐん”の焼き鳥、美味しそう
9. Posted by てんし   2012年09月05日 02:37
おはようございます

確かに『櫛は拾うな』とよく言われた経験があります。

しかし私はオスカーさんが考えておられた『櫛』のイメージの方が、『苦死』を連想するよりずっと『前向き』の感じで、私も同感しています。

大体『49』は『死ぬ』に繋がり、縁起が悪いとされていますが、『49』はよく考えると『7×7=49』。

日本でも西洋でも『7』はラッキーセブンと言われていて、パチンコでも『7』で当たると『確変』で、その台は好調なことを表します。

その『ラッキーセブン』が『7』つ揃って『49』ですから、『49』は縁起が悪いと言うのはあまり当てはまらないと私は思っています。

却って『49』は縁起がいいと思って、競馬なんかに行くと、『馬連4-9』を買うことが多いですが、この『4-9』は割合当たります。

やっぱり『ラッキー7×ラッキー7』の効果があるからでしょうか?
10. Posted by なう60   2012年09月05日 08:26
おはようございます。
櫛の勉強の朝です。「どうしても拾わなくてはならないときは足で踏んでから拾い、贈り物にするときは忌み言葉として「かんざし」と呼ぶ……いいなぁ、この感性!!」納得の朝です。

11. Posted by オスカー   2012年09月05日 10:12
§てんし様
受け取り方、考え方がちょっと違うだけで、気分も変わりますよね!いつも前向きが理想です!!

§なう60様
「簪」という文字も美しい~秋の京都で可愛い舞妓さんたちが見たいです(笑)
12. Posted by Ash   2012年09月07日 01:24
> 髪は本来は死の塊なのである。

別で『髪は女の命綱』という言葉があることを考えますと
様々で面白いものですねー(笑)。
13. Posted by オスカー   2012年09月07日 13:34
§ Ashさま
パチ台の椅子の下に大量の髪の毛!!というホラーなことがありました…

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ