2012年11月03日

サバ雲便りNo.3:心・美眼

今日は《文化の日》ですね~パチも大衆の娯楽文化なのでしょうか?本日から例のパチは『素敵な三角関係』という曲になりました……過激な三角関係なら週刊誌で良く見かけますけど(--;)三角関係というと百恵ちゃんの『絶体絶命』を思い出します。


さて…ワタクシ、久しぶりに『ギャラリーフェイク』(細野不二彦・漫画・説明は後で)を読んでおります。コンビニ限定で、コミックスをテーマ毎に再編集したようなヤツですが、私が選んだのは[美に魅入られし人々よ!!]


表紙はミレイの《オフィーリア》……ミレイと聞いて北原ミレイの石狩挽歌が浮かんだ私って…(-_-;)この絵は見たことはありますが、作者名は初めて知りました。「ハムレット」も話は知らないくせに“尼寺へ行け!!”とよく叫んでいたおバカさんな子どもでした。恥ずかしい…(T-T)


コミックス第30集に収録されている「美しきことは…」という話がとても印象深かったです。ここに登場する作品はガラバッジョ(検索するとカラヴァッジョなので私の読み間違いかも)《“若者たち”の合奏》。画廊で絵を見て一目惚れしたという女性(実は描かれた若者のひとりが初恋の男性に似ていたからなのですが)と美容外科医のふたりが購入を希望していました。フジタは人工的な美しさを造り出す医師ではなく彼女に絵を売ったのですが…。


外見にコンプレックスのあった彼女は美容整形と引き換えにその絵を手放してしまったのです(~_~;)美しさを手に入れた彼女にはもう懐かしい過去の想い出は必要なくなったということでしょうか…でもその美しさをずっと維持できるかわからないのに。


フジタが最後につぶやく言葉、本当にきれいなものが好きな人、探し求めている人にはわかるのではないでしょうか。


「それでも、俺は信じる。人間が生きるのはパンのためのみにあらず―崇高に美しいものを求めずにいられない―と。」


美術品、芸術品を鑑賞するということは、ある意味自分の「心」をその作者に審査されているのかもしれないですね。美を愛するにふさわしい人間かどうかを。


☆ギャラリーフェイク
表向きは贋作・レプリカ専門のアートギャラリー『ギャラリーフェイク』を舞台に、オーナー藤田玲司が、様々な登場人物と様々な美術品を通じて、時に世界を駆け巡り、「美とは何か?」を追い求める話。守銭奴・ビジネスでなく「美の探求者」としてブラックな部分もあるフジタはステキ♪美術・芸術・骨董・その背景となる歴史等の多分野に渡るウンチク的描写などオススメです!!


☆「合奏」ほかガラバッジョ(カラヴァッジョ)の絵画はコチラで!

http://rosa.yumenogotoshi.com/boy2.html




この記事へのコメント

1. Posted by kouchan   2012年11月03日 17:54
今日は普通の土曜日という認識しかなく、さっきまで「文化の日」であることを忘れていました。

准教授「今日はね、祝日だよ! 旗立てるよ!!」
学生「星条旗立ててどうするwww」
2. Posted by Minorpoet   2012年11月03日 20:48
オスカーさん こんばんは♪

細野不二彦さんの漫画は、「さすがの猿飛」が好きでしたね(かなり古い・笑)

美術・芸術・骨董・その背景となる歴史等の多分野に渡るウンチク的描写も好きです(なんでも鑑定団とか・笑)

 

3. Posted by オスカー   2012年11月03日 21:00
§kouchanさま
祝日が土曜日ってなんかソンした気分になりますよね。外国の方も祝日にはマメに国旗を掲げるのかしら?

§ Minorpoetさま
私は細野さんというと「Gu-Guガンモ」ですね!あと「ダブルフェイス」も好きです。途中で掲載誌を買わなくなってしまいましたが、単行本揃えたいです。
4. Posted by MEL   2012年11月04日 03:39
>ギャラリーフェイク

ギャラリーフェイクはつまみ読みしかしていないのですが
グーグーガンモは初見の最終回は涙流して読みました

成人して二度目に読んだ時は普通にいいなと思ったんですが…
5. Posted by なう60   2012年11月04日 07:26
おはようございます。
「美術品、芸術品を鑑賞するということは、ある意味自分の「心」をその作者に審査されているのかもしれないですね。美を愛するにふさわしい人間かどうかを」納得の名言です。
6. Posted by まろゆーろ   2012年11月04日 11:29
>美術品、芸術品を鑑賞するということは、ある意味自分の「心」をその作者に審査されているのかもしれないですね。美を愛するにふさわしい人間かどうかを。
これは素晴らしい言葉です!! さすがに我がオスカーさんだと感服しました!!
この謙虚さと確かな眼力こそが美を観てもの言える資格のある人だと……、文化の日を過ぎてしまいましたが改めて思いました。
7. Posted by 猫ムスメ   2012年11月04日 14:19
以前もご紹介しましたが、『利休にたずねよ』はお勧めです。
あれぞ正に“美を追求する者”なんですよね~。
古本屋で発見されましたら、是非
8. Posted by きょろん   2012年11月04日 17:43
2008年のミレイ展で、生オフィーリア観てきました。
“狂気の美しさ”ってあんな感じなんですかねぇ。
おもわず鳥肌でした。
影響されてシェイクスピアもぼちぼちと読んでます。
戯曲なので、台本を読んでいる気分になり、
舞台好きとしてはなかなか楽しいです(^v^)
9. Posted by オスカー   2012年11月04日 19:10
§ MELさま
私はガンモの方がチラ見に近いかも…アニメの印象が強いですわ。

§なう60様
妄想おばちゃんにこんな言葉を言わせてしまう絵画や骨董品って魔力がありすぎです!!

§まろゆーろ様
有名、無名を問わずひきつけられてやまないモノってありますよね!実家に帰り、美術年鑑なんぞを取り出したのでちょっとカッコつけてしまったかもしれません。ハズカシ~!!
10. Posted by オスカー   2012年11月04日 19:11
§猫ムスメ様
>『利休にたずねよ』
探している時には全く見つかりませんまたのご縁を気長に待つことにします。

§きょろん様
ワタクシ、ロイも好きですが、芸術家提督のメックリンガーも好きです。メッキーのお宅訪問したいです(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ