2012年11月20日

サバ雲便りNo.22:抱きしめたい…!?

吐く息が白い~!!今日は陽射しがあるので、ちょっと気持ちも前向き(笑)


『老ぼれて子のごとく抱く湯婆かな』


『足のべてこだはりあつき湯婆かな』


2句とも飯田蛇笏さんの作品ですが“湯たんぽ恋しやさ~ぶさぶ!!”な夜が続きますね。私が小さい頃は湯たんぽではなく“あんか”でした。夕方、みんなのふとんの中にあんかを入れにいくのは私の仕事でありました。懐かしい…!!


湯たんぽの語源・由来ですが、「たんぽ」は「湯婆」の唐音読みで、中国では唐の時代から湯たんぽの存在が見られたそう。「湯婆子(tangpozi)」「湯婆(tangpo)」と呼ばれていたようで、「婆」は「妻」や「母親」の意味。妻や母親の温かい体温を感じながら寝るように、お湯を入れた容器を代わりに抱いて寝ることからついた呼び名だそうです。


「たんぽ」のみで「湯たんぽ」と同じ意味ですが、日本では「たんぽ」のみでは意味が通じなかったらしく(--;)“温める容器のこと”と解釈したことから日本に伝わった時(室町時代頃らしい)「湯」が付け加えられたそうです。


子どもたちが小さい時は「寒い!寒い!!」と言って抱きついて寝ていたものです。ああ、あの時代が懐かしいなぁ…今はあちこち痛いので、ダンナに背を向けて寝ています('~`;)


久保田万太郎さんの句にはこんなのがありました。


『みたくなき夢ばかりみる湯婆かな』


アツすぎるのか、それともどこかのひなびた温泉宿で怪しげなおね~さんにつかまり抱き枕にされて寝苦しいのか……もしやワケありのお部屋に安く泊まらせてもらっていて(あたたかさとは程遠い)お婆さんに抱きつかれてうなされている……とか!?(゜o゜)\(-_-)


皆さま、風邪をひかぬようあたたかくしてお過ごし下さいませ!!




rohengram799 at 12:30コメント(12) |  

コメント一欄

1. Posted by kouchan   2012年11月20日 12:36
准教授「吐く息が白いねー(・∀・)ノ」
学生「先生の場合はくさいですけどね♪o(*⌒O⌒)b」
准教授「ι(`ロ´)ノ」

僕は寝るときの電気敷布が欠かせません。電磁波で温まって頭おかしくなって(/´△`\)な状態です((((;゜Д゜)))
2. Posted by ミューちゃん   2012年11月20日 16:41
5 オスカーさん、こんにちは
湯たんぽは、今だとプラスチック製のも売ってるから、だいぶ軽かったけど、昔は鉄製しかなかったから、重たかった記憶があります。

湯たんぽで思い出したんですけど、あの高島忠夫さんが鬱病を患った時、体感温度が麻痺してしまって、夏場の物凄い酷暑の時でも「寒い」と言い出し、奥さんの寿美花代さんは汗だくになりながらも湯たんぽを毎日、高島さんの為に布団の中に入れてたのだとか。反対に冬は「暑い」て感じられていたらしいです…
3. Posted by 猫ムスメ   2012年11月20日 18:43
「湯婆」で「たんぽ」と読むのですね 知りませんでした~!! 10人中9人は「ゆばぁ」と読むのではないでしょうか(“千と千尋の神隠し”の影響大)

でも良い言葉ですネ。本当に母の様な温かさを感じます。私の小さな頃は両親が「電気あんか」を使っていました。今の子は「あんか」なんて言葉自体知らないかもしれませんね

毎年12月に帰省すると、母がお湯を沸かし、湯たんぽを入れてくれます。お風呂から出ると既に布団の中にはホカホカの湯たんぽがセッティングされている・・・一人暮らしでは起こり得ない幸福です。こういう時だけ「母って有り難いな」と思うワタクシです(笑)
4. Posted by 見張り員   2012年11月20日 22:03
こんばんは

ホントに寒くなりましたね!
夜寝る時布団に足を入れるとその冷たさに「ギャッ!」と言ってしまう昨今。

湯たんぽ。
最高の道具ですね。

今夜は初・湯たんぽをしましょうか・・・

風邪に気をつけてお過ごし下さいね^^。
5. Posted by まろゆーろ   2012年11月21日 08:13
最近は湯たんぽが脚光を浴び始めましたが、昔の人の知恵の素晴らしさは究極のエコかもしれませんね。
電気毛布などよりもよほどポカポカ度が違うと思います。とはいいながら私は湯たんぽ未体験人間です。
最近、手足の冷えに苦しんでいる従弟に買ってやって、我が家にも1個置くことにしようかなぁ。

ちなみに私は真冬でも冷たい布団に入って、自分の体温で暖かくしていくのが好きです。
どれもこれも生活の風情って晩秋から冬が一番似合ってそう!!
風邪など引かないようにして、痛いところも早く治して、元気にお過ごし下さいね。
6. Posted by Kay   2012年11月21日 10:42
子どものときは、ホンモノの湯たんぽ(お湯を入れて、タオルでくるんだ湯たんぽ)を使っていましたね。お布団の中と足が、本当にぬくぬくして。朝には冷めているのに、自分の体温とお布団の暖かさで、充分でした。
それが電気になりましたよね。確かに暖かいんですけど、寝ているとうっとうしく感じられたんです。

人間の体は寝ている時に、本当の心地よさを感じるのかもしれませんね。

日本も随分寒くなったようです。ご自愛下さいませ。

7. Posted by なう60   2012年11月21日 11:31
オスカ-さん
こんにちは
おはようでなくて「こんにちは」の時間ですね。(笑)湯婆の勉強です。ユタンポと本日から読めます。湯婆を知る年代です。亡き母が準備をしてくれました。昨年、17回忌、歳月は、過ぎ去れば早いですね。「親戚などへの年賀状、今年は、もう書く元気がない頼むは」と言われた翌年亡くなって、意欲ある限り人生(人は生きる。)を教えてくれました。
「寒い!寒い!!」と言って抱きついて寝ていたもの」時には、子供になってご主人に抱きついて下さい。甘えも大事です。(笑)
8. Posted by オスカー   2012年11月21日 16:52
§ kouchanさま
電気毛布は祖父専用でした!!だから70歳過ぎないと使ってはいけないと思っていました(笑)

§ミューちゃん様
私も年頃なので(笑)急激な体温変化があります!!昨年からは悪寒のような寒さに悩まされています…!!
9. Posted by オスカー   2012年11月21日 16:53
§猫ムスメ様
ひとり暮らしは夏の暑さはまぁ耐えられても、冬の寒さは… 手間をかけて支度してくれるところにまた「あたたかさ」を感じる湯たんぽです

§見張り員さま
昔は冬でも足だけはちょこん♪とお布団の外に出していましたが、今は靴下をはいて寝るようになりました(´д`)
10. Posted by オスカー   2012年11月21日 16:53
§まろゆーろ様
私も自分の体温で徐々に温まるのを楽しんでいた時代がありました…今はムリ!! 子どもたちは2月生まれなのでベビー湯たんぽを使っていたなぁ、と思い出しました。

§Kayさま
ウチは「あんか」だったので、朝、湯たんぽのお湯で顔を洗うとか憧れでした!電気毛布とかは脱水になる気がして(笑)

§なう60様
ダンナには「お母さん、寝てる時もウルサイから布団をかぶせた」とか言われています。いろんな意味で温度差があるような(;o;)
11. Posted by KAO   2012年11月22日 00:29
思い出しました。昔は電気あんか、必ず足元に入れていましたが、いつから使わなくなったんだろう・・・。今は羽根布団なので毛布さえ使っていません。
昔は敷毛布に掛毛布、おもた~い綿の掛け布団でしたね。
私は子どもの頃から、布団に頭まですっぽりともぐりこんで寝る”習性”があり、冬になると今でもそうみたいです。なんせ本人寝てるからわからない去年、小さいプラスティックの湯たんぽを買いましたが、めんどくさくて結局ほとんど使っておりませぬ。あー、エコって大変・・・
12. Posted by オスカー   2012年11月22日 09:44
§ KAOさま
私もプラスチックの湯たんぽを買いましたが(痩せている下の子用!!)結構な量のお湯が必要で…ビックリしました(((^^;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ