2012年12月19日

サバ雲便りNo.51:百年たっても…わたしゃアナタのソバがいい(*^^*)

スーパーの食品売り場がクリスマス&お正月商品になってきました。「いつものところにいつものモノがない」「いつもの値段じゃない」←もちろん高い!!という感じで、買い物しるのも疲れます(--;)


今の時期はリサイクルショップのチラシも多いですが、その中にこんなのがありました。「お酒高価買取」←まぁいいんですが、その後の「天災などで割れてしまう前に」……わからなくはない、たしかにそうだけれど、あまりいい気分ではないですよね(~_~;)


さて、昨日紅白歌合戦、出場歌手の曲目が決まりましたね。紅白特別バージョンメドレーとかありますが、一曲を大事にじっくり聴かせて下さい!!という気持ちもあります。徳永サンなんかは「レイニー・ブルー」が良かった。森さんは「襟裳岬」が良かった…などブチブチとオバサンらしく文句タラタラ(笑)あと、細川たかしサンには「望郷じょんから」を歌って欲しかった~なぜなら『津軽百年食堂』を読み終わったから!!


明治時代の津軽・弘前で地元の蕎麦を出すお店があり、今は三代目が家を継いでいます。四代目になるかどうかの陽一は東京暮らし。同郷でフォトグラファーを目指す七海と知り合いますが、彼女はりんご農家のひとり娘。さぁ、家業も恋もどうなる、どうする!?(笑)いろんな年代と人物が混ざった構成になっています。それがまた飽きずに読めたのかも。


初代の賢治と奥さんになるトヨとの「なれそめ」もいいですが、私が一番好きな登場人物は賢治の友達のひとり、変わり者の「法螺吹きよっちゃん」です。よっちゃんは津軽塗を生業にしていて、お店を出したら「馬鹿の俺が馬鹿に馬鹿を重ねて塗った日本一の螺鈿の引き出しを作ってやんべさ」と言うのです。津軽塗は「津軽の馬鹿塗り」と言われるくらい塗っては乾かしの工程を繰り返すのだそうです。果たして、よっちゃんは約束の品物を持ってきました!!でも「俺がこれを贈る相手は、まだここにはいねえ」と言います。賢治でもトヨでもなく…じゃあお腹にいる赤ちゃんに?トヨのお腹の中の小さな命に優しく語りかけるよっちゃん。


「おい、二代目。俺の声、聞こえっか? この螺鈿はよ、おめえの孫に作ってやったんだ。だから、悪りぃが、おめえのもんでもねえ。俺はきっと、おめえより先に死んじまって、この世からいなくなっけども、孫の代までしっかりと俺の心意気さ受け継いでいってくれ。いいな、頼んだぞ」


物語全体を通しての本当の主役はよっちゃんではないかと思ってしまいました。いつも笑っているような表情のよっちゃん、イメージはたのきんトリオ(知らない人もいる!?)の野村義男さんですわ(^3^)/


受け継がれる命と心…「こぎん刺し」「津軽塗」「津軽そば」など青森について知りたいことが増えました!私も津軽塗の物入れが欲しい~サンタさん、お願いします!!( ̄▽ ̄;)


《津軽百年食堂》

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094085822



rohengram799 at 09:10│Comments(12)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2012年12月19日 09:30
いいですね~、『津軽百年食堂』。
さっそく「図書館で借りるリストに」に入れておきます
オスカーさんのブログを読むと本当にどの本も魅力的で全部読みたくなります(そして実際読んだ本にハズレはありませんでした)。いつも思っているのですがオスカーさん、書評のお仕事をしたらいかがでしょうか!?(笑)

ちなみに私、帰省で東京駅へ行くたび何故か「津軽海峡冬景色」が能内に流れます。上野でもないし夜行列車でもないしそもそも行き先が違うんですが 歌の与えるイメージってすごいですね。
2. Posted by kouchan   2012年12月19日 10:26
おはようございます。今日と24日はいよいよ福山雅治のライブです。
もともと24日は休みを取っていたのですが(会社は稼働日)、直前になって仕事が立て込んで来て日程調整に苦労しました。他の方は24日が無理ならうまく調整するようにアドバイスくれましたが、クソ馬鹿野郎な上司は「なぜ来れない?」と責めてきました。完全にプライバシーの侵害です。
「今期成果が出せなかったら、君クビ!」と言ってましたが、そんなゴミ屑上司は会社の改革制度でTOEICが合格点取れなかったらマネジメント解除という条件に引っかかってどん底に落ちれば良いと思います。

上司「うちの息子は、全然俺のいう事聞かないよー」
僕(そりゃあ、そうだろwww)
3. Posted by トリテン   2012年12月19日 15:04
先日「ガイアの夜明け」で、ツタヤの書店コンシェルジュの話がありました。
オスカーさんにぴったりの仕事です。
団塊世代をターゲットに、細かいニーズに応え、旅行や趣味などの本を選んであげるのだそうです。
一般の書店にないような本を自分で仕入れ、書棚をレイアウトするのは、各分野で2000人から選ばれた27名のコンシェルジュということでした。
近くのお店で募集があったらいいですね。
これからはこんな店も増えることと思います。

青森と秋田だけ行ったことがありません。
あまり年を取らないうちにぜひ行ってみたいものです。
もし行くことがあれば津軽塗のお土産をオスカーさんにも。
いつになるかわかりませんけどね~。
4. Posted by Minorpoet   2012年12月19日 20:31
オスカーさん こんばんは♪

紅白の楽曲はよく考えてほしいですよね~ 本人の意見とか、ファンの意見とか、ちゃんと入ってるのかなァ~ なーんて(ボヤキ・笑)

『津軽百年食堂』これもまた興味深そうな本ですね~ オスカー様のブログを見てると読みたい本が増えちゃいます(笑)

5. Posted by 見張り員   2012年12月19日 21:03
こんばんは
紅白も最近見なくなりました。
アイドル歌手ばかり出すのではなく、じっくり聞かせる「歌手」を出してほしい。演歌でも流行歌でもフォークソングでもいいから。


津軽。
なんか常にふぶいている・・というような誤ったイメージを持ってる私です。実際に行って自らの目で確かめたいです、その良さを!!
6. Posted by やま   2012年12月19日 23:47
お疲れ様です(^^)

紅白

確かにメドレーとか多くなったような…

メドレーも楽しいけど、オスカーさんの言われるように1曲を全力で歌ってほしい気持ちもありますね。

こちらのスーパーもクリスマス&正月商品が目立った場所に置かれてますよ(笑)


7. Posted by オスカー   2012年12月20日 00:51
§猫ムスメ様
物語のよさを説明するのって難しい…書評家ってスゴい!!と思います!今日は薬丸岳さんの『虚夢』を読みましたが、こちらはカエル男とはまた違う意外な展開に「おおっ!?」でした!!

§ kouchanさま
楽しんできましたか? ウチの担当者も「イヤならやめていいんですよ」的な雰囲気を言外にまき散らかしています。とりあえず「考えるのは明日にしましょう」で毎日乗り切りましょうか(笑)

§トリテン様
角田光代さんの『さがしもの』の女の子がお客様の探している本を見つけて感謝されていたような…素晴らしい仕事ですが、私にはムリですわ。だって『命の終わりを決める時』を買ったのに(映画化で)改題された『終の信託』もまた買ってしまうおバカさんですから(泣)
8. Posted by オスカー   2012年12月20日 00:52
§Minorpoetさま
紅白歌合戦「なんでアナタが?」という出場歌手もいますからね~昔の応援合戦とかが懐かしいです。明日から本屋のポイントが定価の2%から10%になるんですよ~今度は何を買おうかな(笑)

§見張り員さま
太宰の『津軽』は未読な私…子どもの教科書には載っていたのですが(((^^;)桜満開の季節に弘前とか行ってみたいですね~『奇跡のリンゴ』も味わいたいです!!

§やま様
紅白は衣装も楽しみです!見られるかわかりませんけど(--;) クリスマス前の三連休、サンタさんは大忙しでスーパーをハシゴするのでしょうか?(笑)
9. Posted by なう60   2012年12月20日 08:37
おはようございます。
、『津軽百年食堂』桜の花びら舞う津軽の地で、百年の刻を超え、営々と受け継がれていく<心>が咲かせた、美しい奇跡と感動の人間物語。
図書館で探してみます。勉強の朝です。
10. Posted by オスカー   2012年12月20日 10:21
§なう60様
「さくらの花びら」がまた重要な役割を担っています~心がほんのりやさしいピンクに染まる物語です(*^^*) 津軽そば、食べてみたい!!
11. Posted by ミューちゃん   2012年12月20日 16:38
5 オスカーさん、こんにちは
あれー?紅白って今年、一番売れた曲を歌うんじゃなかったでしたっけ?どうやら、あの曲順はNHK側が決めるようですね。だったらー、前みたいに、ネットで「すきうた」を投票すれば良いのにーて思ってしまいます
12. Posted by オスカー   2012年12月20日 19:38
§ミューちゃん様
曲目も曲順もイマイチな年ってありますよね~今年の大トリは誰なんでしょうか?あと曲が終わった後のバタバタをどうにかして欲しいです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ