2013年01月11日

くじら雲便りNo.11:愛のかたち・愛の祈り

今日は「1」が3つ並ぶ金曜日~年末ジャンボ宝くじの当たり確認に売り場にいそいそとお出かけしましたよ~!!……ええ、わかっていました、30枚9000円分買っても900円しか戻ってこないことは(;_;)でも今日引き換えたかったのよ(-.-)そのお金を持ってワタクシは本屋にGO!!だって今日は200円以外の中古本が半額なんですもの♪


年末年始に本を売りにきた人が多いらしく、なかなかの品揃えになっていました。本日の日付にあわせて歌野晶午さんの『正月十一日、鏡殺し』(ミステリーなのでめでたさから程遠いタイトルでスミマセン!)他合計9冊を650円で購入しました~また読み終わったら感想などぼちぼち書いていきたいと思います。


さて…昨日の新聞にですが《励まされたお年玉 優しい父の形見に》という60代の主婦の投書が載っていました。この方はダンナさまを突然亡くされたのですが、翌年のお正月から父親がお年玉をくれるようになったというのです。ご本人は当時44歳、お父さまは75歳。娘を励まし元気になってもらいたいとの親心だったのでしょう。2001年に亡くなられたそうですが、毎年お正月にはお年玉をくれたそうです。


…お年玉袋の裏面にはもらった年を記入し、すべてタンスにしまってあります。中身の現金1万円はありがたく使わせてもらいましたが、最後の1袋だけは使わずに裏面をテープで留めたまま、父の形見になってしまいました。今でも時々取り出しては、袋のふくらみをそっとなで、父の優しさを思い出します。これからもお守りとして大切にしまっておくつもりです。…


この記事を読んで日本生命コマーシャル「愛する人のために」 というシリーズで流れていた谷川俊太郎さんの詩を思い出しました。



『保険にはダイヤモンドの輝きもなければ、パソコンの便利さもありません。
けれど目に見えぬこの商品には、 人間の血が通っています。人間の未来への切ない望みがこめられています。 愛情をお金であがなうことはできません。
けれどお金に、愛情をこめることはできます、生命をふきこむことはできます。
もし愛する人のために、
お金が使われるのなら。』


コマーシャルではパソコンになっていますが、作られた時はカラーテレビだったそうです。生命保険ということで、いろんな意見があったみたいですが(私は当時全く知らなかった)「お金に、愛情をこめることはできます」というフレーズはなんとなくフム!と思ったものです。そして現在、私も母も兄も父の残してくれた「お金に形を変えた愛情」で生活しているんだ…としみじみ思いました。


お守りのお年玉、カネゴンの私の場合はポチ袋のみですが(--;)……ヒョロヒョロくんが初詣にいった時に「おばあちゃんに」とお守りを買ってきてくれてました。袋には『今年も元気でいて下さい!』のメッセージが…私の生んだ子どもとは思えない(ToT)早く母に渡しに山梨に帰らなくては…!!



rohengram799 at 17:02│Comments(15)TrackBack(0)谷川俊太郎 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Minorpoet   2013年01月11日 22:11
オスカーさん こんばんは♪

年末年始のこの時期は、古本の買い時ですよね~ 自分と次男は気が合うので、よく古本屋めぐりをします。

次男は、おもに漫画コミックス&文庫本、長男も本は好きですが、彼の場合はほぼアマゾン(金持ち・笑)

谷川俊太郎さんの詩もいいものが多いですよね~ 「お金に、愛情をこめることはできます」あるとおもいます!
2. Posted by ぶんママ   2013年01月11日 23:23
オスカーさま、こんばんは☆
そうか…!私も今日、宝くじを換金しにいけば良かったデス。

息子様、とってもお優しいです。
おばあ様を慈しむお気持ち、素晴らしいです。
こういうお心は、温かなご家庭で育つのです!!!ええ!!!!
3. Posted by きょろん   2013年01月12日 02:54
そういえば、ゾロ目の日でしたね。
近所のスーパーがゾロメ市で安かったはずですが、
ヤボ用で夕方まで都内に出ていたので、まとめ買いしそびれました・・・。

「わらの人」、図書館で借りて、ぼちぼち読んでます(^v^)
4. Posted by MEL   2013年01月12日 03:35
>中古本が半額

なかなか自分が行く日に噛み合いませんw

>「愛する人のために」

あれは確かに映像とかの雰囲気も
良い感じだった思い出
5. Posted by Lidia(リディア)   2013年01月12日 08:10
谷川俊太郎さんの詩のCM 覚えてます。
切ない詩ですね。
私の親は突然の事故死の様なものだったので
愛がこもっていたかは判らないけど
親が残してくれたささやかなものを
すっかり旦那の借金で浪費してしまった私は
親に申し訳なくて一杯ですわ。
6. Posted by なう60   2013年01月12日 08:47
おはようございます。
優しい息子さんに感動の朝です。「おばあちゃんに」とお守りを。袋には『今年も元気でいて下さい!』のメッセージが」息子さん、おばあちゃんの遺伝子が確りと繋がっています。おばあちゃんの喜ぶ姿が目に浮かびます。(パチパチ)
7. Posted by まろゆーろ   2013年01月12日 10:54
良い話ですね。
多くを語らずに娘さんにそっと差し出すお年玉だなんて。
僕もそういう親になりたいです。

祖母や父、そして神戸の友人から届いた最後の年賀状は大切にとっています。
もう二度と書くことは無いだろうなんて本人さえも気付かない、本当に最後の息遣いを感じてしまいます。
8. Posted by ミューちゃん   2013年01月12日 11:15
5 オスカーさん、こんにちは
宝くじって基本的には買わないんですよね…。でも、そのお金が献血車の宝くじ号になりますよね。お金って本当に正しい使い道をしたら、便利なアイテムなんですけどね…
9. Posted by もっちゃん   2013年01月12日 11:19
宝くじ・・・わがやは40枚買ったので、1200円分の”当たり”?です。まだ換金してませんが。

>お金に、愛情をこめることはできます、生命をふきこむことはできます。
ほんとそのとおりですね。
うちは、亡き父も義両親(健在)も「愛情のこもったお金」を1円たりとも残してはくれませんが(爆)
私は、去年から少しながら募金や寄付を始めました。
寄付した先の子供たちの笑顔につながればいいなぁと思います。(それにはまだまだ額が少なすぎるかも?
10. Posted by 猫ムスメ   2013年01月12日 11:28
息子さんの優しさに涙しました(泣)
お母様もさぞお喜びになるのではないでしょうか。孫(しかも男の子)からそんな言葉をかけてもらえるなんて、滅多にいない幸せなおばあちゃんだと思いますよ。早く喜ぶ顔が見たいですね

私も帰省するといつも父がガサガサと箱を漁って5千円とか1万円とか出してくれます。父は学校を定年退職してから半分趣味・半分仕事で農業をやっているのですが、その箱は野菜を売ったお金入れなのだそうです。「痛い腰を庇いながら上げる僅かな利益。心して使え」と母に言われますが、いや本当にその通りだなと今になると思います 
子供の頃はお小遣いなんて貰って当たり前で「○○ちゃんの家に比べて少ないw」とか文句まで言ってましたが、今や自分も働く身。5千円・1万円を稼ぐことがどれだけ大変かわかるし、この年になってまで小遣いをもらうなんて情けない ・・・とも思いますね。

しかしこれも親の愛、ありがたく受け取り、遣わせて頂いてます。
もしかしたらこの先、父に何かあった時、あの箱が私にとっての形見になるかもしれませんね(笑)
11. Posted by kouchan   2013年01月12日 17:01
どうも2ヶ月連続で食中毒で倒れたkouchanです。
お年玉よりも食中毒のワクチンが欲しいです\(^o^)/

学生「お年玉をちょうだい!」
准教授「財布がすっからかんだよ!!」
12. Posted by オスカー   2013年01月13日 07:00
§ Minorpoetさま
検索をしたらコマーシャルに対してというか谷川さんに結構批判的なものが多くて驚きました!!

§ぶんママ様
売り場のお姉さんの笑顔に負けてスクラッチくじを買ってしまいました…まだ削っていません(笑)

§きょろん様
>「わらの人」
オベ様だったら「犬のひと」かしら…フェルナーかミュラーに書いて欲しい
13. Posted by オスカー   2013年01月13日 07:02
§MELさま
緒方直人さんがコマーシャルに出ていたような気がしますが…最近見かけないですね

§ Lidia(リディア)さま
ご両親、心残りがたくさんあったでしょうね。私も何をどのくらい残せるのかスゴく考えるようになりました。

§なう60さま
塾でバイトをしているので受験生のお守りを買うついでに…なのでしょうが、昨年は父にも買ってくれました。「効き目がなくてごめんね」と泣いていた姿を思い出します。
14. Posted by オスカー   2013年01月13日 07:03
§まろゆーろ様
父親らしい愛情表現だなぁと思いました。文字を見て相手を想うってステキな時間だと思います。

§ミューちゃん様
宝くじ事業、あの仕分けでどうなったんでしょう?いろんな種類が出ていますが、ネコババした販売員のニュースは不快の一言です!

§もっちゃん様
私も父のお金の一部は寄付しました。東北の子どもたちに贈るランドセルになったらいいなと思います。
15. Posted by オスカー   2013年01月13日 07:03
§猫ムスメ様
私は必要な時にお金をもらうパターンで「お金ちょうだい」と言ってレジからお金を取り登校していた高校時代…今考えるとカンペキに不良!?

§ kouchanさま
今年もアタリ年ですか?お大事に!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索