2013年02月28日

らくだ雲便りNo.14:2月の本棚

「2月は逃げる(^_^;)))」と言いますが、全くそのとおりですでに月末…今月は実家に帰ることが出来て良かったです。本当は20日頃の予定でしたが、シフト変更で予定が変わってしまい、ガッカリだせ!!と思っていたのですが、その間は同窓会に来ていた県外に住む叔母が3日ばかり滞在してくれたそうで……かえって良かった(^^;)と思いました。この叔母と母は年齢が10歳違うのですが、小さい頃から私を呼ぶのに叔母の名前が先に出る母でした。顔は似ていないんですけど(笑)


オタ息子がお墓参りの帰り道、お寺のお地蔵さんを見て「地蔵は菩薩なんだよ。子どもたちを守って救うから子どもと同じ形(外見)をしているんだよ」……親より早く死んだ子ども(逆死者)は三途の川の塞の河原で石を積み上げる罰を与えられるとされ、石の塔が完成しそうになると鬼が塔を壊しに来て、一生終わることのない罰に苦しむ……『鬼灯の冷徹』(マンガ)にもそんなことが描いてありました。「見かけは子ども、心は菩薩」…コナンくんみたいなフレーズを頭に思い浮かべながら、相手と同じ目線で物事を考えるって大事なことだよねな、なんて考えました。上から目線でモノを言って自分は何もしない人たちって多いですからね←自分はどーよ(゜゜;)\(--;)


さて、今月の本棚です。先月は薄い本が多かったので、今月は多少ページ数の多い作品を選んだら、なかなか読み終わらなかったです('~`;)先月から読みかけで読了したものは入れていますが「昨年から読んでいて今月読み終わった本」は入っていません。あくまで「今年」(笑)読み終わったタイトルから順番になっています。


『フォックス・ストーン』(笹本稜平)『ミカ!』(伊藤たかみ)『エンディングノート』(桂美人)『日輪の遺産』(浅田次郎)『地下鉄に乗って』(浅田次郎)『彼女は存在しない』(浦賀和宏)『箱の中』(木原音瀬)『一絃の琴』(宮尾登美子)『秋の金魚』(河治和香)『神様のすること』(平安寿子)『凍りのくじら』(辻村深月)『ぼくと、ぼくらの夏』(樋口有介)『ゆめつげ』(畠中恵)『ちゃんちゃら』(朝井まかて)『舞姫通信』(重松清)『完全なる首長竜の日』(乾緑郎)『てふてふ荘へようこそ』(乾ルカ) 『解錠師 The Lock Artist』( スティーヴ・ハミルトン)


マンガですが書籍扱いとして『凍りの掌』(おざわゆき)も仲間に入れたい!来月末はどんなタイトルが並ぶでしょうか?春らしいタイトルの作品を選びたいなぁ~と思っています(^3^)/




rohengram799 at 15:30│Comments(12)月刊・空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by ミューちゃん   2013年02月28日 16:54
5 オスカーさん、こんにちは
僕は最近、本を読むのが趣味の内に入りましたね(笑)。僕は今月買ったのは季刊誌ですが、「ネコまる」(辰巳出版)です先月は優李阿さんの「チャコの恩返し」(ぜんにちパブリッシング)を買いました何だか猫好き度がアップしてますね(笑)。最近、行きたいなぁーと思ってるのは、宮城県石巻市にある田代島って云う所です。ここは通称”猫島”て呼ばれている所で、人より猫ちゃんの方が多く住んでいて、猫ちゃんを苛めると罰が当たると云われてる所らしいです。震災によって壊滅的な被害に遭われたらしいですが…今も猫ちゃんをお目当てに来る観光客の人も少なくないみたいですよ
2. Posted by オスカー   2013年02月28日 18:31
§ミューちゃん様
田代島の猫の話、藍川京先生もブログに書いていました。先生のブログ、猫出現率高いですよ

http://blog.aikawa-kyo.com/archives/51342710.html
3. Posted by kouchan   2013年02月28日 19:20
准教授「見た目は福山雅治、頭脳はアインシュタインとは、僕のことだよ!」

もう2013年の1/6が終わっちゃいますね( TДT)
4. Posted by オスカー   2013年02月28日 22:50
§ kouchanさま
「見た目は福沢諭吉、頭脳はジャイアン」と私の脳内で変換されました…なんかすぐ梅雨になりそうな気分
5. Posted by やま   2013年02月28日 23:18
お疲れ様です!

2月

逃げました(^o^;)

今年も2ヶ月が終わったのを早いと感じるかどうか…(^^;

明日から3月

『3月去った』

でしたっけ?

また早く終わってしまいそうです(;^_^A


本をいっぱい読まれるオスカーさん

尊敬します(^^)


6. Posted by ナンチャッテ   2013年02月28日 23:46
28日しかないんだから、電気やガス、電話代などの基本料安くして欲しい
((o(>▽<)o))


とまではいかないですが





確定申告 未着手
_| ̄|○ 
7. Posted by なう60   2013年03月01日 08:19
おはようございます。
「相手と同じ目線で物事を考えるって大事なこと」現役の頃、上司で相手の目線に立って話をする人と「俺についてこい。」と俺の目線で話をする人いました。俺の目線に必死でついていき大いに勉強になり部下の育成に貢献していましたが人間的には、なかなか融和できませんでした。相手と同じ目線の方は、更に昇進しました。やはり組織を動かすには、部下と同じ目線で考えることも必要かと思います。
8. Posted by オスカー   2013年03月01日 10:21
§やま様
年が明けてからの3ヶ月って本当に早いですよね。今日は卒業式のところが多いのかな? マガジンのみのりちゃんをいつまでも気にするのは卒業した方がいいかしら?(笑)

§ナンチャッテ様
風が強いです~春の嵐は家計にも…でしょうか公共料金値上げニュース、ききたくないっ!!

§なう60様
「上司」ってなんだろう?と疑問符たくさんの毎日、仕事を振り分けるだけで最終的な責任を持たない人がたくさんいます(-_-;)
9. Posted by Minorpoet   2013年03月01日 10:27
オスカーさん こんにちは♪

息子さんのお地蔵さんを見て「地蔵は菩薩なんだよ。子どもたちを守って救うから子どもと同じ形(外見)をしているんだよ」って

いい言葉ですね~ なかなか信仰心があるんじゃないですかぁ!

”2月の本棚”、個人的に読んでみたいのは、『日輪の遺産』(浅田次郎)、『神様のすること』(平安寿子)、『ちゃんちゃら』(朝井まかて)、

でしょうか、どこかの機会に手にとって見たいと思います☆
10. Posted by オスカー   2013年03月01日 11:15
§ Minorpoetさま
インド哲学科卒のオタ息子はたまに仏教の話をします(笑)『日輪の遺産』ぜひ読んで下さい~日本人みんなが相続人です!!
11. Posted by 猫ムスメ   2013年03月01日 18:54
浅田次郎さんしか読んだことありませんでした(笑)
「神様がすること」は入手済みで読むタイミングを計っているところです(^-^)/
お地蔵様ですが、私は子供の頃、何かの本で「閻魔様の化身」と読み、ずっと信じてきました。
閻魔様が地上全部を見張れないので道のあちこちに化身を置いて人間達の行いを見ているんだよ、と…。
それが染み付いているせいか、今もお地蔵やお稲荷様を見かけると立ち止まって手を合わせずにはいられません(^_^;) 状況的に無理な場合は心の中で手を合わせます。
12. Posted by オスカー   2013年03月01日 20:07
§猫ムスメ様
『鬼灯の冷徹』を読めば、閻魔さまがラブリーに感じられるはずです(笑)地蔵菩薩にもいろんな説があるみたいですが、手を合わせる猫ムスメ様には良いことしか起こらない気がします!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ