2013年03月22日

らくだ雲便りNo.36:むらぎもの

今日はあたたかいですね~風がないので、ちょっと歩くと汗ばむ感じ。近くの中学校のグランドからは体育会系の部活の雄叫び(笑)が聞こえ、ハクモクレンやコブシ、レンギョウなどが咲き、チョウチョも飛んで…春ですなぁ。



『むらぎもの心楽しも春の日に鳥のむらがり遊ぶを見れば』(良寛)


良寛さまも鳥たちが集まりエサを探したりバサバサしているのを見て春を実感、喜ばれているご様子。『むらぎもの心さへにぞ失せにける夜ひるいはず風の吹ければ』という昼夜冷たい風に心も寒々としていた時期を乗り越えての春ウララ♪ってどちらが先に出来た句かは知りませんが(-_-;)



ところで「むらぎもの」という言葉を皆さまはご存じでしたか?私は「貢ぎ物」みたいに「むらぎ・もの」で切れる言葉なのか?などと最初は思っていたのですが(バカ丸出し!!)「むらぎも」は「群肝」、昔は臓腑に心が宿ると考えたことから、「心」にかかる枕詞なんだそうです。枕詞なんて「あおによし」とか「たらちね」くらいしか浮かばないワタクシ、50年近く生きてきて初めて知りました!!


「臓腑に心が宿る」…昔は「心=脳」みたいな考えはなかったのですね。まぁ今も臓器移植をしても心臓が記憶しているという小説とかあるくらいですし、実際あっても不思議ではない気がします。



昔といえば、今日『縄文美術館』という写真集みたいなのを立ち読みしました。表紙が<石のアンパンマン>みたいで興味深く(笑)よく教科書で見た縄模様の土器だけでなく、笑っている顔とかヴィーナス的な像とかイノシシやクマなどいろいろあって、楽しい(*^^*)


一番「人間って変わらないなぁ~」と思ったのは手形・足形を残していること。ちゃんと焼き物なんですが、子どものもありました。ぎゅう~と握った棒みたいなのとか、歯形まで!!「赤ちゃんに土(粘土?)食わせたんかい!!」と縄文人にツッコミをいれてしまいましたが、記念に残したかったんでしょうか?足のサイズ23.5のも残っていました。「かわく前のコンクリートに足跡つけちゃった!!」みたいで笑えました(^.^)



『むらぎもの心牡丹に似たるかな』(松瀬青々)


日々、別の宇宙をさ迷うワタクシの心は花に例えたら何かしら?…深く考えないようにしようっと(°°)ノ°




rohengram799 at 17:00コメント(8)アート・博物館・美術館  

コメント一覧

1. Posted by kouchan   2013年03月22日 20:52
僕も今日、ダメ上司から異動の話がありました。
早速、自分の業績(足跡)をひとつ残らず消去しました。あとは、派遣の人もいなくなって、ダメ上司の無能ぶりが会社に広まりますヽ(・∀・)ノ

准教授「春が来て、僕も教授に!o(*⌒O⌒)b」
2. Posted by 聖舞   2013年03月23日 02:24
こんばんは(*^^*)

昨日になってしまいましたが、確かに春らしい一日でした。
東京は、桜満開とまではいかないもののそこそこ咲いているとか(東京から観劇のため遠征してきた方々から聞きました)
宝塚の花のみちの桜もかなり咲いてると、最近知りあった地元のヅカふぁんさんが教えてくれました。
手形、歯形のお話から、人っていつの時代も変わらないなぁ~と思いました。
愚かしいけれど、いとおしい。
3. Posted by なう60   2013年03月23日 07:56
おはようございます。
「むらぎも」「群肝」、昔は臓腑に心が宿ると考えたことから、「心」にかかる枕詞言葉なんだそうです。今朝も視野が開けました。ありがとうございました。
4. Posted by オスカー   2013年03月23日 11:49
§ kouchanさま
景気って良くなるんですかね?ウチの会社のアホ社長も節約といいながら使い捨てを推奨、社員増員とか計画中みたいで…全くわけがわかりません!!

§聖舞さま
西宮に住んでいた人と文通していたことがありましたが、夙川の桜がきれい!!と書いてあったのを思い出しました。
縄文人の素朴な愛情や好奇心がつまったあの本、欲しいです(笑)

§なう60様
「むらぎも」枕詞言葉から歴史やその時代の生活・意識も読み取れて…「想い」のツナガリを感じます。
5. Posted by 猫ムスメ   2013年03月23日 12:02
むらぎもって、なんか旨そうですよね。焼鳥屋で注目したいです(笑)

以前、佐倉の「歴史博物館」に行った時、歴代のハニワが一列に並べてあって面白かったです。やはり年代を重ねるごとに精密になっていくんですよね
私の絵心だと大体この辺りだなぁとか思いながら見てました(笑)
6. Posted by kouchan   2013年03月23日 15:49
「人間やめたい」と本音を言っても、それを否定されることで自分の存在を否定されたあげくに、「周りを悲しませるな」と言われる。
だから、悲しませないようなきれいな答えを用意しなきゃいけない。実際の本音が本人の魂の最後の叫びだということにさえ気づかずに。

もう心が荒みすぎて、遺書書く気力さえ出てきません。
7. Posted by ミューちゃん   2013年03月23日 16:32
5 オスカーさん、こんにちは
今年の桜開花は例年よりも早かったみたいですね三重では、まだ咲いていませんが…。子供達は、もう春休みに入ってるのかな?年度末と云うのは、いろんな意味で大変だったりしますよね…
8. Posted by オスカー   2013年03月23日 18:22
§猫ムスメ様
確かに「むらぎも」って焼き鳥のイメージが…!! 小さい頃、登呂遺跡に行きましたが、今ならもっと楽しめる気がします!!

§ kouchanさま
一寸先は闇かもしれないし、希望の光が見えるかもしれない。それを確認するためには「とりあえず生きること」子どもにはそう言っています。

§ミューちゃん様
昨日終業式のところが多かったみたいですね。こちらの桜は散りはじめてきました…桜は入学式でなく卒業式の花になってしまった

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード