2013年04月09日

ヒコーキ雲便りNo.9:母の手

今日は風もなく本当にいいお天気、お出かけ日和ですね。桜は散ってしまいましたが、桃の花や菜の花が春爛漫を演出しています。


朝ご飯をガッツリ食べてから、母が2ヶ月に一度診察にいく総合病院へ私とダンナも同行。はじめに血液検査、次に形成外科・眼科に内科……地下にも診察室や売店のある病院でビックリ!今は多いのかしら? そして外来患者さんも付き添いの方々も高齢者がほとんど。杖を持った方もたくさんいらっしゃいました。でも椅子の幅が広くゆったりとしているのは良かったです。内科の診察だけ一緒に話を聞いたのですが、感じの良い男の先生で看護師さんもかわいらしい(笑)そうだ!母は胃カメラを前の診察の時に体験していました。私にはムリ…絶対ムリ……と思いました(~_~;)スゴいなぁ、お母さん!!


待ち時間が長いので、トイレにいったら方向が「あれ?」になってしまい、母と手をつないでダンナのところへ~母と手をつないだなんて何年ぶりだろう?と思いました。昔は水仕事でガサガサしていた記憶がありますが、今はやわらかい赤ちゃんみたいな手になっていました。ずっとつないで歩くのも悪くないかも…と思いましたが、小さくなっちゃったなぁ、と年月を感じちょっとかなしくもなりました。


薬も2ヶ月分!!朝だけ1日おきに違うのを飲まないといけないとかで、混乱するに決まっている!!ということで、ダンナに1日分の薬をセットしてもらい、日付も書き入れてもらいました。やっぱり今回は一緒に来て正解!!と思いました~ダンナはいい迷惑かもしれませんが( ̄▽ ̄;)


夕方には千葉に帰ります。もっと実家にいて、昔買ったマンガ本をよみあさりたいところですが、そうもいきません。また明日からがんばりま~す(((^_^;)



rohengram799 at 15:30│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by さーまま   2013年04月09日 20:41
こんばんは! 胃カメラはつらいですよね。私ももう二度とムリです。お母様すごいです。
旦那さま優しいですね 夫婦揃って顔を見せるのが一番の親孝行かもしれませんね。
2. Posted by まろゆーろ   2013年04月09日 20:43
花に埋もれ花に包まれた花の郷ですね。
遠くには富士山が見えて……、なんだかそこに居るような風景が心の中で広がっていきました。

お母様の付添いもまた思い出のひとつになりますね。私も最近、母の手を握って歩くようになりました。
こんなことを臆せずに簡単に出来るのも母が老いたからに他ならないのですが……。
ほのぼのしいやら寂しいやらです。

お疲れの出ませんように。おぉ、優しいご主人がご一緒だったからお疲れなし?? 
3. Posted by トリテン   2013年04月09日 21:15
オスカーさんも親孝行をして来られましたか?
年を取ると、親子が逆転ですね。
私の父も手をつなぐどころか、腕をがっしり支えて、ですよ。
たった5年前、滋賀へ来た時に比べて
すっかり足腰がおぼつか無くなりました。

薬に日付を書くのは正解です。
朝昼晩の薬も、夕食後に飲み忘れが多くて、
「夜」だけ沢山残っていました~(。T。T)~
4. Posted by オスカー   2013年04月10日 08:32
§さーまま様
昔に比べたらコンパクトになったとはいえ胃カメラは…!病院嫌いな私、ずっと健康でいなくては!!と思いました

§まろゆーろ様
子どもとも手をつなぐことがなくなりました(笑)
もともと私みたいにデブリンではないのですが、体重も40キロになってしまってなんともせつない母の姿です。

§トリテン様
薬はどうしても飲み忘れが出てしまって…一緒ならあれこれ世話をやけるのでしょうが…またチェックしにいかねば!!と思っています。
5. Posted by 見張り員   2013年04月10日 21:55
こんばんは
私もたま~に母親の手を触ったり背中に触れたときに、「小さくなったなあ」と思ってちょっと悲しくなる時があります。

いつか私自身も娘に「小さくなったな」と思われる日が来ますね・・・
6. Posted by オスカー   2013年04月11日 09:59
§見張り員さま
とりあえず商売をしているので1日に何人か話し相手がくるのがありがたいです。子どもの立場になるとせつないことばかりですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ