2013年05月29日

ヒコーキ雲便りNo.46:チンカホウ

更新をサボって…イヤイヤ休んでいる間も本は読んでいたので、時間もあるし、本日2つ目の記事をカキカキφ(..)


タイトルの「チンカホウ」皆さまのアタマに浮かんだのはどんな文字でしょうか? 「珍家宝」?「沈下砲」 ? ワタクシの読んだ本のタイトルは『鎮火報』でありました!!本を読むまで知らなかったのですが、消防車が消火活動を終えて署に帰る時に鳴らす「チンチンチーン」というアレがそうなんだとか。現場に行く時は「どいて、どいて、急いでいるんだから!!」のウ~ウ~!!というけたたましいサイレンとはエライ違いです。


主人公の大山雄大(おおやま・たけひろ)は名前もデカいが身体もデカい~!!「ボクも亡くなったお父さんみたいな立派な消防士になるから、お母さん見てて!!」なんて話ではなくて……「アツい消防野郎なんてまっぴら御免」目指すは9時5時の事務職というまだまだ新米の二十歳の消防士。不法滞在の外国人が暮らす木造アパートで火災発生!現場に出動した時に“水をかけると広がる炎”に疑念を持ち、独自の調査を開始。しかし、第二、第三の凶行が…。


真相を探るうちに消防士としての仕事の意義、それぞれの正義、人助けをして亡くなった父親への正直な気持ちに気づき、遺影に語りかける最終章など
全編主人公の語りで進むのですが、オモシロイ~イメージ的には今のタレントさんを知らないので、『太陽にほえろ!!』に出ていた頃の渡辺透さんを思い浮かべて読みました(((^^;)


一緒にヤンチャしていた悪友の裕二、引きこもり乙女系中年・謎多き男の守などキャラクターがはっきりしているし、それぞれが抱えているモノの重さも含めて、ガッツリ堪能した作品。自分も主人公と一緒になってヘロヘロになって走り回っている気分になりました(笑)


「鎮火報」も知りませんでしたが、消火栓にメーターがついていて消火作業に使った水道代が消防署に請求されるということを知り、またまたビックリ(゜□゜)池や公園の水なんかでもおおよその使用量の請求がくるそうです。勤務中の買い出しも禁止とか、身近な存在なのに消火活動意外は全く知らないことばかり……コレがわかっただけでも本を買って良かった~と思いました。600ページ近くあるので「長い!!」と敬遠される方は講談社文庫の解説だけでも読んで欲しいです。


雄大の職場仲間もクセモノ揃いですが、私は星野さんがタイプ!なぜ自衛隊をやめて消防士になったのか、どういうタイプの人か、ぜひ本文を読んで確認していただきたいです←なんだかんだ言って読みなさい!ってこと…(゜o゜)\(-_-)


警察小説ってたくさんありますが「消防士を主人公にした作品ってあまりきかないな」と思っていたら解説でも同じ感想がありました。マンガでも『め組の大吾』(読んだことがない)『火消し屋小町』(ドラマになりましたね)くらい? 絵本だと消防車とかたくさんあるんですけどね~ご存知の作品がありましたら教えて下さいませ。




rohengram799 at 17:30コメント(11)空のお城図書館  

コメント一覧

1. Posted by てんし   2013年05月29日 18:06
こんばんは

ご無沙汰しております。

なかなかコメント出来ずに申し訳ありませんでした。

時々見させていただいていましたが、コメントはしていませんでした。

オスカーさんもお元気のご様子で何よりと思っています。

また機会があったらコメントしたいと思います。

ところで、昨日販売された『富士山を撮る~ココがベストスポット276』(日経ナショナルジオグラフィック社)の中に、私の写真が掲載されています。P55のところです。

オスカーさんは書店によく行かれると思うので、機会があったら見て下さい。

いつもありがとうございます。
2. Posted by ペーター   2013年05月29日 20:06
 
(*´∇`)ノ おひさしぶり~♪です。

オスカーさんの一押しの本のタイトルの「チンカホウ」--と、聞きまして。
ペーターさんは、
とても汚れた大人な思考に陥ってしまいました。

(〃ノωノ)は、恥ずかしい。

消火栓って、水道メータついていたんですねぇ。
ああいうものは人命がかかわってくるから、無料。
もしくは近くの河などから汲むものだと思っていました。

(*⌒∇⌒*)アハ♪勉強になりました。


3. Posted by オスカー   2013年05月29日 20:39
§てんし様
雑誌にてんし様の写真が~コレは絶対探しにいきます!! 昼間、本屋に行き「てるづき」という艦に満月と富士山の絵が飾られていてるのを立ち読みして、てんし様を思い出していました。

§ペーター様
水源近くの草刈りなども大事な仕事のひとつなんだそうです。鎮火後も署に戻ったらたくさん書類を書くみたいですし…心身ともにタフでないと勤まらないですね。
4. Posted by 見張り員   2013年05月29日 21:06
こんばんは
チンカホウ・・・わが脳内では『珍科砲』と変換されましたw。

うちの前をよく消防車が通りますが、そうかあの「かーん、かーん」はそういう意味だったのか・・・
消防士って本当大変な仕事だと思いますね。私も読んでみようと思いました・・・なんか好きな世界のにおいがしたのでww。
5. Posted by トリテン   2013年05月29日 23:01
ご無沙汰です。
魔太郎の記事から拝見しました。
自分の家族の愚痴を言っても、夫や他人から言われると
カチン.ときますね。
お利口さんの私はわかっているので、
そんなことは腹に思っても言いません。~(^◇^)/

チンカホウから連想したのは、食いしん坊らしく中華料理?
漢字にすると「沈下花」かな?
これは沈丁花に似ていますね~。
中国茶で湯を注ぐと、大きな花が咲く清香花楼(チンシャンファーロウ)
があります。
どこまでも飲食につながります (~_~;)

近くに消防署があり、サイレンの音も聞こえるので、
チンチンと聞こえてきたら「鎮火報が鳴っている」と言ってみよう。
6. Posted by MEL   2013年05月29日 23:48
そういや「め組の大吾」は傑作ですけど
意外に模倣作品とか現れませんでしたねえ…

野球とかサッカーみたいにいかず
露骨にパクる展開になっちゃうからかしら…
7. Posted by オスカー   2013年05月30日 00:31
§見張り員さま
私もあれはただ単に「火の用心」的なものだと思っていました。今度から消防署の前を通る時は気をつけて見てみよう!と思いました。

§トリテンさま
あのお花が開くお茶、いいですよね! ヒマなのが一番な職業のひとつが消防士さん。緊急時でも道を譲らない車がいるなんて許せないです!!

§ MELさま
土曜ワイドで船越サンが消防士を演じていた気がしますが…そう言えば『水戸黄門』はどのシリーズでも一回目には必ず火事の場面がありましたわ。
8. Posted by アキバの行政書士   2013年05月30日 07:19
お久しぶりです。
防火管理者の講習で消防署に
三日間ぐらい通ったとき、広報とか事務とか
他の仕事が忙しそうでした。
ホント、暇が一番ですね。
9. Posted by Kay   2013年05月30日 09:23
こんばんは。

鎮火報、「次回日本で買う本リスト」に入れておきます。
そういえば、アメリカではテレビドラマで「シカゴファイア」が人気があるようです。
「消防士カレンダー」も、飛ぶような売れ行きだとか。
消防士とUPS(日本のクロネコみたいな、宅配会社)の男性は、どちらも鍛え抜かれた筋肉質の体ということで...(苦笑)
消防士のクックブック(料理本)も出る国なので、なんだか日本の「きちんとした」消防士イメージとは、ほど遠いかもしれません。
10. Posted by 猫ムスメ   2013年05月30日 09:59
鎮火報ですか、初めて知りました。浦安図書館のHPで調べたら蔵書があったので早速予約しておきました(予約待ちが何人かいるのでしばらく待ちそうですが・・・)
600ページというのはかなりズッシリしていますが、腰を落ち着けジックリ読書したい時に良さそうですね 楽しみにしています。

そう言えば先週末、両国国技館へ相撲を見に行くついでに「江戸東京博物館」を見学してきました。その中に火消しの「纏(まとい)」が展示してあり持ち上げられるようになっていましたが、私には持ち上がりませんでした 15キロくらいあるそうです。
時代劇では軽々持ち上げ“江戸の花”とばかりに振りまくっていますが、実際は重いんですね。勉強になりました。
11. Posted by オスカー   2013年05月30日 11:28
§アキバの行政書士さま
ウチのダンナも防火管理者だったことを思い出しました(笑)ネコちゃんが高い所から降りられない!などの救助は「ニャン救」というそうです。「ワン救」もある~こんな豆知識(?)も得られる本です!

§ Kayさま
解説でエッセイストの竹内玲子さんがNYの消防署を取材した時の話にふれていました(解説は別の人)。彼らは勤務時間内でもスーパーに買い出しに行くそうです。ただし全員、消防服を着て消防車で…いつでも出動出来るように!『竹内玲子のこれでもかニューヨーク』に載っているそうで、こちらも興味がわきました。

§猫ムスメ様
主人公の母親の名前が私の母と同じ(キャラは違う)とか個人的におおっ!なことも(笑) 江戸時代、纏を振れないような軟弱野郎は火消しになるな!!ってことでしょうね~出なければ救助・救出など出来ないですもん。本当にたくさんのことを学んだ一冊でした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード