ヒコーキ雲便りもNo.50になり、ナンバリングを間違えそうなので(´д`)今日からは「うろこ雲便り」に!!理由は6月は雨の月で魚っぽい、だからウロコ~という単純な理由ですf(^^;


そんなワタクシ、今は実家でゴロゴロしています。明日、母が病院にいくので一緒に!という理由をつけて帰ってきました。でもまた一泊…ああ、一週間くらいのんびりしたい!


田舎の新聞の文芸欄に『一段と耳遠くなりし母親の何につけても笑まうはさびし』(甲州市・坂本芳子)という短歌がありました。耳が遠くなって「あ?」「ナニ?」としつこく聞き返してくるのなら大声で怒鳴り返したりもできますが、この方の母上さまはそんな気性の方ではないのでしょうね。老いの姿が哀しくさびしい一句でありました。


電車の中で『花咲家の人々』という童話とラノベの中間みたいな話を読みました。平たく言いますと、植物たちと意思を通わせることのできる家族「花咲家」の物語。母親は亡くなりお父さんと子どもたち三人におじいちゃんという、定番設定('~`;)悪くはないけれど、大人が読むより小学生向けかな~草木への愛情はわかるけれど、ちょっと文章にその部分が多くて「くどい(--;)」という印象も……!!


なんとなく関東エリアは空梅雨の予感もありますが、皆さま、今週も「ご安全に!!」まいりましょう。