2013年08月22日

入道雲便りNo.25:シモフリの記憶

今日はダンナと『終戦のエンペラー』を見に行ってきました。チラシを読んでずっと楽しみにしていたのに……なんだよ(`Δ´)とちょっとお怒りモードになってしまいました。日米間の恋愛は大変だったのよ~としたかったのかもしれないけれどかえってへんな話になって中途半端!終戦直後の日本の様子を丁寧に描いているわけでもなく…亡くなられた夏八木勲さんの演技は良かったですが、物語全体としてはガッカリでした。


お話は変わりますが、新聞の新刊広告に『移された顔』というのがありました。「他人の顔を移植されたら、心は「自分」のままでいられるのだろうか?……交通事故によって脳死となった親友の顔が、大火傷を負った私の顔に移された。彼女の家族は、恋人は、私の親は、そして私は、これまでと同じように、暮らしていけるだろうか?」


移植された臓器が記憶を持っているという話はいくつか読んだことがあるのですが「顔移植」の場合も記憶は残っているのかしら?などと考えてしまいました。生前キライな人に会ったら顔がひきつるとか…でもそんなことより全く見知らぬ人の顔ではなく親友の顔になるなんてどんな気持ちなんでしょうか……自分で望んで整形するのと違いますからね。まわりの人たちの困惑も想像すると恐い(-_-)
小さい頃は「毎日好きな顔に変えて学校に行きたい!」と思っていましたが、実際そう出来たらどうなんでしょ~怪人二十面相になれるか←(゜゜;)\(--;)


記憶についての小説では以前読んだ北野勇作さんの『かめくん』が好きなのですが(亀記憶と書いてカメモリー!)私自身に記憶保存機能があるとしたらどのくらいの容量があるのかなぁ~身体に脂肪がたっぷりなので霜降り肉みたいな状態でメモリーされている気がしてきました(~_~)





この記事へのコメント

1. Posted by MEL   2013年08月23日 03:03
>移された顔

これはちょいと興味深いですねえ…

イキガミの人が書いてる
東野圭吾原案のHEADSという作品を思い出しました…
2. Posted by 猫ムスメ   2013年08月23日 06:41
オスカーさん最近、映画で‘ハズレ’が多いみたいですね(^_^;) 残念です。役者が良いと余計残念ですよね
私は先日「風立ちぬ」を観て感動しました。そして、お菓子のシベリアが出てきて驚きました 当時の名古屋で食べられてたんですかねぇ。主人公が好物でよく買ってるみたいな設定でしたよ


東野圭吾の「秘密」みたいに何かの弾みで中身が入れ違ってしまう(身体はそのまま)系の話はよくありますが、顔は初耳です。しかもSFじゃなく、リアルに移植なんですね(-.-;) これは複雑。親友の親御さんは許可したのか!? したとしたら何故!? とか考えてしまいます
私も宮沢りえの顔なら欲しいけど身体がこのままだとチグハグすぎてムリですな(爆) やはり入れ替わるなら‘丸ごと’がいいです。
3. Posted by 見張り員   2013年08月23日 08:17
おはようございます~
なんと「終戦のエンペラー」、そんな感じだったんですか・・・TVのCMを見ていた母が「昭和天皇が<軽すぎる>ねえ」と笑っていましたが、描きたいものが中途半端じゃ見てる方はつらいですね。
私は『少年H 』観たいです!

顔の入れ替え。
う~ん、この身体に別な顔。ありえん(-_-;)・・・するなら総とっかえですねww!
4. Posted by なう60   2013年08月23日 08:50
おはようございます。
「終戦のエンペラー」期待はずれ、消化不良ですね。顔の移植、臓器の移植、医学の進歩には、また、色々と問題が、、問題提起のオスカ-さん、「問があれば答えがある・」日々進歩を期待します。
5. Posted by ぶんママ   2013年08月23日 11:40
期待外れって、物凄く凹みますね…
映画館へ行って映画を観ることは無いです。
もう、10年以上も行ってません!最後に観たのは娘とポケモンの映画でしたよ・・・

私の脳味噌、レンコンみたいにスッカスッカなんじゃないかと思います。
6. Posted by ミューちゃん   2013年08月23日 16:49
5 オスカーさん、こんにちは
多分、「終戦のエンペラー」を観るより、公開は12月ですが、「永遠の0」を観た方が物語としては良いと思います。「終戦の―」はアメリカ寄りに作られた映画だったから、オスカーさんは不満を感じられたのだと思います。「永遠の0」にも夏八木さんは出られてるようですね

あと顔と言えば…最近、気軽に顔を整形をしたがる女の子に疑問を感じます。あとで顔がボロボロになるのは分ってるのに、何で何回も整形をするんだみたいな…
7. Posted by アキバの行政書士   2013年08月24日 07:21
お久しぶりです。
本は読むけど、映画は年に1本がせいぜいです。
まして、夫となんて結婚以来、行ってないわ。
50以上だと割引がある?友達夫婦もよく映画
観に行ってます。
また、御主人と映画鑑賞で出かけてね。
8. Posted by オスカー   2013年08月26日 00:28
§MEL様
東野さんの『変身』は好きでした~顔移植ではないですが(-.-;)

§猫ムスメ様
主題歌にユーミンのあの曲を使ったのがイマイチ納得出来ないのと、見たらやっぱり文句を言いそうな気がして…見れないです

§見張り員さま
敗戦を受け入れるまでのいきさつなど全く知らない人には「そんなことが…」と思う作品なのかもしれないですが…昭和天皇の出番、少なかったです!
9. Posted by オスカー   2013年08月26日 00:38
§なう60様
帚木蓬生さんは現役の精神科医でもあるので、医療系の長編作品が多くいつも考えさせられます。

§ぶんママ様
徒歩圏内に映画館が出来たので、見に行く回数が増えました。満席になることはないので、見やすいといえば見やすいです(笑)

§ミューちゃん様
買ったのにまだ読んでいない『永遠の0』…映画公開までにはなんとか

§アキバの行政書士さま
来月末公開予定の『そして父になる』を楽しみにしています。ふたりとも主役の彼は好きじゃないんですが…内容にひかれて(; ̄ー ̄A
10. Posted by ナンチャッテ   2013年09月02日 11:14
⊂(´∀`⊂⌒`つ≡≡ツルッ♪ っとコメントできるところに付箋w

今、院内でして診察待ちヒマヒマヒー♪ っで遊びに来られましたw
だから足跡残しておきたくて
(ノ´∀`*)
11. Posted by オスカー   2013年09月02日 20:51
§ナンチャッテ様
診察の待ち時間の長さは小説一冊読みきれるくらいですよね~体調はいかがですか?ラクになりますように!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ