この前、間違って買ってしまった『イブニング』~せっかくなので「係長・島耕作」以外も読んでみました!ああ、なんか懐かしい絵柄がたくさん~どんだけ漫画読んでたんだよ!ってかんじですが(゜゜;)ここでもオトメちゃん発見しました!それは日本酒…残念ながらワタクシはお酒はダメなので、味わうことは出来ないのですが、ラベルとか商品名を見るのは好きです!


《笑四季 乙女ロマン》

http://nishimotosaketen.com/products/detail.php?product_id=74


《実在ゲキウマ地酒日記》

http://evening.moae.jp/lineup/258


「○○を知らないなんて人生の半分をムダにしている」とか言いますが、知らなければ知らないなりに、食べられなくても飲めなくても、人生を熟成させることは出来ると思っておりますので、また乙女さがしの旅に出たいなぁ~とりあえず今日は季節はずれの『桜さがし』にいってきました←柴田よしきさんの本のタイトルですが(笑)


中学時代から10年来の仲間である歌義、陽介、綾、まり恵の4人は、今は作家として京都郊外の山奥に独居する恩師・浅間寺のログハウスに招待されます。その途中でとあるカップルに出会います。幸福そうに見えたふたりが、一ヶ月後に心中死体で発見!ナゼ?京都の四季や名所がさりげなく描かれた連作短編集で、ドロドロでなく読みやすい、さわやかな作品でした( 〃▽〃)