2013年10月28日

しらす雲便りNo.48:永遠の問いかけ

今日は山梨にきています。電車の中でカチカチしていたのですが、さて投稿という時に……おわかりですね?消しちゃいましたぁ~自分のアホさにパンチ☆(゜o(○=(゜ο゜)o


気をとりなおして『書店員の恋』を読みました。『書店ガール』もですが、大手書店の社員って憧れる反面、やはり本が売れないとダメなワケで……でも売れている本が「いい本とは限らないんですよね(~_~;)そして、本が好きじゃない人に読書の楽しみを伝えるのって大変だなぁっていうのも思いました。サクサク読める26歳の女性の物語。歯医者でケータイ小説を書いて売れちゃった!なイケメンが登場しますが、私はキライ~コイツとくっつくなよ(`Δ´)と思いながら読みました(笑)さて結果は?←読んで下さい(笑)



もうかなり処分してしまったのですが、実家にはやなせたかしさんの責任編集『詩とメルヘン』が残っています。創刊三周年記念号とかあって、なつかし~!その時その時、うなづいたり驚いたり泣いたりした作品に再会出来て嬉しい!


編集後記ではなく、表紙裏に「編集前記」を書いてたやなせさん。編集後記は別の方が書いています。1978年10月号(ワタクシは中2、雑誌の値段は380円!)にはこんな話でした。


この世の中には無数といっていいほどの本がある
そのすべての本と知りあうことはできない
我らはそのうちのいくつかと親しい友だちになる
伏眼がちにひっそりといる「詩とメルヘン」は
けばけばしい人気者にはなり得ない
でも離れがたい少数の知己を得たことが
心からうれしい、涙するほどに。ところであなたは……。



だんだん広告が多くなって、月刊季刊になって雑誌名も『詩とファンタジー』になり「編集前記」は「編集前詩」になりましたが「ところであなたは……」の言葉は変わらず~私もなにかNiceな決め台詞がほしいものです。



いつも
これが最後と
おもって書いています
一世紀近く
生きてきましたから
もうおしまいです
あっというまでしたね
すぎてしまえば
あっけない
ぼくは
未熟の生まれ
死ぬ時も
未熟のままで
かえって
よかったような
気もします
ところであなたは?



遺言のようになってしまった最後の編集前記、ずっとずっと問いかけをもらいながら、きちんと「こたえ」を考えたことのなかった私ですが……やなせさんから教えていただいたたくさんの詩や物語を読みながら、自分なりのこたえをもっていつか天上でやなせさんにお逢いしたいです。多感な時期にいろんな作品に出逢わせてくれた『詩とメルヘン』に本当に感謝です!


『ところでアナタは…?』





rohengram799 at 18:30コメント(7)トラックバック(0)空のお城図書館 | わたしにできること 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ゆゆ   2013年10月28日 18:42
やなせさんの残した文章をどれだけ読んだことがあるかと言えば、あらためて考えると沢山はありません
お名前を見聞きする機会は多くありましたのに…と思うと後悔です
オスカーさんの今回記事で編集前記というスタイルでいらしたことを知りました
わずかにやなせさんのものを書くことの姿勢に触れたように感じながら、私も本箱をのぞいてみようという気持ちになりました
2. Posted by 猫ムスメ   2013年10月28日 18:50
帰省、お疲れ様ですm(_ _)m
実家に帰ると思わぬ本が出てきたりしてちょっとした‘宝探し’ですよね

「詩とメルヘン」は知りませんでした。随分と歴史のある雑誌なんですね。雑誌の衰退(広告が多くなって月刊になって…)を聞くと、とても寂しいです。そうやって幾つの雑誌が消えて行ったでしょうか

このような子供に夢を与える本・雑誌こそ、残さねばならないんですがね。
3. Posted by オスカー   2013年10月28日 21:18
§ゆゆ様
やなせさんはいろんな問題提起もしていましたし、金子みすずさんなど当時は誰?という埋もれた詩人なども取り上げてくれました。捨てなきゃよかったな~と思います

§猫ムスメ様
自分の書いた詩にとてもステキなイラストがつくんですよ~憧れました!ブログの中で「うろ覚え…」と前置きした詩のほとんどは『詩とメルヘン』で読んだものです(笑)
4. Posted by あっきー   2013年10月28日 21:59
やはりオスカーさんの実家は宝の山ですね!
『詩とメルヘン』。素敵な雑誌を買っていたのですね♪
小学生の時に友達から誕生日プレゼントにもらった花瓶に、やなせさんの詩とイラストが描かれていました。子供の頃は、よく見ていたのですが、今はもう、どんな詩とイラストだったのか覚えていないんですよね。いつしか私の部屋の一部として溶け込んでしまっていて、改めて見るということもなくなり、結婚して家を出た後も、母が捨てられずにとっておいた物が並べてある棚に、いつまでも飾られたままになっていました。時々「あの棚の物は処分していいよ」と母に言っていたのですが、数年前から、その花瓶はもうありません。あの黄色い小さな花瓶を、今、見てみたいなぁなんて思います。
5. Posted by オスカー   2013年10月28日 23:07
§あっきー様
目次のところに「忙しい人はここだけでも読んで下さい」って掲載作品ひとつひとつにコメントがついているのですよ!やなせさんらしい…裏の広告が「アバ」でまた時代を感じました(笑)
6. Posted by なう60   2013年10月29日 08:45
おはようございます。
故郷はいいですね。お母さんは、喜んでくれたことと思います。
「未熟の生まれ/死ぬ時も/未熟のままで/かえって/よかったような気もします/ところであなたは?」同感です。なかなか成長は、難しく、いつまでも未熟です。地上から戦火の消える日がなく未熟です。「人間だもの。」「相田みつを」さんの声が聞こえてきます。
7. Posted by オスカー   2013年10月29日 12:18
§なう60様
作家の曽野綾子さんが女性高齢者は依存度が高いのがダメ!と言っていましたが、母より私の方が依存度が高い気がします…反省!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード