2013年10月29日

しらす雲便りNo.49:スミレ色の三人官女

今日は母の検診日なので、一緒に病院にいってきました。相変わらず待ち時間が長いので、一冊本を読みおわってしまいました。あいにくの雨模様~行きはタクシーを利用しましたが、運転手さんとの会話で、町中ではミニミニしまむら的な役割のお店が来月いっぱいで閉店とのこと……ちょっと電池を買ったりするのに便利だったのに…来年はもっとさみしくなりそうです(~_~;)


母親が「いつお迎えが来てもいいなんて言いながら、具合が悪くなれば病院へ行くのだから世話がない」と言っておりました~イヤイヤ、全くそのとおりではありますが( ̄▽ ̄;)


そして帰りはタイミングよく市営バスがあったので利用しましたが、雨なので途中から混むしわ…乗降客も少ないから、座席も少ない小さいバスなんですよね。最初は私たちしかいなかったし、始発だったので、こちらの運転手さんもしゃべる、しゃべる~!登山帰りの人とか雨でビタビタなカッパを着たままバスに乗るとか、傘の水切りをしないで乗る人がいて、年輩の方が転びそうになったとか、降りる人を待たないで乗り込もうとするとか……その中で臨死体験も( ; ゜Д゜)


運転手さんが小さい頃に、階段からゴロゴロ~と転落し、2ヶ月ばかり意識がもどらなかったとか。その時に川の向こうに三人官女みたいに女の人が3人並んでいて、右端の人が手招きをしたそうな……まわりはスミレの花とかたくさんキレイな花が咲いていたと言っていました。「真ん中の人が手招きしたら川の向こうにいってたね」とオジサン(たぶん年金もらっている年代)。それからは病気もせず、元気で「保険証は会社の健康診断の時しか使わない」そうです。「あの真ん中の女の人がオレを守ってくれてると思う」と言っていました。


雑誌やテレビなどで臨死体験については見聞きしていましたが、体験した人の話を直接聞いたのははじめて……お花畑とか手招きって本当なんだ…と思いましたが、顔に出ないようにしました!



『たましひのたとへば秋のほたるかな』(飯田蛇笏)


皆さまも風邪をひかないように気をつけて下さいね!



この記事へのコメント

1. Posted by ミューちゃん   2013年10月29日 16:50
5 オスカーさん、こんにちは
僕が住んでる所は市営じゃなくて町民バスや福祉バスなんですよ。特に福祉バスを利用する人って高齢者が多くてバス停に行くのも足腰が強くないから、かなりしんどくて、最近ではスマホを使ってバスが来る時間を予約をする人が居るんですよね(笑)。あと自宅でケガをしたらスマホのアプリを使って役場のパソコンに伝える事が出来るらしくて、そのバスで病院まで連れてってくれるみたいです。このサービス、調べてみたら、まだ三重でしかやってないらしいですよ、多分(笑)。
2. Posted by オスカー   2013年10月29日 17:11
§ミューちゃん様
スゴいサービスですね!でもウチの母はケータイとか全く使えないので…そのサービが出来ても活用できないかも!路線バスや行政バス、本数が少ないので、頼りはやはりタクシーになりますね。
3. Posted by なう60   2013年10月30日 08:12
おはようございます。
「臨死体験」びっくりですね。サイトで勉強の朝でした。「今までの調査を概観すると、心停止の状態から蘇生した人の4~18%が臨死体験を報告する[1]。現在では医学技術により、停止した心臓の拍動や呼吸をふたたび開始させることも可能になったため、死の淵から生還する人の数は過去に比べて増えている。
4. Posted by 猫ムスメ   2013年10月30日 08:28
タクシーならともかく、バスの運転手でそれだけ喋るって珍しいですよね 地方ならではでしょうか(^_^;)

それにしても臨死体験はすごいな。ちょっとした仮死状態ならよくある話ですが、2ヶ月目覚めなかったって尋常じゃありません。もしそれが本当なら、お花畑の話も本物かもしれませんね。それだけ意識が無い状態で死ななかったなら、何か有ると思います
ちなみにアメリカで殺されかけた経験のある私ですが、意識を失う直前「今までの人生が走馬灯のように云々…」というのは本当だと断言します
私の場合は人生というよりホストマザーの顔や‘ここで死んだら迷惑かけるな……’という思いが浮かびましたが、あながち間違ってはいません。きっと私のような経験をし生き残った人達が、自らの体験を世に広めたんでしょうね(-o-;)
5. Posted by kazu   2013年10月30日 10:16
5 こんにちは!

臨死体験・・・怖いです。そんな事があったら・・・気づくかな?ワタシ。
気づかないでホイホイついていっちゃいそうだよ・・・ってテレビや本で見るたびに
自分だったら・・・って考えちゃいます。

病院付き添いお疲れ様でございます。
最近の病院はきれいで売店も充実しているから案外飽きないけど・・・
大きくなればなるほど込み合っていたり受付や会計が複雑だったりして・・・
時間がかかりますよねー!
6. Posted by トリテン   2013年10月30日 11:14
私の親しい友人から、30年ほど前に聞かされた臨死体験。
双子の出産時に微弱陣痛で三日三晩苦しみ、母体も危険だったので帝王切開の出産でしたが、赤ちゃんの一人は死産でした。
その時、見た夢(?)が、花畑と川の向こうで呼ぶ声で、川向こうに行きたくてたまらないのに「すみません、私は泳げないので泳げるようになったら行きます」と返事したんだそうですよ(笑)
それで生き返ったのだと言ってました。

彼女は本当に金づちで、すごく真面目な人なんです。
少々泳げる私だったら、ホイホイと泳いで行っただろうな~(^^ゞ
7. Posted by ペーター   2013年10月30日 21:49
臨死体験ですかぁ。
きっといつかは1度は経験するんでしょうねぇ?
私の父がマムシにかまれて臨死体験したそうです。
皆様のお話と同じく、大きな川のむこうがわにお花畑がありまして、そこで亡くなったおばあちゃんに「帰れ!!」と、おっかない形相で言われたそうです。

本当にあった怖い話でした。
8. Posted by MEL   2013年10月30日 23:18
>臨死体験

死にかけたのは一度ですが
臨死体験はなかったっす

興味はありますけど怖いですねw
9. Posted by オスカー   2013年10月31日 00:12
§なう60様
全人類共通の現象なんですかね~川向こうに渡る、手招きされるって…丹波哲郎さんの『大霊界』が浮かんできました(笑)

§猫ムスメ様
記事検索してアメリカでの恐怖の出来事を読みましたイヤイヤ、本当に無事でよかったです!体験したいけど、したくないモノの1つですわ!

§kazuさま
採血してレントゲン撮って…とあちこち移動するので院内で迷子になりそうです! やっぱり健康が一番ですよ
10. Posted by オスカー   2013年10月31日 00:22
§トリテン様
私も流れがゆるやかだったらいってしまうかも…でも途中で諦めて岸に戻るタイプかも!お友だち、カナヅチでよかった~!

§ペーターさま
もし体験したら「ちょっと待って下さい!」と言って書くものを探したり写メを撮らねば!と思ってしまうかも…もし往き来出来たらどうなんでしょ?

§MELさま
>死にかけた
そんなアブナイ状況がΣ(´□`;)
『幻想郵便局』という本で郵便局の人がお花畑を管理しているとかあったような…育ててみたい(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ