一昨日書きました忘れモノですが、やはりダンナの車から発見されました……寒い時期でよかったです。真夏だったら…(;゜0゜) ただお酒はわかりません…あの日からバスに乗っていないので( ̄▽ ̄;)


成田市は今日「成人式」でしたが、私の住んでいる所は明日…振り袖姿のキレイなおねぇさんたちを目撃・ドキュン(≧▽≦)で出来るでしょうか?


成人式って同窓会的なところもありますよね。地元を離れている人たちは特にそうかも。今読んでいる『クラスルーム』(折原 一)も10年ぶりのクラス会の案内状を受けとった栗橋北中3年B組(笑)のメンバーの話。当時、竹刀を手にした教師の恫喝に教室は支配されていて、夏休みにクラス委員と番長が手を結び、暴力教師をとっちめようと企てたことが…。それを思い出させるかのように夜の教室がその会場。幹事の名は誰も知らない人物で、暴力教師にも案内状が送られていたという……まだクラス会がはじまっていないので、結末はわかりませんが、竹刀を持ってる教師とかいつの話だよ←2008年発行だった(-_-;)


本の中に『小心翼々』という四字熟語がありました。ショウシンヨクヨク?(・_・;? 書き取りテストだったら「昇進欲々」って書いてしまいそう~野心家サラリーマンの座右の銘かな(^_^;) 意味は「気が小さく、臆病なさま。もともとは慎重で注意深く、恭しいさまを表す語であったが、転意した」らしいです。同義語に「萎縮震慄」「跼天蹐地」「細心翼翼」「小心謹慎」「小心小胆」「戦戦恐恐」「戦戦慄慄」「風声鶴唳」がある……って文字を見ただけでクラクラしてしまいますが、一番最後の「風声鶴唳」(ふうせいかくれい)は「おじけづいて、わずかなことにも恐れおののくことのたとえ」で「鶴唳風声(かくれいふうせい)」ともいうそうです。……「弱肉強食」を入れ替えて言ってみようとしたら「教職焼肉」になってしまった!!


漢検でもこういう普段聞いたことのない(私だけ?)四字熟語とか出題されるのでしょうか? 読めたとしても絶対書けないし、正しい意味もワカラナイと思います。


「新成人」を「新星人」(宇宙人的な意味)そして「申請人」(人であることを社会・世間に申請する)と書く日がやってくるかも……というくらい、おバカさんもたくさんいるような……今の学生さんや若者についていけないことが増えてきたおやぢなワタクシ、今日は一段とまとまりのないまま失礼いたしますm(__)m